当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告 > ほぐし整体の最近のブログ記事

整体 レイキ 症例成果報告 ほぐし整体の最近のブログ記事

ほぐしを使い分けています

1d615654a17f9caf954e90c9f2e1af79_s.jpg

初めてお越しになられたSさま(40代女性)は、
右の背中~腰~臀部の張りが苦しくて、
当院にお越しになられました。
ずいぶん楽になられて、頼る方がいなく休み休み
されていた家事もはかどるようになられたそうです。
3回目の施術中に、こんな感想を頂きました。

先生にこうしてほぐして頂いてると、だんだん
歪みが直ってくるのが分かる気がします。

似たような感想はたまに伺いますが、
おっしゃる通りです。正解です。

1、筋肉のコリだけ狙うほぐし
2、歪みを取りのぞくほぐし
3、両方兼ね備えたほぐし

この3つの内の1つを主体として、織り交ぜながら
進めていきますが、施術前に歪みをチェックをして
途中途中でも確認しながら、終了するころには
キレイでまっすぐ、S字カーブも正常に復活させます。

3つのうち1つだけでは、自分がイメージする施術後の
良い状態までは届きません。例えば、Sさまは腰椎と
骨盤の歪み、ねじれが強く、こういう場合は、じんわりと
気持ちよくほぐすことだけ追求しても解決できません。
解決できないと、患者さまのご満足度も下がります。

3つの構成は患者さまの心身の状態により、その都度
変えたりして、その日のベストを必ずチョイスしています。

自律神経の乱れが強い方でも同じです。
歪みが取れれば、睡眠時に寝具とお身体が
よくフィットするようになり、深い睡眠が得られます。
色々な意味での "バランス" が大切なのです。




膝裏が痛くて曲げられない!

いつもご利用いただいているMさま(60代の女性)。
両方の膝が変形性膝関節症で、膝や腰や股関節の
ケアがいつも施術のメインでした。

ある日、ご旅行先でご本人様が予定していなかった
山のハイキングをすることになり、かなり無理せざるを
えませんでした。案の定、その夜、膝があまりにも痛く
曲げられなくなってしまったそうです。

ea31bc439ecc6e5663ae717584ddaa7f_s.jpg

〇膝の裏の痛みが強く、30度ほどしか曲がらない
〇じっと座ってたり立っていると固まり全然曲がらない
〇自転車に乗れない(痛くてこげない)
〇一番痛かった時よりもやや改善した
〇病院でブロック注射されたが、効果なし


こういう痛みがかなり強い時の施術に
私が心がけているポイントがあります。
まず最低限、現状より絶対に悪化させない前提の上
どこよりも最短で治るよう、根本的に痛みをとる施術をする。

当院は保険が効かなく実費をいただいております。
当院を多くの施術院から選んで、ご利用くださる方は
保険診療ではやらないような施術を望んでおられます。

それはつまり、アイシングや湿布や痛み止めなどの
保存療法ではない、それこそ一発解決する施術です。

あまり痛みが強いと、一発解決は難しいこともありますが
実費を頂いている分、それくらいの心構えがないとダメだと
思っております。最短で治る施術を実現するには
施術の引き際にコツがいります。足りないと大きく改善
しないし、やりすぎると悪化する場合もあります。

<施術内容と進め方>

膝がほぼ曲がらず痛みも強い中、施術も慎重に進めます。
膝の痛む箇所によりある程度原因がつかめます。
今回は膝の裏全体の痛み。この場合はほぼほぼ
筋肉由来の痛み。腫れや熱もないようなので、
じんわり太ももの裏をほぐし、腰、臀部、ふくらはぎ
などほぐしの範囲を広め、ゆるめていきました。
念のため、キネシオテープを貼りました。

施術後、膝は60度くらい曲がるようになりました。
いつも自転車で遠くから来院されるのですが
さすがに今回は往復送迎車つきです。
5日後にご予約していただき、当日お待ちしていると
自転車で来院!前回の帰り際より回復していますが
自転車も工夫しないとまだ痛いようでした。

