【この記事の目次】

1.主な肩こりなどの症状

2.首の可動域は50度

3.初めてほぐされる深層筋

4.施術後のご感想

5.首の可動域セルフチェック

肩こり、頭痛、頸椎の可動域が悪かったが、整体で楽になった女性

<主な肩こりなどの症状>

Mさま(40代女性/会社員)は、かなりひどい肩こり状態で来院されました

〇首を反らすと、首~肩~背中が痛い〇緊張性頭痛がして、目がギラギラする頭痛がある(病院薬服用中)

〇腰痛もある〇猫背がひどいと自覚している

〇30年間一度も肩こりがまともに楽になったことない

〇寝る姿勢がどれも合わない

〇朝起きてから常に首や肩が痛い

<これまであまり変化が感じなかった>

美容整体、マッサージはよく行かれるそうですが、あまり変わらないとのこと。今回、さすがにちゃんとした整体で一度見てもらおうと決めたそうです。

市川市から近い都内にお住まいで、範囲も広げられて整体院をネットで色々調べた結果、当院の施術内容に共感くださり「良くなりそうな気がしたので」と期待されて来院されました。

<首の可動域は50度>

「首を反らすと背中まで痛みがある」ということですので、施術前に見せていただきました。本来、首を反らす動作(首の伸展)は50度です。うがいをするときに自分がどの程度かわかりますよね。

Mさまは20度ほどで強い痛みを感じるようでした。それもそのはず、顔をまっすぐ向けている状態(0度)でも痛いのですから。

しかも30年間楽になっていないわけです。一度も楽になっていないということは、一度もリセット(可動域50度)できていないとも言えます。

整体やマッサージにせっかく頑張って行かれたのですが、おそらく深層筋に疲労をため込み、ほぐれないまま、ずっと生活されていたことになります。

<初めてほぐされる深層筋>

お話伺い、可動域を見て、すぐに原因がわかりましたので、すぐさま施術に取り掛かりました。

予想通りではあったのですが、首や肩の深層筋の張りが想像以上に強く、首の後ろ、横、前側の筋肉(胸鎖乳突筋や斜角筋など)もガチガチでした。

横あたりは軽く刺激するだけでも、かなり痛がられる状態でしたので、慎重にゆっくりと進めました。

しかし、正直言うと、最終的には深層筋の緊張まで取りのぞかないと、可動域は以前とたいして変化なく、また同じつらいままになってしまいます。

全身ほぐしが基本ですが、初回だけは下半身はサラッと済ませ、首肩背中にかなり時間を割きました。

<施術後のご感想>

施術後、ベッドに腰をかけていただき、「どうですか」と伺おうとすると、Mさまが「えー!すごいです!首反らしてもあまり痛くないです」とに感動していただきました。

長年当たり前に付き合わざるを得なかった、首肩の付きまとう不快感から解放された喜びが、ご表情からとても伝わってきました。

お体の状態や症状の強さにより、段階的に改善していくことはとても大切です。特にMさまの場合は、長年の蓄積された筋疲労がありました。

一気に施術してしまった後の反動も考えて施術方針を立てないといけません。

2回目以降は、押されて痛かった部分もほぐれ始め、Mさまもとてもリラックスされるようになりました。どんどん施術もできることが増え、首を反らしての背中までの痛みは消えて、睡眠もよく取れて、体調がどんどん好転されていきました。

<首の可動域セルフチェック>

首の可動域が悪くなり、肩こりや頭痛が比例して悪化する方は、とても多いです。

首(頸椎)の可動域は、前に倒す(60度)、後ろに倒す(50度)、左右に回す(60度)、左右に倒す(50度)です。ぜひチェックしてみてください。

《市川市、市川駅、市川真間で肩こりなら、ねむのき整体院》