当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告

整体 レイキ 症例成果報告

小顔矯正の是非から見えること

2016年7月1日の朝日新聞朝刊にこんな記事が。

ishi100.JPG

「頭部や顔の骨のゆがみやズレを矯正して
小顔にするのは、医学的根拠なし」という内容です。

私もこの業界が長いので、その存在を知り、情報も
多く入ってきました。小顔矯正には主に「骨格矯正」と
「筋肉調整」という2つのアプローチ方法があります。

実は、数年前、結構高額の小顔矯正セミナーに参加した
ことがありますが、そこは骨格矯正ではなく、あくまでも
表情筋のほぐしとリンパの流れの改善での小顔矯正に
とどまっており、内容も納得できるものでした。

結局、施術メニューに入れるのは、見合わせたままですが、
ずっと以前から行っている【顎関節矯正+表情筋のほぐし】
のみを行っております。上顎骨と下顎骨で構成する顎関節は、
咬筋を始めとした表情筋への影響力が大きく、顎が正しく
可動する方は顔の表情も豊かになりやすく、表情のバランス
もよくなり顔色も良くみえます。

「根拠なし」は致し方ない結果に見えますが、違法やウソは
論外として、あくまでも、利用される方が効果に対し、どれ
だけ納得されるかが、現場では一番大事な気がいたします。
現に小顔の頭蓋骨矯正で納得されている方も多いでしょうし。

当院が行うレイキヒーリングも、日本の医師会(西洋医学)
には当然認められていませんが、欧米では国が認めている
ところも多いのですから。カイロプラクティックも同様です。
何が正しくて何が誤っているかなど、過去、現在、未来
で大きく変わっていくものです。

誤解を恐れずにいうならば、根拠あるなしにかかわらず、
法制化されているか否かにかかわらず、もう一つ加える
ならば、認知度、知名度のあるなしにかかわらず、
人対人で、利用される方にとって、どれだけメリットがあるか
ないかが、一番評価されるべきではないでしょうか。




一長一短はなるべく避ける

「先生、いまこういう運動しても大丈夫?」
「運動やめておいた方がいいですか?」


よくいただくご質問です。もちろん、その方のその時の
状況により異なります。ご質問いただく方は、ほとんど痛みを
抱えている方ですので、「運動の種類によってはOK」
「どの運動もできればお休みがベター」 になります。

sm581.jpg

ウォーキング、ジョギング、エアロビ、ジムでの筋トレ
ヨガ、体操教室、テニス、ゴルフ・・・・・
いろいろと皆さん、楽しんで頑張っていらっしゃいます。
普段、運動をされている方は、ルーティンを中断することに、
筋力が落ちてしまったり、老け込んでしまうのではないか、
などの不安を感じる方が多いようです。

運動は本来、心身ともにプラスになるのは周知の通りですが、
自分にプラスと思って頑張っていても、マイナスになることも
あります。それこそ、筋力アップしたり、汗をかいてスッキリ
したりしても、体を痛めてしまえば、本末転倒です。

Q.運動しても良い悪いのボーダーラインは?

明らかに炎症(発赤、発熱、腫れ、ひどい痛み)が
起きていている場合は、絶対にお休みしてください。
慢性的な痛みだし、炎症反応はなさそうな場合でも、症状が
ハッキリある場合は、できればお休みした方がいいです。


例えば、ウォーキングをすると、最中、腰や膝が痛む場合。
ゴルフのショットの瞬間、肩が痛む場合。
普通は痛みがあれば、お休みされる方が多いですが
体育会系精神の方や、長く続けてきている方は無理
してしまいがちですので、お気をつけください。

こういうとき、痛みを発している筋肉、疲労がかなり蓄積
している筋肉というのは、血行がかなり悪く、強い緊張状態に
あり、骨格の歪みも引き起こしている場合もあります。

筋肉を反復して強く収縮させるような「動」の運動は
痛みを前より悪化させてしまいます。
 結果的に長期
お休みせざるを得ない方を何人も拝見してきました。

自律神経の側面からも同じことが言えます。
痛みを抱えている方、抱えていた方は交感神経がかなり
優位に立っています。交感神経を強く刺激するような
強い運動よりは、心身を鎮める運動が適しています。

ストレッチやヨガなどが比較的オススメできます。

Q.でも、どうしても運動したい場合は?


