【この記事の目次】

1.ツボへの意識

2.ツボとトリガーポイント

3.トリガーポイント療法は難易度が高い

4.トリガーポイントをほぐされたご感想

腰痛のツボやトリガーポイントを整体ですっきり

<ツボへの意識>

整体やマッサージにいくと、ツボを押されること、よくありますよね。

「ツボ」=「筋肉のコリ」は少々雑な説明ですが、まーだいたい合っています。

押されている筋肉がツボかどうかは、「ズーン」とか「ツーン」とか「キュー」と響く感じがあるかどうかが一つの分かりやすい判断です。

慢性の肩こりや腰痛の方ですと、自分のツボがどの辺にあるかもご存じの方もおられます。

肩甲骨などつらい箇所や痛い部分に手を伸ばして、「あーここだなー」とツボの存在を自覚する方もおられます。

何度か整体やマッサージの経験がある方が、初めての店に行くときや、初めての施術家に当たる時にお考えになること。

きっと「この人はちゃんと押してくれるかな?」ですよね。

ちゃんと適度な強さで正確に押してくれると「上手い先生」。念入りにして欲しいところをスルーされてばかりいると「下手くそな先生」。

そういう認識だと思います。

ツボに対して「位置・角度・強さ・時間」が全部揃っていないと、「気持ちよさ」と「効果」は激減しますし、全部揃って初めて大きな効果を感じることがあります。

<ツボとトリガーポイント>

WHO(世界保健機関)では、「ツボ(経絡)は全部で361個ある」と言っています。しかし実際はそれ以上あるとも言われ、正確な数値はわかりません。

ツボというのは東洋医学の考え方ですが、実は西洋医学にも「ツボ」は存在するのはご存知でしょうか。

テレビや雑誌でも度々特集されるので、一度は耳にされたこともあるかもしれません。

西洋医学でいうツボは「トリガーポイント」といいます。一般的にツボの70%がトリガーポイントと同じ個所にあるともいわれています。

「トリガー」とは引き金のこと。その箇所が原因(トリガー)となり、痛みや離れた箇所への関連痛などを引き起こすという意味です。

<トリガーポイント療法は難易度が高い>

これが原因で起きている筋肉性の痛み、重だるさ、しびれなどの不快な症状は、とても多いです。

トリガーポイントをしっかり押してほぐすと、高いレベルの気持ちよさを感じることができ、劇的に症状を緩和させ楽にすることができます。しかも、即効性がとても高い。

ところが、ここを正確にほぐす技術は難しく、一般的にあまり行われていません。

もっと単刀直入に言いますと、トリガーポイント療法ができる施術家の数よりも、まだそこに満たない方の方が、施術家人口の割合で圧倒的に多いということなのです。

なので、確率的にできる施術家に当たる可能性が低いことになります。

「どこどこ行ったけど楽にならなかった」

「全然気持ちよくなかった」

こういう経験をされた方の多くは、トリガーポイントやツボを外されてしまったために起きるよくある話です。

<トリガーポイント療法が大好きな患者様>

大事なのは「気持ちよくリラックスできて、痛みや疲れもスッキリ楽になれること」。

ちなみに当院では、この西洋医学のトリガーポイント療法を一番得意としています。

先日来院された患者のお話です。

2年ほどご利用いただいているK様(70代女性)。

わざわざバスと電車を乗り継いで、ご利用くださっています。

背中や腰やお尻の痛みや疲れ、膝の時々の不調のケアに来院されていますが、かなりお元気になられました。

いつも施術を楽しみにして頂いており、色々なお話も沢山してくださいます。

そんなK様が先日施術中に私にこう言われました。

施術の後半、うつ伏せから仰向けに変わったときです。

「先生のほぐしには一切無駄がないんですね。まー効く効く。ぜーんぶ急所に入ってる」

K様の言う「急所」はいわゆるトリガーポイントを指すのですが、上手い表現だなと感心してしまいました。

他にも色々施術の方法などご質問いただだきました。

「どのくらいの強さで押しているんですか?」

「疲れたりしないんですか?」などです。

「なぜトリガーポイントが触るとわかるのか」

「どうしてちょうどいい強さの押し方がわかるのか」

などをお答えさせていただきました。とてもご納得されて何よりです。

 

《市川市、市川駅、市川真間で腰痛、背中の痛み、トリガーポイントなら、ねむのき整体院》