2回目は、施術方針が正しいと確信したので、より
ディープに進めたところ、施術後100度ほど曲がるように。
そして、当院を後にされて5分後、Mさまよりお電話です。

「今、川のところですが、自転車全然痛くないです!」

とお元気な声でご報告ください、私も一安心しました。
いつも信頼下さっていてありがとうございます。
先日ぎっくり腰で来院された初診の女性もそうですが、
強い痛みを抱えてこられる方は、藁をもすがる想いと
なんとか治して!ととても期待されています。
「え!こんなによくなるの?!」
といつも感動して頂けるよう頑張ってまいります。



信頼いただける技術

あえて、技術論だけにしぼった 内容です。

施術者が患者さまの痛みなど不調を取りのぞいたり
改善したりすると、そこで信頼が生まれます。
「この人ならもっと良くしてくれるかも」
「楽になったからまた来よう」 ですね。

施術に慣れていない方で、「自分の症状は一体
どこに行けばいいの?」 というのはよくありますが、
そんな方が勇気を出して選んだ施術院で、自分の
思ってた以上に回復したら、これも信頼につながります。
お知り合いやご家族をご紹介いただくこともあります。

それが整体なら 「こういう痛みは整体がいいんだ」
という「整体」に対しての信頼にもつながります。
「整体何回か行ったことあったけど効かないね」
と言われると、個人的には、整体界の信頼回復に
一役買おうとちょっと気合が入ります。

既に信頼を長く頂けている方が、ふいにどこか痛めた
ときに、「あーこれですね」と手際よくササッとなおして
くれたら、さらに信頼を深めることになります。
「先生ならいつでも安心」と感じて頂けるかもしれません。

こんなケースもあります。
ある不調に対して、色々行ったけど全然良くならない。
けれど、ある所に行ったらスゴク楽になった。
「もっと早く来ればよかった」となります。

以前、高齢の女性で手の酷いしびれや痛みで整形外科へ。
「老化です。もう治らないからあきらめてください。」
趣味で大好きなダンスを止めざるを得なくなりました。
たまたまご紹介で当院に来院されたのですが、
数回の施術でほぼ症状ゼロになり、それはもう喜んで
頂けました。その時の整形外科の診断が正しいかは
置いといて、こういう時はかなり強い信頼を得られます。

信頼いただくことは簡単なことではありません。
施術をしてその結果がいつも100%思うようにいかない
こともありますが、いくつもの引き出しをもつことで
患者様の望む方向へ改善していくことができます。また、
信頼を得ていても、それを失ってしまう可能性もあります。

その不調に対して、どんな施術が必要なのか。
なぜ他の施術院では、なおらなかったのか。
安全かつ最短でなおすにはどうすべきか。
13年間、日々その繰り返しで患者様とそのご症状に
向き合ってきましたが、頼りにしてくださる全ての方に
「ねむのき整体院と出会えて良かった!」
と感じていただけるようまだまだ精進が必要です。



指名制ほぐし整体

整体やマッサージなどの指名制。

スタッフが複数いる店の多くが可能です。
一方 「どのスタッフも技術力が高い」というのを売りに指名
NGの店もありますが、実際のところ技術力にはかなり
バラつきがあるので、指名制がある方が利用する方に親切
だと個人的には思います。上手い人に当たっても、次回その人
とは限らず、時間とお金の無駄になるリスクがある反面、もっと
上手い人と出会えることもあるので賛否が分かれます。

昔、修行時代に指名可能な店で働いておりました。
担当制でしたので、初めての方が来院されると、基本同じ先生
が次回以降も受け持ちます。それをご存じない方から
 「千田先生にまたやって欲しいんですけど、空いている時間
ありますか?」という電話をいただいたり、お帰りの時に
 「先生がまたしてくれるんでしょ?」 と確認されるときは
やはり嬉しかったですし、逆に悔しい想いも何度もして、
それはとても励みになり、どちらもモチベーションとなりました。