「やらないと気がすまない。」
「身体がウズウズする。」 
運動が大好きで、どうしてもという方もいらっしゃいます。
そういう方は、運動しないことが精神的にとてもマイナスに
なるので、当院では条件付きにさせて頂いております。

Q.強い痛みなどがしばらくあったけど、
軽くなったりした場合は?


例えば、当院の施術後、軽くなり気持ち的には、「これで
明日も運動できるぞ!」と思う方もいらっしゃいますが、
こういう痛みが一時的に消えて(治りかけ)いたり、
何にもしていないけど、安静にしていたら強い痛みが
引いた場合はこれも運動するのには適していません。
理由はさっき述べたものと同じです。

当院は、整体やカイロなどの長所を最大限に活かし、皆さま
の心身の調整をしております。皆さまの状況にもより一概
には言えませんが、健康の回復や維持や増進のために、
「施術を受けること」「運動をすること」 この2つを組み合わせ
て行うのが、健康にとってもっとも理想的
と自信持って言え
ますし、またそうなるような施術を心がけております。
その方に合わせた健康法、ぜひご相談ください。



レイキのさまざまな受け方

おかげ様で、【通常レイキ(整体しながらヒーリング)】
と【遠隔レイキ】のお申込み、続々頂戴しております。
誠にありがとうございます。
レイキをご理解いただき評価していただける方が
増えているのは、嬉しい限りですし、励みになります。
レイキの皆さまの受け方もさまざまです。

例えば、Aさま(40代女性)は、以前、娘さんへの
遠隔レイキをご依頼されて、その効果に喜んで頂いて
おりましたが、意外にも?ご本人さまから特にご希望が
なく、いつも整体のみを行っておりました。
そんなあるとき、Aさまより施術前にこんなお話が。

「先生、今日精神的にかなり参っているので、
レイキお願いしたいんですけど・・・」


お子さんの学校の役員での人間関係が大変だとかで、最近
心身の疲労がたまっているとのことでした。早速、整体しな
がら、レイキヒーリングで精神面を癒す施術も行いました。

一方、Bさま(60代男性)は、職場で大勢の前で話す機会が
時折訪れるのですが、緊張し上がってしまい上手く話せなか
ったり、緊張で口の中がカラカラになってしまうので直したい、
と1年ほど前から、毎回、整体と同時ヒーリングしていました。

徐々にそういう場での緊張することもなくなり、自然とそういう
話題も少なくなっていきましたが、引き続きご希望されていた
ので、毎回行っておりました。最近は、趣味のゴルフで
「ゴルフのスコアがだんだん悪くなってきている」
ので、ショット時の集中力向上などの内容を追加しています。

「来週はパーティーあるからレイキしっかり
お願いしますね」
とたまに声かけられることが
ありますが、安定しているので、おそらくもう大丈夫なの
ですが、念を入れて、何月何日に本番があるかを確認
させていただき、より確実に効くようにしています。
 (日時を指定するとより効果が高くなります)

また、ホームページのお問合せフォームから遠隔レイキの
ご相談やお申込みをされる方々もいらっしゃいます。
レイキは時間をかければかけるほど効くので、単発よりは、
継続した方がよりよい結果を生みます。Aさまのように、
単発で元気にスッキリされる方もいらっしゃいますが、
ご依頼内容によりけりだと思います。

遠隔レイキを単発1回ずつではなく、1ヶ月単位(月8回施術)
にしたのはそのためです。私が調べたところ、一般的には、
単発ずつで行うところばかりですが、当院では、「効かなけれ
ば意味がない」「確実に効果を感じて頂くことが大切」と考えて
おり、1回のお申込み=1ヶ月8回という形式にしています。

レイキの使い方は色々応用も効きますし、その方に
合ったヒーリング方法をご提供できるはずです。
ご興味ございます方は、ぜひお試しください。



「起立性調節障害」をなおす、克服する

義理のお姉さんからご紹介いただいた小学4年の
Kくん(仮名)は数か月前に起立性調節障害と
診断されていました。自律神経失調症のひとつです。
具体的なご相談内容はこちらです。

