当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告

整体 レイキ 症例成果報告

疲労困憊の方の体感変化

先日、2年ぶりにお越しになった30代の女性 N さま。
「お久しぶりですね。」と笑顔でのご来院でしたが、
相当疲労を溜めこんでおられました。

・左腕のしびれと痛み
・首と肩のコリ痛がひどい
・腰から背中にかけての痛みで、仰向けで寝られない
・足のむくみと冷えがひどい
・睡眠がかなり浅く何度も目が覚めてしまう 
  ほか

しびれと腰痛の優先度が高いのを踏まえ、施術をスタートしました。
下半身のほぐし5~6分、上半身全体を5分くらい、ほぐしていた
ところで、電話が鳴ったので、対応終え戻ってくると

N様 「なんだかすごく楽になったみたい」
私  「え?まだ始めたばかりですよ(笑)。掃除に例えるなら
    道具用意しただけで、これからですよ。」

疲労がピークに達している方には、たまにあることなんです。
疲労は、数値で表せませんし、他人の疲れを代わって体感
することも不可能ですよね。

疲労がピークに達している方というのは、例えが正しいかは
分かりませんが、背中に10キロほどの重り をいつも背負って
生活しているような感じなんです。


徐々にその重りを増やしていった(疲れを溜めていった)
ので、背負って生活しているのがいわば普通の状態。
感覚が慣れてしまい、その重大さが分からなくなっています。


そんな方が重りを3キロ減らしたら、うんと体は軽く感じます。
でもまだ7キロ背負って体はきついはずなんですよね。
でも、すごく身体は軽く感じてしまうという矛盾。


逆に、疲労を溜めこんでない方が、10キロの重りをいきなり
背負わされたら、「こんな疲れている体は嫌だ」とすぐに
外したくなります。ずっと10キロ背負ってた方が、一度0キロを
体感されたら、それは体が宙にフワフワ浮いているような
感覚なのかもしれません。

人間、1年中重りを0キロにすることは不可能ですが、
一年中そんなものを背負っていたら、体調は優れないはずですし、
生活の質は低下し、気力も低下、病気の元になりかねません。


話は戻り、N さまの2年ぶりの施術後、とても喜んでくださいました。
施術はお体の負担や好転反応が出過ぎることを考え、あえてかなり
セーブしたものにしましたが、十分すぎるほど「良くなった」と実感
していただけました。もちろん、重りはまだまだですが、その辺り
のご説明もさせていただき、納得されてお帰りになられました。

現在3回の施術が経過したところですが、各症状かなり改善され順調です。



鵞足(がそく) 膝の痛み

日に日に重くなるお孫さんを抱っこする機会が多く
最近、膝を痛くされた70代の女性の方。

痛いところは、膝の内側の少し下です。ここは
「鵞足(あひるの足は3本)」 といい、股関節の方から
膝に伸びる3つの筋肉が、集合してくっついている場所です。
膝の内側のあたりが、ちょうど「あひるの足」のような形をしています。

file0092.jpg
IMG_4280.jpg
あひる足はわかりにくいですが

薄筋(はくきん)
縫工筋(ほうこうきん)
半腱様筋(はんけんようきん) 
 この3つです。

なんでここが痛くなってしまったかと言うと、10キロ近い
お孫さんの抱っこする際、「抱っこする時」と「下ろす時」に、
膝と股関節を曲げ、支えながら行います。

この時に、この3つの筋肉にすごい力を入れるわけなんですが
自分の体重よりはるかに重い負荷をかけ、上げ下ろしを何度も
するわけですから、ここの筋肉が硬く緊張してしまったのです。

ここの痛みは、 膝の痛みでも一番多いところ です。
ジョギングする方、ウォーキングする方もたまに痛くなります。
単に鵞足の3つの筋肉が過緊張して痛いだけなら、
そこを重点的に下肢の筋肉をほぐせばすぐ痛みは消えます。

ただ、その痛みを抱えたまま、同じ生活パターンを過ごしていると
鵞足腱炎(がそくけんえん)に悪化する場合も
あるので、気を付けなければなりません。

幸いこの方は、炎症が起きてはいなかったので、下半身の筋肉を
重点的にほぐし、股関節と膝の関節の可動域を広げました。
痛みはすでに消えて楽になっていたのですが、念のためキネシオ
テープを貼りました。抱っこ生活は当分続きそうなので、しばらく鵞足の
メンテナンスは必要のようですが、お孫さんの上げ下ろしするときは、

肘をたたんで、なるべくご自分の体に近づけた状態
ですると、腰と鵞足への負担が少ない
(体から離れれば離れるほど負担が大きい)
 
