当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 腰痛 本格整体

腰痛 本格整体

こんな症状ありませんか?

  • 咳やクシャミで腰に痛みが走る
  • 前かがみや後ろに反らすと腰に違和感がある
  • 仰向けでまっすぐ寝られない
  • 腰が最近重く感じることがある
  • 同じ姿勢(座位、立位)でいると痛くなる
  • 朝起きると腰や背中が固まっている
  • 腰が抜けそうな感じがする

腰痛の原因

「曲げると痛い」「反らすと痛い」「座ると痛い」「朝痛い」「重い」「ズキッとくる」など腰痛の症状はさまざまですし、悪化すると日常生活に大きく影響がでやすくなります。原因は、「骨盤や背骨の歪み」や「同じ姿勢や運動などによる腰の筋肉の静的、動的負荷」による物理的なストレスによるもの、「精神的ストレス」によるもの、「内臓の不調」に大きく分かれます。

腰椎や骨盤周りは、身体を支えたり動かしたりする筋肉が層になり複雑に覆っています。デスクワーク、家事、通勤などで、腰周りの筋肉に持続的に負荷がかかると、筋肉が緊張し血流が悪化します。すると筋肉は体を支えられなくなるので偏った姿勢になったりして、それはさらに筋緊張を呼び、疲労物質が溜まり硬くなってしまいます。硬くなった筋肉は骨盤や腰椎などを引っ張り歪ませ、より姿勢の悪化や筋肉の緊張を呼ぶので症状は悪化し、負のスパイラルを呼び慢性化していきます。腰は、首や背中よりも上半身の重さがかかりやすいので、身体を支える腰椎や椎間板にも悪い影響を与え、注意が必要です。

そのような状態は、筋肉内のトリガーポイントが悪化しているので、症状を強くさせたり、神経痛のような痛みを引き起こす傾向にあります。症状が強くなれば、交感神経を過剰に刺激し、余計筋肉は緊張を強めたりします。

また、精神的なストレスにより緊張し腰や背中に必要以上に力が入り、筋肉に栄養を送っている血流が悪くなったりする「心因的要因」も先ほどご説明した負のスパイラルを助長させることになります。また、腎臓や腸の不調や生理痛などの「内臓の不調」も腰痛の痛みの原因となることがあります。

【ぎっくり腰】
色々な原因がありますが、多くは慢性腰痛が悪化したものです。腰痛を感じていなくても腰周りに疲労がたまっているケースは少なくありません。「前触れもなく、ある日突然に」という方も多いですが、無意識のうちに腰に疲労を蓄積されている方ばかりです。そのようなお膳立てができているところに、咳やくしゃみ、重い荷物の上げ下ろし、気候の変化、ストレスなどの要因が加わると発症しやすくなります。
ぎっくり腰の多くは、腰の疲労が悪化し筋肉の緊張がピークを越え、身体を支えることができなくなり、弛緩も収縮運動も出来なくなっている状態です。ひどい場合は首までつながる筋肉まで巻き込み、首を動かしただけで腰に激痛が走るケースもありますが、炎症(熱を持ったり腫れたり)が起きているケースは実は少ないのが現実です。


腰痛がうんと楽になる施術

いずれの原因にせよ、基本的には、腰の筋肉の血行が悪化して不快感を引き起こしているのですから、筋肉をほぐして血流を回復させることが一番の近道です。冷湿布や鎮痛剤を気軽に手にするのは、血流が悪化して起こる腰痛の方には、お勧めできません。

痛み方や痛むポイントにより、それぞれ原因が異なる場合があるので、それに合わせた根本的な施術が必要です。腰を動かしたり支えたりする筋肉は、背中やお尻など広い範囲に及び、層も厚く複雑に交錯し体をおおっています。そのため、骨盤や腰椎などを何層にもおおう筋肉を、深部までしっかりほぐして血流をよくし柔軟性を高めることと、硬くなった筋肉に引っ張られ歪んだ骨格を正常の位置に正し(背骨の自然なS字カーブの回復)、腰周辺の関節の可動域を柔らかくし拡げることがとても有効な施術となります。
その際、コリのポイント、深部のトリガーポイント(筋肉の硬結)もしっかりほぐすことが必須ですが、 心身のリラックス感を強めるという意味でもより高い相乗効果を生みます。

また、骨盤の歪みなどで身体のバランスが崩れ、座ったり立ったり歩く時に、無意識に力が入ってしまっている方も多いので、姿勢改善も同時に行っております。日常生活の中での要因の改善など、色々な視点から腰痛が起きにくくなるような体質改善をしております。ぎっくり腰は、ある日急に痛くなるケースでも、徐々に動けなくなるケースでも同じで、筋肉の血流を改善し柔軟性を取り戻すことと歪んだり硬くなった骨格を、正しい位置に戻し関節を柔らかくすることがやはり必要です。

「ぎっくり腰は冷やせ。」というのは実は古いやり方です。冷やすという保存療法では改善スピードが落ち、社会復帰も遅くなってしまいます。実際、当院では冷やさない施術を行うことが多いですが、圧倒的に回復が早いことが分かりました。ただし、腰を触られるだけでも飛び上がるほど痛いケースもございますので、慢性痛のように、腰の筋肉をいきなりよくほぐしたりはせず、ぎっくり腰用の当院オリジナルの即効性の高い方法で緩和させております。
炎症反応(熱感、発赤、腫れる)が明らかにある場合は別ですが、痛みがとても強く動けないケースも含め、1~3回で日常生活に支障がなくなります。痛みが改善してきたら、再発しにくいよう、生活改善やストレッチ法や食事法などもアドバイスさせていただいております。

病院などで、【椎間板ヘルニア】【脊柱管狭窄症】【変形性脊椎症】【腰椎すべり症】【腰椎分離症】【坐骨神経痛】【椎間板が少しつぶれている】などの異常が見られた場合でも、筋肉と骨格のケアにより大きく改善するケースが多いので諦めないでください。


本格整体後のあなたのお身体は?

  • 仰向けで寝られるようになる
  • 足腰が軽くなり力が入りやすくなる
  • 座りやすく、立ちやすく、歩きやすくなる
  • 前屈や後ろに反らすのが楽になる
  • 足のむくみが消え、足先がポカポカしてくる
  • 腰が伸び姿勢がキレイになり若く見える

※その他にも様々な効果が感じられます。(感じ方はそれぞれ個人差がございます)


患者様の声

患者様の声を紹介します。


このページのトップへ