◎お腹の痛み(ガスが溜まり、強い痛みが頻繁)
○吐き気(少し収まりつつある)
○朝の低血圧で起きられない
◎食欲がない(好物も×)
◎やる気の著しい低下
○学校のクラスメイトに気を遣いすぎてしまう
◎その結果、1ヶ月以上不登校になってしまっている


まだ子供だけに、薬を服用するのには抵抗が
あったそうで、当院にご相談いただきました。
子供は大人より経験も少なく、心も弱く繊細なため、受ける
精神的ダメージやトラウマも強いのかもしれません。


お腹が毎日痛いのもつらいですし、子供らしくまた元気に
学校に行けるようになってもらいたい、ぜひ力になりたいと
強く思いました。初めに当院にお越しになる際も駅から
数分かかりますが、歩く気力も落ちていたそうです。

ガスが溜まり、お腹が痛くなってしまうのは、精神面と肉体面
どちらも関係あり、レイキも整体も効果が期待できそうです。
やる気の低下や、クラスメイトへ過剰な気配り、
食欲不振はレイキによる効果が大きい
と考えました。

患者さまのご希望もあり、1回だけ当院にお越しになり、
「整体+レイキ」を行った後、「遠隔レイキ」のみを続けました。
ご症状の特徴から、施術直後の反応よりも経過観察が
必要です。義理のお姉さまは元々当院をご利用いただいて
おりましたので、経過をその都度伺うことができました。

当院での「整体+レイキ」を受けられた帰宅後、まず、
お腹の痛みがぐっと楽になったそうです。その後
遠隔レイキを始めましたが、「良くなりそう」という期待感と
実際にお腹が楽になったことで、気持ちが楽になった
ようで、だんだん笑顔がでてくるようになったそうです。

お腹の痛みはほぼ解消し、学校へも行けるように
なりましたが、おそらくこれまでの出来事が潜在意識に
刷り込まれているためか、ストレスで、また腹痛が
起きたり、精神的にも改善途中で不安定であり、
最後の授業まで受けるのはまだ難しいようでした。

ただ、そこに関してもレイキでフォローしていましたし
経過も一つ一つ階段を上るように順調でしたので、
そのまま続けたところ、以前のように楽しく学校に行け
最後まで授業を受けることができるようになっていきました。

遠隔レイキは2ヶ月ご利用いただきました。

起立性調節障害は・・・・・
全身倦怠感、食欲不振、動悸、頭痛、朝起きられない
集中力低下、立ちくらみなど色々ですが、思春期などに
多くみられる自律神経失調症の一種です。
日内リズムがずれたために起きる症状が多いのです。

自律神経失調症は、症状の特徴や傾向から西洋医学的
にその呼び方が多岐に及びのは、いた仕方ありませんが、
大元の根本原因はシンプルだと思います。

今回お役に立ててとても良かったですが
起立性調節障害に限らず、大切なお子様、ご両親さま
ご兄弟さまなど、大切なご家族で、何かお困りの方は
ぜひ一度ご相談いただければと思います。

 

エコノミー症候群

熊本地震でエコノミー症候群により痛ましい事故が
起きてしまったのは記憶に新しいことと思います。

エコノミー症候群をここで改めて詳しくご説明するまでも
ありませんが、立位や座位など下半身を下した状態で
長時間じっとしていると、足の静脈内の血小板が
凝固して、それが血栓のもとになってしまいます。

ケガしたときに、傷口が固まるのは誰もが知っていますが
それが血小板です。血小板同志はくっつきやすい性質が
あり、長時間動かさないと、結合しやすくなります。

sm007.png
水分をこまめに補給する。歩いて足を動かす。
そんな予防法が知られています。日常生活を送って
いる分にはエコノミー症候群になることはまれですが、
デスクワークの方、長時間のフライトされる方、車いす
の方などは、意識が必要です。