ことをアドバイスさせていただきました。
ぜひ、子育てママも気を付けてくださいね。


腰が曲がっている

先日、ご年配の女性からのご質問をお受けしました。

「腰の曲がったのは直るの?」

即答したいところですが、実はこれだけだと、正確な
お答えができない状態です。「腰の曲がった状態」にも
色々なケ-スがあるからです。なので、もう少しお話を伺いました。
この方の知人のお話だったのですが詳細はこうでした。

〇腰が伸びずに丸くなっている
〇左の方にも曲がっている
〇腰痛がある
〇比較的高齢である


ある程度のご年齢までいくと、骨粗しょう症で骨がもろくなり、
そのせいで腰が丸く変形してしまう
パターンがあります。
最近は都心部ではあまりお見かけしませんが

「腰が九の字のように丸いおばあちゃん」

が分かりやすい例です。ただ、今回は骨密度が低下している
可能性はもちろんあるものの、最近腰痛がでて、左右の歪みも
あるようなので、一概には言えませんが、骨密度の問題よりも、
腰の筋肉疲労から来る痛みをかばい、感じないための
回避姿勢をとり、腰が曲がっている
  気がします。

IMG_7045.jpg

ご覧のように、腰の部分(腰椎1番~5番)は、上下の
肋骨、胸椎や骨盤の部分と違い、骨格が腰椎のみで、
それ以外は腰の筋肉や腹筋で支えなければなりません。

逆に言えば、それだけ、腰の筋肉の緊張や疲労が
骨格を引っ張り、歪みに影響しやすい場所
だと言えます。
つまり、それを正せば、腰はまっすぐキレイに戻るはずです。

加齢から骨粗しょう症が進んでいる方は、お身体を見せて
いただければ、すぐに分かります。当院にも、何人かお越し
いただいていますが、気を付けるポイントがいくつかあり、
施術の方法も工夫しないといけません。

「症例報告」 は毎回お越しいただいた方限定でしたが
今回違ったパターンをUPしてみました。ただし、あくまでも
予測だけのもので実際に拝見してませんので、定かでは
ありませんが、こういういくつか引き出しを用意しておくことは
大事なことなんですね。








足裏の痛み

先日来院された、女性(30代)の方からのご相談。

「足の裏が痛い」

通勤でヒールを履くことが多いそうですが、
歩いたり、ジョギングしたりすると、特に
右足裏の親指の下あたりが痛いとのこと。


file0088.png

1年以上前から痛かったそうですが、半年以上前に
足つぼ系サロンの店に1度行かれたとかで

「ここは胃ですね。胃がだいぶ疲れてますね」


と言われたそうです。しかし、胃は痛くなったり疲れたりする
ことは全くないそうで、結局少し楽になったものの、
またすぐに痛くなってしまい、変わらなかったそうな。

美容と健康のため頑張っていたジョギングも、最近は痛いので
さぼり気味で、「そろそろなんとかしないとな」 とのこと。

「足裏の痛み」 感じたことある方、結構多いと思います。
通勤で立ちっぱなし、一日買い物してた、慣れない靴を履いたなど、
などは生活要因として一般的にきっかけになるようです。

また、足裏と聞くと、今回のように「足つぼ」という発想の方も
いらっしゃいます。別に間違っているとか、否定するとかでは
ないです、もちろん。
ただその前に、足裏といえど、他の体の部分と同様、骨格があり、
その表面を筋肉に支えられている、ということも忘れてはいけません。

すねの筋肉(前脛骨筋)が、ひどく張っていたのと、
足裏のアーチがあるものの硬くなっていたため、
土踏まずの辺りに筋肉に強い緊張を強いられ続けて
いた
のが原因でした。(前脛骨筋は、すねを通り、足裏親指の下に付着)

足のアーチはいわゆる、土踏まずがあるなしの縦アーチと、
あまり認知されていない横アーチがあります。
片足だけ(くるぶしより下)で26個の骨で足は形成されています。
結局、この女性の方への施術方法は・・・

〇下半身(特にすね)の筋肉を、よくほぐし緩め、直接痛みを取り除く
〇足のアーチ関節などの可動域、柔軟性を高め、再発しにくくする
〇骨格バランスを整え、再発しにくくする

〇上半身のほぐしを行い、下半身との連動がうまくいくようにする

file0070.jpg


常に体重の負荷がかかり、足裏は休めることができないので、
使いつつ改善していかないといけませんが、3回の施術で、
ゆっくり走る分には問題ないくらいになりました。

今回、ジョギングを自重していただいたので、より悪化した
「足底筋膜炎」にならずに済んだようです。足底筋膜炎は、
治るのに時間がかかるので、足裏の痛みは長引かせたり、
悪化させないことが大切だと思います。



