特別企画【健康力アップ無料セミナー】5/1~5/31の毎朝7時更新!

新型コロナウイルス対策や、免疫力を一段高めるために、様々な視点から健康によい習慣を取り上げております。

5月は営業日が少なく、施術でお役に立てる機会が少ないために考えた企画です。

1つでも多く実践していただければと思います。

脳科学

【マスクを手放す日まで】vol.13

本日は13回目で脳科学「意識の方向性」についてです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「何に意識を向けていますか?」

普段、自分がどんなことに意識を向けているかを知ることは、健康を守ること、病気を治すことなどにとても大切です。

・病気やケガの心配などをいつも気にしているのか

・健康を維持したり取り戻すことに意識を向けているのか

似ているようで、大きな違いがあります。

人間は、意識していること、気にしていること、によく気づきます。

言い方を変えますと、「意識しているものしか見ていない」ということです。

 

例えば、ご自身がよく使う電車ありますよね。その電車の床の色は何色だか思い出せますか?

え?床?? となりますよね。

よく行く街を歩いていて更地になっていると、何の店があったか思い出せないことありませんか?

どなたでも1度は経験ございますよね。

電車の床なんて毎週見ているはずなのに、なぜか思い出せません。

これは脳が、「意識していない」「気にしていない」からです。

視界に数え切れないほど飛び込んで来ているのに、覚えていないという現象。

なぜ、こういうことが起きるのでしょうか。

これは脳のフィルター機能である、脳幹網様体賦活系(のうかんもうようたいふかつけい)という仕組みがあるからです。

目というのは、あくまでもただのレンズであって、視界に入るものを認識するのはあくまでも脳です。

ですので、レンズを通過しても、脳が認識しなければ、それは見ていないのと同じことなのです。

商店街

では、意識している場合はどうでしょうか。

例えば私が経験した、すごく分かりやすい例。

あるメーカーの車種を「欲しいな」と思いはじめると、まるでその車種がたくさん走っているかのように目につくようになりました。

ところが、趣味が変わり、違うメーカーの車種が気になり始めると、今度はその車種ばかり気づくようになり、前欲しかった車種は、全然目に留まらなくなりました。

これは、「脳のフィルター」と「潜在意識」がつながっているために起きる現象です。

潜在意識が気にしていること、意識していることを「自分にとって重要な情報」と判断して、「ほら大事な情報あるよ」と教えてくれているのです。

美容室変えようかな、新しい靴が欲しいな、リフォームしたいな、喉が渇いたな・・・

と意識し始めると、潜在意識(無意識)は働きだし、その情報をキャッチしやすくなります。

美容室が実は駅そばに多かったり、小さな靴やリフォームの小さな広告が見つけられたり、自動販売機に気づきやすくなるのです。

「そうかな?よく分からない」という方もおられるかもしれませんが、まさしく、無意識に普段意識しているものを探し見つけている証かもしれません。

脳の仕組みはみな同じですからね。

 

ここから大事です。

この脳のフィルターは全ての情報の内、わずか0.00036%しか「大事な情報」として認識していません。

ところが・・・。

「意識しているもの」は「自分にとって望んでいること」とは限らないということです。

ご自身は最近、何に特に意識を向けていますか?

例えば、

<望んでいないこと>

・新型コロナウイルスに感染する

・病気になり不自由な生活になる

・病気が改善しないでつらい日々が続く

<望んでいること>

・健康で毎日充実している

・病気が改善し、体調がどんどん回復している

・健康で長生きできる

 

たった、0.00036%しか脳は着目できないのに、それが病気など望んでいないことにずっと意識が向けられているのは、もったいないと思いませんか?

望んでいるか否かは別にして「0.00036%で選抜された重要な情報」を見つけ出すことに、脳のシナプスは発達し、ますます見つけ上手になります。

すると、潜在意識の特性として、意識していることは現実化しやすくなります。

何度かお話していますが、病気やケガの心配ばかりをしている人は、そういう現実が経験になりやすくなります。

一方、無頓着な方が意外に健康安泰だったりします。

自分がどちらに意識を向けているか知り、望んでいない事に意識が傾いているならば、望んでいる側に切り替えるようと試みてください。

もし、恐怖や不安や心配がそうさせて意識しすぎているのであれば。

なぜ、そこまで強く意識しているか、ご自身の本音を知ることが大事です。

「前向きに考えよう」というのは良いことです。

ですが、不安や心配があるけど、それを無理やり切り替えて前向きになっても、脳には本音しか伝わりません。

もし、大切にしているものが失われる不安などが原因で、過剰に意識されている場合、

「そういう自分の気持ちを認めてあげる」

「大切にしているもの、まだあるよね」

「大切なものを守るために、自分は〇〇ができる」

に切り替えてあげることが良いと思います。

今、生活して様々な情報がある中、どんな情報に気づきやすいのか。

せっかくの0.00036%の機能は、人間の欠点ではなく、すごい長所です。

であれば、ご自身の望んでいる方に向けられたらと私は感じています。

 

マスクを手放す日まで ~過去記事~

vol.1 休むときは心身ともに全力投球で

vol.2 交感神経のピークは15時を目指そう

vol.3 できていることに焦点をあて感謝する

vol.4 なるべく良い気分でいる

vol.5 散歩やウォーキングの相乗効果の出し方

vol.6 コロナ情報に触れる際の意識のあり方

vol.7 腸内環境を整え、病原菌に強くなる

vol.8 コロナ後の良い未来をリアルにイメージ

vol.9 直感に頼りましょう

vol.10 お風呂ってやっぱり素晴らしい!

vol.11 笑いの効果はスゴイ

vol.12 寝る前に深呼吸でリラックス

vol.13 何に意識を向けていますか?