以前、お仕事でよく海外出張される方が、飛行機での
移動中体調が悪くなった経験が過去におありだったため、
アメリカ出張の前日に、予防のためと当院で整体を
受けてから出発されたことがございました。

当院では、足の疲れの自覚が一切ない方でも
必ず下半身の筋肉もほぐします
が、結果的にエコノミー
症候群の予防にもなっています。もちろん、プラス運動が
良いというのは言うまでもありません。

また、下半身の血流も一緒に良くすることで、血圧が
下がって、心臓の負担が減ったり、上半身の血流を
相乗的に改善することができたり、リラックス効果を
高めるなど色々な意図があります。

真冬、当院のスタッフルームは暖房器具が小さいものしか
ないので、このように記事を作っているとき、身体が
どんどん冷えてくるのを感じることがあります。そんなとき、
感覚を研ぎ澄ませて、足のつま先を数回上下する
(第二の心臓であるふくらはぎの運動)すると
上半身がポカポカと温かく感じることができます。


たったこれだけの運動でも、体の中では循環機能が
一時的に改善されるのですから、そういう環境におありの
方は、簡単な運動だけでも、ぜひ習慣づけてみてください。



イップスの克服、治療~卓球編

「イップスとは」

イップスは、よくスポーツ選手がなることが多い
ことが知られています。集中すべき場面において、
プレッシャーのために極度に緊張してしまい、
それが原因で硬直や震えがおきて、自分の思った
ように体を動かせなくなってしまう
ものです。

緊張して失敗したりうまくいかないことは誰でも経験が
ありますが、イップスはそういうレベルのものとは違い
身体の一部が本当に動かせなくなってしまいます。
事情を知らない人から見れば、ふざけているように
見える場合もあるかもしれません。

当たり前にできていたことが、できなくなるのは強い
ストレスであり、それがさらに悪循環で症状を強くさせて
しまう場合が多いようです。
ゴルフ、野球、バスケットボール、テニスなどプロで活躍され
ている方も多数、また「職業性ジストニア」といい、ピアノ
奏者などの楽器を演奏する方にも起きるケースもあります。

先日、テレビでイチロー選手がオリックス時代にイップス
になり、ボールの送球ミスが多かった時期があったという
から驚きです。(そんな風には見えませんでしたが)



「イップスをレイキで改善、解消する」

イップスの原因は、過去の失敗などの経験が根源に
ある場合がほとんどです。過去の失敗経験には、
必ずそのときに味わった悪い感情が記憶 (脳) に
インプットされています。(心では整理できていても)


顕在意識で平静を装い、意識しないよう、心をコントロール
しようとしても、過去の苦い経験は潜在意識に強烈に
残っているので、同じような場面などに出くわすと
脳が無意識に反応して、症状がでてしまうのです。

『 顕在意識と潜在意識 』
http://www.nemunoki-seitai.com/lecture/cat_cat165/cat182/

であれば、メンタルトレーニングや解剖学に基づいた
技術的な訓練も一つの手ですが、潜在意識にアプローチ
するのが、最も手っ取り早く、かつ、根本的な改善が
見込める
と考えるのが普通ではないでしょうか。

一般的に、現在イップス治療として行われているメンタル
トレーニングや技術的な訓練で、改善が思うようにいかない
場合、時間を多く要する場合、トレーニングそのものが大変
である場合、レイキによる氣のエネルギーで潜在意識を
癒すことが、これから必要とされていくべきだと思います。

レイキにより、過去の経験で受けたマイナス感情(トラウマ)
を癒してプラスに転じていくのが、一番、ご本人に負担も
少なく、早期改善できる
のではないかと考えています。


「当院での症例成果」

当院にお越しいただいているHさま(50代女性)
の例をご紹介いたします。

これまで4回ご利用いただいているHさま。
首や肩のコリがひどく、右腕の痛み、足が夜中につる
などを、ご相談いただきましたが、卓球の試合で出て
しまう右腕のイップスをぜひ直したいとのことでした。

卓球に情熱を燃やされていますが、イップスは20代の
頃から20年以上
もお困りだそうです。練習時は大丈夫
なのですが、試合になると、右腕のバックハンド(シェイク)
で返球する際に右腕が動かなくなってしまう
とのこと。
 (球はラケットのどこかに当たり落球したりする)