骨格(関節)調整の効果

骨格の歪みが改善されると、体のバランスが良くなる
のは広く知られていますよね。

「骨格」の主役は、「背骨と骨盤」ですが、肩や肘、股関節や
足首なども立派な骨格ですし、歪んだり硬くなったりもするのですが、
今回は「背骨と骨盤」に限定してみます。

000-012.jpg
(黄色いヒモのようなものは神経の模型図です)

早速、骨格調整で期待できることをあげてみます。

1、体のバランスが整う

姿勢が良くなる、猫背が良くなる、歩き方がキレイになる
骨盤や肩の高さなどが揃う、力が入りやすくなる、
無駄な力が入らなくなりリラックスできる、
スポーツの成績があがる、など

2、関節の可動域が広がる

体が柔らかくなる、怪我しにくくなる、筋肉の代謝がアップする、
怠けてた筋肉も働くようになり、脳への刺激が増え、脳が活性化する、など

3、筋肉へかかる負担が減る

筋肉の緊張が緩む、痛みや疲労が起きにくくなり、溜まりにくくなる、など

4、内臓や筋肉との神経伝達が良くなる

消化機能が高まる、生理痛が楽になるなど
内臓機能が改善される、運動神経(知覚神経も)が良くなる、
内臓の代謝がアップする、自律神経が整う、など

5、椎間板への負担が減る

椎間板は消耗品でなるべく長持ちさせたいもの。そんな
背骨と背骨の間のクッション機能が高まり、ヘルニアが
起きにくく、無理がかかりにくくなる

6、未病を防ぐ

脳と組織の神経伝達が100%に近づくことで
自然治癒力が高まり、病気になりにくくなる


以上、簡単ではございますが、具体的に述べてみました。
項目はもっと絞れるのですが、少しでも分かりやすく
感じて頂ければ幸いです・・・。

あと、ほとんどの方が、整体やカイロの骨格矯正に対する
イメージというのは、「1~3」までだと思うので、こんな可能性
も秘めているということを知っていただく良い機会かと思います。



Q. 「ひょっとしてボキボキとかします?」

先日、初めて来院された60代の女性の方からのご質問です。
整体やカイロは全く初めて。マッサージもほとんど受けたことがない
とのことで、怖いイメージをお持ちというのは、ある意味当然かも
しれませんね。

カイロプラクティックの骨格矯正テクニックの中に
いわゆる「ボキボキ」はあるのですが、当院でも日頃
行っておりますが、「する場合」「しない場合」 がございます

「ボキボキは怖いから嫌だ」 というお話も耳にする反面、
「ボキボキされると気持ちいいし、すごく楽になるからやって欲しい!」

とわざわざお電話くださる方や、それを楽しみにしている方
もおられます。骨格(背骨)に歪みや硬さがあるから、矯正する必要があり
好き嫌いではしないということは、あらかじめご説明しておきますが

ボキボキをしなくても骨格のゆがみ矯正はできます
詳しくはトップページの 「カイロプラクティックとは?」をご覧ください

施術者によって考え方も違いますが、少なくともたまに耳にする
「何の説明もなくいきなりボキボキやられた」 というひどい施術は
あってはいけないことです。あくまでも当院の考え方ですが、
次のような方には、ボキボキ型矯正は控えております。

〇ボキボキが嫌な方
〇緊張しやすい方
〇筋肉の張りが強すぎる方
〇骨粗しょう症の方
〇かなりの高齢の方
〇関節が癒着している方 
   など

ちなみに私の母は78才ですが、頸椎(首の骨)のボキボキ
は時折必要に応じて行っております(笑)。
ボキボキするしないにしろ、矯正には高い技術が必要で、
集中力と正確性と安全性 が求められます。当院はもちろん
これまでずっと無事故ですし、後日痛くなったという話も
聞きませんので、その点はご安心ください。

お身体を改善していくのに、施術を怖がらせてしまったり
過度に緊張させてしまうのは、施術者の度量不足ですし
意味がないし逆効果なので、

〇安心してお身体を任せられる施術であること
〇納得いく分かりやすい説明を付けくわえられること
〇信頼していただける施術者であること

をとても大切にしています。では、骨格(関節)調整することにより、
期待できる効果を次回更新したいと思います。



痛みの原因を探る

肩や腰に限らず、体のどこでも痛みがあれば
当然それに伴う原因もそれぞれあります。

そして、痛みを取りのぞく際に、色々な視点や角度でみることは
とても大切です。最初から決め打ちだと、それにはまれば、
すぐに結果がでますが、外れるといつまで経っても痛いまま・・・
ということも当然あるのです。