担当制の方が、お体の変化を見逃さず施術できたり、
計画性のある施術をご提案できるメリットがあります。
反面、担当者を代えて欲しくても、悪い気がして言い出せずに
通うのを止めてしまったことのある方も多いはずです。

d12681445175204898920049f9f85ea0_s.jpg
                          (イメージ画像)
患者様の立場からも、施術側の理想からも、いつも安定して
質の高い施術を受けられることが、望ましいと思います。

一度、自分の体のことをよくわかってくれて、自分に合う施術
をしてくれる人を見つけたら、その人に長く見てもらいたい
のが自然な発想だと思います。民間療法に限らず、美容室や
エステなども同じですよね。「確実にしっかりやってくれる」
という安心感のあるなしは、だいぶ違うと思います。

当院は、現在は私一人ですので、指名もなにもないのですが
患者さまの評価は、2回目以降もご利用頂くことがある意味
「指名」いただくことになります。自分の実力はなかなか
測れませんが、整体やマッサージやリラクやら、色々経験
された方からの評価である程度推測できます。

おかげ様で、高い評価をいただくことが多く、大変嬉しい
ことですが、それ以外の評価はなかなか直接耳には届くことが
ないので、自分を過大評価しすぎぬよう、自分の施術が
最善だったかを客観的に常に見つめることが必要です。

喜ぶところは素直に喜び、満足もしっかりした上で
謙虚にさらにもっと良い施術ができないか追及していく
ことがとても大切です。2018年以降も変わらず、
たくさん"ご指名"いただけるよう頑張ってまいります!



ほぐし部位の優先順位

「つらい部分(主訴)に時間をかけて欲しい」
終わったあと、体感的に楽になっていたい」


患者さまにとって、整体やマッサージを受けるとき
施術者に求めている基本的なことだと思います。
せっかく貴重なお金と時間を費やすのですから
最低限これだけはやってね、というのが普通です。

次に施術者側として、「全身ほぐし」の場合、一般的に
上半身の体幹に時間をかけて、足や腕にはあまり
時間をかけないのが普通で一般的です。
それは、肩や腰など上半身に症状が集中するのも
ありますし、大事な背骨があり、内臓を守ってもいるので
優先度としては、足や腕より高くなるのが自然です。

専業主婦のSさま(40代)は、肩こりがつらく、近所の
マッサージに行ったそうですが、「背中が硬くなって
ましたよ」と後で言われ、肩はあまりほぐしてもらえず
その日の夜、頭痛がひどくなってしまいました。
その後、当院を探して見つけられたと伺いました。

Sさまが受けた施術のように、背中が張っているから、
主訴ではなくてもしっかりほぐすというのは実は正解です。
背中が肩こりの原因にもなることは十分ありますし、
張っている部分を見過ごすのはいいことではないです。
お体を見てそういう意思が起こることは大事だと思います。

ですが本当の正解は、背中もしっかり施術した上で、
主訴はやはり一番しっかり診ることです。
理由はいくつかありますが、痛みやコリなどの不快な
自覚症状は脳へのストレスが強いのもその一つです。


「望まれるように主訴を徹底的に長時間やれば?」
というと全然そんなことなく、引き際も大切です。
例えば、肩こりがつらい方に長時間ひたすらほぐしても
心情的には嬉しいかもしれませんが、一定の時間から
効果はすでになくなりますし、今度はもみ返しなどの
マイナス面が確実にでてきます。

もちろん、ちゃんとした施術内容というのが前提ですが
時間が短すぎても、長すぎてもダメなのです。
これに関しては、経験から来る感覚的なもので
引き際を正確に感じ取らないといけません。
単に肩は何分がいいというものではありません。

c54c4ef8661b704327ed05893b18cece_s.jpg

保育士さんのSさま(30代女性)は
いつも右肩~首、それと右腕がパンパンです。
職種柄、手書きのものが圧倒的に多く
前腕(肘から先)が大変しんどくなるそうです。
乳児抱っこもありますしね。