練習試合でもそうですが、特に公式戦のときに、よりひどく
出るそうで、ご自身の成績も思うように上がらないとか。
研究所での高価な治療や訓練も受けられていましたが
あまり効果も出ず、続かなかったそうです。

sm006.jpg


1回目(初回)
首や肩、両腕などの症状が強かったこともあり、
レイキはほとんど行わず、普通の整体を行いました。
右腕のイップスの原因の何%が、腕や首肩の筋肉の
張りや神経であるのかを知りたく、まずそこを徹底した
施術内容にさせて頂きました。
施術後、肩や腕が軽く、可動域(バックハンドの動きも)
も広がったことをご確認していただけました。

2回目
前回後の反応を伺ったところ、試合があるもイップス
が改善された感じは全くなかった
とのこと。
これで、腕や肩の筋肉や神経は無関係であることがハッキリ
しましたので、施術内容をガラリ変えて、今回は腕には一切
触れずにイップスが解消されるよう、レイキ+整体をしました。

3回目
公式戦は、グループ内優勝すると、上のグループへ
昇進できるそうですが、前回後、その公式戦があり、
イップスは2割改善
されていました。そして、
「全勝優勝できました!」と喜びのご報告をいただき
ました。これまで6~7回勝ち上がることができずに
いらしたので、何よりです。たかが2割、されど2割。
大きな反応です。施術内容が正しいことを確認できた
ので、前回同様の施術内容にいたしました。

4回目
前回後に、仲間内の練習試合があったとのことで、
良化度合を伺ったところ、とても大きな変化が。

「1度出たくらいで、全然大丈夫でした!普通に
球を返せるってこんな楽だったんだーと思いました」


とご報告いただいたのです。
練習試合は公式戦ほどはひどくないですが、普通に
症状が出てしまうとのことで、Hさまが大幅改善された
ことに、とにかく喜んで頂けたことが何よりでした。

その10日後、お電話でお話しする機会があったの
ですが、上のハイレベルでのグループ公式戦の初戦が
あったそうです。練習試合は最高の改善結果でしたが、
今回は緊張感も高まるでしょうし、状況としてはイップス
がとても強く出やすい環境だと思います。

結果は、レベルが上がったこともあり、ミスが多く負けて
しまわれたそうですが、イップスそのものは50%改善
現段階では、レイキをほぼしなかった初回も含め、3~4回
での順調な成果を得ることができております。
Hさまは、完全解消を目指しておられますし、私もそうなる
よう、今後もしっかり頑張りたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イップスへの症例成果は、まだ1件だけです。症例を重ねた
わけではないので、まだ大きなことは言えませんが、
元々、潜在意識が深く関係するイップスは理論的に必ず
効果があるはず
と見込んでおりました。
ですので、今回の経過には大変納得しております。

イップスでお困りの方、ぜひご相談いただき、お試しいただけ
ればと思います。お役に立てるはずです。当院に直接お越し
いただかなくても、遠隔レイキでも同じ効果が見込めます。
百聞は一見に如かず。ご不明な点がございましたら、お電話
または、当サイト内「問い合わせ」よりお尋ねください。

イップスは潜在意識から根本改善です!




自律神経失調症の今と昔

「自律神経が乱れて来る方って、増えました?」

そんなようなご質問をお受けしたりしますが、
「そうですね。」 とお答えしております。
17年前に私が整体の世界に入り、これまで感じて
きたことから言える、その要因は3つほどあります。

sm002.jpg

1つ目は、周知の通り、「社会環境の変化」です。
それこそ10年前までは、周りの理解も進まず、きっと偏見も
あったに違いません。「自分は自律神経失調症です」と公言
しずらい状況だったですし、言葉自体もあまり浸透して
いませんでした。また、「そんなの気のせい」と軽く見られ
たりする方もいました。閉塞的な社会が進んでしまった
こともあり、患者さまが増えていきました。