当院では、痛みなどのご相談を受けると、いくつか原因を頭に
浮かべ、お身体の状態を拝見したり、お話を伺ったりして、
消去法で絞って、真の原因を見立てて、施術アプローチします


file0072.jpg


施術経験がそれなりに長いので、知識と経験のバランスが良くなり、
直感も磨かれ、その選択がより正確さを増してきます。
なので、原因を探るスピードも早くなりました。

理論詰め+適度な直感 を大切にしています。

ただ、痛みが強い時や、あまり多く見ないような症例ですと、
その過程を必ず踏んで、確実に改善するよう心がけています。

現在、当院のスタッフは私だけですが、スタッフ教育をする際は
どこかの痛みを仮定して、その原因を考えられる限りあげるという
訓練をよくやってました。簡単には固定観念は壊れないもので
苦心した記憶があります。私自身も初心に戻るいい機会になっていました。

とはいえ、私もまだまだ成長途中だという自覚もあります。
新たな試みに挑戦していますが、それが大きな実になりそうな
実感もあります。痛みなどでお困りの方、今ご利用頂いている方々に、
もっともっと喜んで頂けるように精進せねばなと思います。



手や腕のしびれの原因の9割は肩こり

「手や腕がしびれる」

足のしびれでお困りの方よりも、圧倒的に多く来院されます。
腕や手や指先が、チクチク、ビリビリしたり、感覚が弱い、
鈍い痛み、鋭い痛み、力が入りにくい、むくみ・・・

こういう症状を主に 「胸郭出口症候群」  と言います。
首から肩(肋骨)にかけた斜角筋などの下を走る神経や
血管が圧迫されて起きる症状です。簡単に言うと、
首や肩こりがひどくなると、起きやすい神経痛です。

詳しくは「手のしびれ本格整体」を参照ください。
http://www.nemunoki-seitai.com/hand/

img_24.jpg

しびれ方や強さや位置はバラバラです。またお仕事や家事など、
何かに集中している時は気にならない人もいれば眠れないほど、
しびれ痛いという人まで、ピンキリです。
放置しておけば悪化することは、共通しています。

では実際、整体、カイロ、マッサージ、ハリ、整形外科、接骨院・・・
「どこに行ったらいいのか分からなかった」 というご意見も多いようです。
これは、手のしびれに限らないことですけどね。

当院は、整体やカイロが主ですが、例えば整体院や先生ごとに、
施術のやり方や技術力や方針がバラバラなので一概に
「整体やカイロが良い」ともいえないし、「どこどこはダメ」とも
断言できません。難しいところですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数年前、こんな女性(60代)が来院されました。
右手のしびれがひどく、物も握るのも大変、生きがいである社交
ダンスもお休みし、精神的にもかなり落ち込んでおられました。
病院に何回か行った時、こんなことを言われたそうです。

「もう、一生付き合うしかない、諦めてください。」

ダンスが生きがいだったその方は、ひどくショックを受け
ある方のご紹介で、「少しでもましになるなら・・・」と当院に来院されました。

原因はおそらく、それだろうと察しはつきましたが、
あまりにも症状が強く、でも信念を持って慎重に施術しました。
しびれ方や位置などから、原因を探り、神経に影響を与えてしまっている
筋肉を緩め、それに関係する関節も緩める
ことが主な施術です。

1回目は特に症状の改善は変化なしでした。
しかし、2回目以降、回数を重ねるにつれ、しびれはサーッと
引いていきました。1か月後には、完全にしびれは解消!

「久々にレッスンに行けたんです~、もう嬉しくて」


と大喜びしていただいた、その笑顔が印象に残っています。
しびれが取れたことよりも、生きがいが復活した喜びの方が
私も大変嬉しく感じ、施術者冥利につきます。

もちろん、より重いヘルニアなどの神経根障害などは、
施術方法も同じやり方ではダメなので、変えないといけませんが
おそらく8割~9割は、筋肉性のもので、改善も難しくないので
あっさり解消してしまうことも珍しくありません。



筋肉がほぐれるベストの圧

「先生、そこ、こないだと同じ力で押してます?」

と聞かれることがたまにあります。
一番多いのは、当院の整体を初めて受けた方からです。

_04B9771 - コピー.jpg

疲労を溜めこんだ筋肉は、血流が悪くなり緊張して硬くなっています。
症状が強い方、疲労を溜めこみすぎている方ほど、より筋肉は硬く緊張しています。
そんな過度に緊張した筋肉を、整体でほぐす際、「痛い」と感じることがあります