腕がつらくなる方は、レジ打ち、マウス作業、料理人、
ピアノ演奏者などもそうですが、Sさまの張りはかなり
トップレベル。腕は小さい筋肉の寄せ集めですので、
短い時間でも比較的ほぐれますが、Sさまの場合、
かなりしっかり時間をかけないとほぐれません。

先日、お仕事の都合で施術間隔がずいぶん空いて
しまったときは、より増して張りが強く、
「朝起きてから寝るまでずっと痛い」
とおつらそうでしたので、優先順位を体幹からずらして
右腕の前腕と上腕で10分以上みっちりほぐした所、
「腕に久々に血がめぐった」と一息つかれていました。
中には足だけで30分くらいほぐした方もおられます。

『重要性を考えしっかりアプローチしたい部分』
という施術者目線と、患者さまが
『主訴を気持ちよくほぐして、楽にしてという部分』
が 一致しないこと少なくありません。
ほぐしの優先順位は、全体の時間配分をまとめつつ
患者さまに、ご満足とご納得いただける施術が必要です。

当院では常日頃、意識した施術を心がけております。



「うまい」整体屋さん

私は食べることが大好きですので、外食して
旨い料理に出会うとテンションが上がります。
一方、お腹いっぱいの満足感はあるけど、
一度しかいかない店も正直たくさん存在します。

色々な料理人がいる中で、舌の肥えた人と、
そうではない人では、料理の腕前が違いますが、
旨い味を知らないと、料理作りにも限界が
あるのだと思います。

ほぐし整体も、実はまったく同じです。
上手な施術家と多く出会えた人は、そういう意味では
ラッキーなのです。私もこれまでかなり上手い方と
何人か出会うことができ、かなり影響を受けました。

アニメのドラゴンボールの悟空は、一度対戦すると
相手の長所や技をすぐに自分の武器にしてしまいます。
施術家もそういう風にして、チャンスを絶対逃さず
技を盗んで上達していかないといけません。

私の修行時代は周りにスタッフがたくさんいたので
見て盗み、受けて盗み、実践し実力をつけて
きましたが、開業してからはできないため
たまにですがあちこち受けに行きます。

良い施術者に出会えた時は嬉しいもので、
「そうか、こんなやり方があったのか、自分もこれやろう」
とワクワクして、そして必ず自分のものにします。
忘れるといけないので、すぐにメモをしていました。

ここ数年は、自分で言うのもなんですが、この世界に
どっぷりはまり、それこそ完全に舌が肥えてしまいsweat02
ちょっとした"料理" ではおいしく思えなくなりました。
この技を参考にしたいなと思える人は残念ながら
10人受けて1人くらい。偉そうですが正直な感想です。
「こうすればもっと簡単にほぐれるのにな」とか考えること
ばかりなので、自分でほぐし技を開発することもあります。

開業する人は皆自信があるから開業します。
私も12年前そうでした。満を持してねむのき整体院を
オープンしましたが、あの当時と今を分析すると
まだまだ技術的にも甘い点も多かった気がします。

○整体やマッサージなど全く初めての方
○あちこち行かれたことのある通の方
○当院の常連さまでご利用くださっている方
おかげ様で多くの方々に喜んでいただけていると
思うのですが、いつでもどんな方にも

「これはうまい店をみつけたぞ」
「やっぱりいつ来てもうまいな~」


と、うまい定番の料理屋に行った時のあの安心感と
満足感、初めての店に行って美味しかった時の
あの感動と似たものを感じていただけるよう、
さらに上を目指していく心構えでいたいと思います。



1

メインページ | よくいただくご質問Q&A »

このページのトップへ