今では 「自律神経がいつも完璧な人は存在しない。
誰でも少なからず乱れているのが普通で、誰でも
起こりうること」 という考えがかなり浸透しましたよね。

2つ目は、「整体で改善するケースが増えた」 です。
自律神経失調症には、その症状の出方によって
「心身症型」「抑うつ型」「神経症型」「本態型」と分類されて
いますが、大元の原因は【心身のストレス】だと思います。
心と体は表裏一体、整体で体の疲れをとることで、心に
良い影響を与え、バランスが整い回復に向かっていくので
患者さまが整体にそういう期待をされるようになりました。

3つ目は、 「当院の特化した施術」 です。
開業当初は、そうでもありませんでしたが、私自身自律神経
が健康に及ぼす影響を深く考え、その大切さをより重要視
するようになり、整体講座で更新する機会も増え、ご紹介など
もあり、そういうご相談を次々お受けするようになりました。

ご症状がすべて全く同じという方は、これまでお会いした
ことないですが、大変多くの患者さまを施術させて頂いた
おかげで、傾向がつかめ、確実に改善できる施術方針
を確立できたことが大きいと思っております。

単に痛みやコリをとるのではなく、自律神経のバランスを意識
した施術をすることで、見え方も変わり、より施術効率も良く
なりました。さらに、レイキを施術に導入したことにより、体
からのアプローチだけではなく、心や精神面にも直接的な
アプローチが可能となり、心身へ癒しがより強化されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
心と体のバランスを崩されてしまったことにより、
心と体がちぐはぐになってしまい、それがさらに
自分自身を追い詰めてしまう悪循環があります。

当院の施術が、そういったお困りの方々の少しでも
助けや回復のきっかけとなり、より多くの方のご期待に
お応えしていけるよう頑張りたいと思います。




「気力がない」「悲観的」などの改善

数年前に何度か当院をご利用いただいたこと
のあるHさま(仮名/70代女性)に遠隔を行っています。
ご主人さまも長く当院をご利用いただいており、
遠隔レイキをご依頼いただきました。

○てんかん(脳の慢性疾患)の発作を繰り返す
 たびに入院され、体調が徐々に悪化している
○食事が口からとれず、胃ろうで摂取するため
   体重がどんどん減少してしまう
○リハビリの気力がなくなっている
○かなり悲観的でネガティブになっている  
○自信を無くされてしまっている


又病院に移されたこと、寝たきりなこと、食事の楽しみが
なくなったことが、Hさまにとって本意ではないとのことで
気持ちが落ち込み、元気がなくなってしまわれている
ことを、ご主人さまがとても心配されていました。
そこで、遠隔レイキ(月8回)を行い始め、2か月目のころ

「おかげ様でほんとずいぶんよくなってね」


とご報告下さいました。リハビリへ意欲が増してきて色々な
面で改善されてきているとのことでした。それから2か月後。
食事も普通に口から摂れるようになり、リハビリも継続
され、てんかんも落ち着き、お気持ちもとても元気
になられて、
退院もほぼ決定です。ご主人さまも喜ば
れており、遠隔レイキの継続をご希望されています。

もちろん、病院の先生方の適切で懸命な治療、Hさまの
努力、ご主人さまの愛情、などの賜物ではありますが、
レイキ前は一進一退だったことを考えれば、多少なり
ともお役に立てたのではないかと考えております。

レイキをしていると、レイキが欧米の医療機関で活躍
できているのを肌身で感じます。以前、自分自身への
レイキで、風邪が今までにない治り方でスピード解決
したことがありますが、免疫力は確かに向上します。
だからといって、「レイキで病気が治る」というのは
乱暴な発想であり、無責任ですが、「改善へのお力添え」
は間違いなく可能だと実感しております。





悪化した変形膝の改善

長年膝の不調でお困りのTさま(70代女性)。久々に
ご来院されたのですが、膝がかなり悪化されていました。

ほぼ毎週、膝の水を抜き、ヒアルロン酸注射 →
膝が軽くなり調子がよくなる → 日常生活を送る →
膝が重く痛くなり、病院にいき、水がたまっていると診断
→水を抜き、注射を打つ