ですが「ただ痛いだけ」の施術だと、もみ返しがひどかったり
体も脳も余計緊張してしまうので、当院では
「効いているような痛さ」「イタ気持ちいい」刺激を筋肉に与えていきます。

私個人の経験から得たものですが、この筋肉の緊張レベル(硬さレベル)
が、ほぐれるための必要な圧(深さ)、というのに絶対の自信があるんですね。
分かりやすく言うならば「筋肉がしっかりほぐれる絶妙な圧」
があるんです。それ以下でもそれ以上でもない圧。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
話は反れたので本題に戻しますね。

<体が悪くなっていく時>  
  先に筋肉が硬くなる → だんだん症状を感じる

<体が良くなっていく時>
  先に症状が軽く感じる → だんだん体が改善していく

ぎっくり腰が分かりやすいですが、ある日急に痛くなった
気がしますが、急に腰が悪くなったのではなく、筋肉はすでに
ぎっくり腰の準備が完了しているということです。

逆に良くなる時は、まず体が良くなった気がしますが
実際、2回目にみさせていただく際、「前より楽でした」
と喜んでいただきますが、筋肉の張りは、初回と大きく
変化がないケースが結構多い
のです。

なので、体が軽くなっても、筋肉の張りはそのまま似た感じなので、
それに合わせたアプローチをするのですが、施術を受けられる方は、
前回よりも感覚が違った印象を受ける
んですね。

でも実は、ここってとても大切でして、「あー楽になった」と
思ってても、それは 症状のみ良くなった「仮の姿」
のケースが多々あるので、楽な感じがまだ続いている内に、
続けて施術を重ねると相乗効果が倍増するんです。



リハビリの先のリハビリ(股関節と膝)

当院を長くご利用いただいている76才の女性Sさま。とてもお元気な方で、
ゴルフやエアロビなどなど毎週エネルギッシュにこなされる女性です。

不運にも昨年10月、ご旅行先で転倒してしまい 右大腿骨を骨折
(太ももの骨の真ん中くらい
してしまいました。その後無事退院し、
年内にリハビリも終了し、4月上旬に当院に戻ってこられました。

とてもお元気そうで、久々の再会に私もとても嬉しかったのですが、
痛みはないのに右足をすごいびっこ引いて、普通に歩けないのが
痛々しい感じでしたし、以前の元気に走り回っておられる姿を知って
いたので、ショックでもありました。

〇以前のように復帰したいが、そういう気持ちにまだ成れない
〇杖はつかずに痛みも全くなく歩ける(数千歩)、日常生活もOK
〇レントゲンで骨は完全にくっつき完治している
〇整形外科でのリハビリは昨年中に完了している



file0050.jpg

お身体を拝見させていただくと、

〇右下半身を使わず歩くくせがあり、歩くたび、左右に体が大きく傾く    
〇歩く際、右足を後ろに蹴るとき、膝より下が外側に大きくはねてしまう
〇右足をひきずるように歩く


腰、骨盤周り、右下半身の関節と筋肉が、どうにもならないほど
ガンコに硬く固まっていました
から、まずはそれを徹底的に
元の状態に戻す調整をしました。とはいっても、怪我後の久々の施術
で、恐さもあるでしょうから、少しずつ、状態を伺いながら施術を進めました。

それと、長い間、右足をかばう形で歩いていたため、それを
脳が記憶してしまい、変なくせになってしまっている
のも
戻さないといけません。頭で考えて普通に動かそう、歩こうとしても
できないのが特徴です。

筋肉を動くのは、あくまでも脳から神経を伝わり命令が下された時です。
使っていなかったたくさんの筋肉の動かし方を、また脳にインプット
(刷り込み)させる調整やご自宅でのセルフリハビリも指導させていただきました。

現在、リハビリは継続中ですが、明らかに以前に近い状態に
戻ってきています。知人の方に「歩き方良くなったわね!」と気づいて
頂けたのが、また心の支えにもなっているようで、このまま
順調にいけばと思っています。

この方のように、病院でのリハビリは完了し、痛みなく日常生活に
戻れても、以前の生活と何かが変わってしまったり、いきがいや
趣味を断念せざるを得なくなった方って、結構多いのかもしれません。


それって、どうにも致し方ない場合ももちろんあるのでしょうが、
とてももったいないケースも多いのではないか、と私は思います。
病院の役割はそこまでですが、本当の意味でのリハビリは完了
していないのではないのかな・・・・と今回考えさせられています。

今回はリハビリの先のリハビリ、ご紹介させていただきました。



<<前のページへ678910111213141516

このページのトップへ