これをずっと続けていらしていました。水がたまりすぎて
しまうと、抜かないとダメです。元々吸収する力が膝には
備わっていますが、Tさまの膝は現状不可能でした。
まさか、来院されない間にそこまで悪化していると
思いませんでしたが、なんとかしないといけません。

SHK111.jpg

Tさまの膝は、90度に曲げるのがやっと、また、完全に
伸びきらない状態でした(屈曲変位)。常に膝や太ももの
周りがイタ重く、外出する回数も減っていました。
状況を拝見させて頂いた上で、理論的にも直観的にも
「このままだと、歩けなくなるかも」 と感じました。

当院で膝を中心とした施術後は足回りが軽くなり、膝の水
を抜く回数も少し減りましたが、ここまで悪化すると施術
だけでは、もう大きな改善は難しいと思われますので、
歩けるうちに膝周りの筋肉強化が必須です。

ですが、元々運動嫌いなTさまですし、多くの運動や
筋トレは膝へのマイナス面もあるので、できるものも
限られます。 プールウォーキング ならばベストと判断し、
近くの施設を調べてお伝えし、ご説明いたしました。

体のバランスを整え、膝に関する筋肉を中途半端ではなく
徹底してすべてほぐし、膝へのストレスを極力ゼロでキープ
しつつ、プールで膝を動かし支える筋肉を強化する
ことしか、
もう手は残ってないかもしれませんよ。」

当院では、運動法をお伝えしたりしますが、押しつけは
しておりません。ですが今回ばかりは、Tさまに怒られる
のを覚悟した上で、お話しし続けたところ、ようやく
その気になってくれました!

それから2か月間、プールと施術を交互に続けたところ、
「先生に感謝しています。あのまま行かなかったら
どうなっていたか。おかげ様でだいぶ良くなって・・・」


とご報告いただけました。整形外科に行っても、水は
溜まっていないと診断されたり、プールでの運動に
楽しさややりがいも感じて頂けるようになりました。
とはいえ、やはり絶好調とまではいかないので、膝を気に
することなく、あちこち外出できるように、今後も経過を
みながら、施術も慎重に進めていきたいと思います。



「焦り、緊張、不安、ネガティブ」を改善

東京都にお住まいのMさま(仮名30代会社員)。
Mさまは、交際されている女性の方のご紹介で
2度来院された後、お住まいが遠方ということも
あり、来院を控え、遠隔レイキに切替えされました。

ご相談内容は

○最近、焦りと緊張が特に気になるとのこと。
○趣味のイベントが終わったのにずっとドキドキする
○特に何もないのに、緊張して肩に力が入ってしまう
○人と会うとき、いつも緊張してしまう。
○その他、不安感、心配症、ネガティブ思考も直したい


初めてお会いしたときに、色々お話を伺ったのですが
確かにとても緊張されているのが伝わってきたことが
とても印象に残っています。

元々腰痛などお身体の症状もあったので、2回施術
させていただきましたが、2回目にお越し頂いたとき、
1回目でお身体は改善されていましたが、精神面は
まだ特に変わったという自覚がないとのことでした。

それ以降、遠隔レイキのみに切り替え、2ヶ月間施術
しました。彼女様はよくお越しいただいていたので
Mさまの様子をよくご報告いただいていたのですが、
どんどん良くなり改善されているようでした。

彼女さま(ご本人以外)が一緒にいて感じる印象。
Mさま(ご本人)が感じるご自分の心の状態。


客観的にも主観的にも、どちらもハッキリ改善されて
気持ちが元気になられていくとともに、お顔の表情も
明るくなってきたと、とても喜んでご報告いただきました。
このようなご報告いただけるのは、整体と同様、
いつも大変嬉しく施術者冥利につきます。

レイキの長所の一つとして、決して単純な話ではないの
かもしれませんが、ご本人様が元気になり喜んでいただく
だけではなく、その元気な姿を周囲の方が肌で感じ、安心
や喜びの輪が広がったり、相互し合ったりすること
なのでは
ないかと思います。それは、健康の改善や維持や増進に
おいて、精神面の大切さも大事であることを改めて感じ
させてくれるのでした。



<<前のページへ1234567891011

このページのトップへ