当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告 > 子育てママの最近のブログ記事

整体 レイキ 症例成果報告 子育てママの最近のブログ記事

満身創痍のお母さん

小さいお子さんをお持ちのお母さん 、特に乳幼児を
お持ちの方は、どの方も判を押したように満身創痍で
ギリギリまでため込んで、来院される傾向にあります。
日本の場合、欧米と違い、人手も余裕なく頑張ってる方が
多いので仕方ない面もあるのでしょうか。

5ヶ月ぶりに来院されたYさま。
よく娘さんといらしていましたが、転職されてから
お仕事が激務となり来院が難しくなりました。
それまでは、腰痛、頭痛、めまい、手のしびれと痛み、
不眠などでしたが、体調はどんどん回復されました。
そんなタイミングでの転職でした。

そして、久しぶりにご連絡いただいたのですが、
電話口からもお辛そうな感じが伝わってきました。
ご家族からも「また先生にみてもらえばいいのに」
と言われてたそうですが、ようやく落ち着いたそうです。

4c6f8daf9758bd7b8bc3df41bf228d26_s.jpg

しばらくは調子よかったそう。徐々に疲労がたまり
今回はかなりひどい腰痛でした。肩こりなども辛いはず
ですが、それが気にならないほどの腰痛です。

 「20分以上苦しくて立っていられない」
 「どんな姿勢で寝てても痛くて落ち着かない」
 「自律神経が乱れ気分も落ちてきている」 とのこと。

実際にお体をみせていただくと、特段腰の張りだけが
強い印象はなく、上半身がもうガチガチでした。
ぎっくり腰は避けないといけないので、腰を重点にして、
全身をしっかりほぐし久々の施術が完了しました。
腰が楽になって笑顔になっていただけましたが、
「しばらくみっちりやって治してもらいます」
ご予約を5回分まとめ取りされてお帰りになられました。

お仕事でも頑張った上に、帰宅後休めないどころか
ある意味お仕事以上に、自分のペースで家のことが
できないのは本当に大変だと、つくづく思います。

疲労の主な原因が、育児か仕事か人それぞれです。
定期的にメンテナンスする時間的余裕がない方も多いと
思いますが 「ギリギリ、限界になる前に」
お身体のケアはぜひ受けてくださればと思います。



お子様連れもOKです!

たまに子育て中ママが来院されます。以前にも載せましたが、

  ・出産とともにやってくる毎日休みなしの子育て。
  ・日々増えていくわが子の体重。
  ・睡眠がまとめて取れない。
  ・子供中心で子供のリズムに振り回される毎日。


わが家にも、0歳の子供がおります。
数か月前までは、私にそのような経験がなく、多くの子育てママからの
情報とおカラダを拝見して感じた「大変さ」や「疲労感」や「つらい症状」
で想像しておりました。

ですが、実際、我が家でその大変さを見ると、
より手に取って実感するようになりました。
 (ちなみにしょっちゅうではないですが、妻は私がケアしてます)

毎日毎日、本当にお疲れさまです!

「子供連れてきて大丈夫ですか?」 
とご質問いただくことがありますが、0歳児~小学生の子
までご一緒に来院される方、よくおられます。

お子さんの好きな、おもちゃや絵本やゲームなど
持参される方が多いようです。ベビーカーも大丈夫です。

○授乳や抱っこで、肩や肩甲骨がコリコリ、最近は頭痛や吐き気まである

○体の痛みやだるさで、子供や家族につい当たってしまう

○長時間の抱っこが響き、腕のしびれや痛みがでてきている

○出産後の骨盤の歪みが、ずっと気になる

○授乳中の無理な体勢が災いし、ぎっくり腰みたいになった

○体をケアしたいけど、子供と一緒だと気を遣ってしまう



例えば、こんなお困り事ございましたら、ぜひご相談くださいね。



肩が背中が腕が!新米ママの苦悩

赤ちゃんの子育て奮闘中のお母さん、いつもいつも大変だと思います。

そんな新米ママさんの、疲れの溜まりやすい箇所は決まっています。
左右均等にだっこするのは理想ですが、そうも言ってられないので
どうしてもやりやすい方で落ち着くようです。

左でだっこする習慣があるママは、左側の腕~肩~背中を中心に持続的に
ストレスがかかります。もちろん、腰やお尻や足も頑張らないといけないので
大変なのですが、特に疲れやすい部位は、オレンジの枠内でしょうか。

blog0002.JPG

だんだん重くなる赤ちゃんをだっこするには、より多くの筋肉を
使わなければならなく、過緊張した筋肉は背骨や肩や肩甲骨の
歪みを引き起こします。


それはさらなる筋疲労を呼び、そんな方々を拝見させていただく度に、

お体は へろへろで疲労困憊 状態、
「こんなになるまで溜め込んでいらして、頑張ってらっしゃるなー」

とつくづく感じます。寝不足もそれに輪をかけてしまってるんでしょうね。

僧帽筋、肩甲挙筋、大円筋、小円筋、広背筋、上腕二頭筋、大胸筋・・・・
結果、重度の首や肩のこり、肩甲骨からワキの重苦しさ、腕などの痛み、
さらに多いのが手のしびれ、むくみなどの症状です。

入浴も睡眠もゆっくりできない環境にあるため、疲れも取れず、
自律神経のバランスまで乱れかねません。

こういう方は、もちろん運動は逆効果
運動は筋疲労や骨格の歪みがあまりない方がやると、
相乗効果が高いですが、悪い状態の方がするとより悪化することが多いです。
そういう場合、当院では回復するまで、ジムで筋トレなどの過度な運動は
控えていただくようお話させて頂くこともあります。

上半身の筋肉が深部までコリ固まっていて、それに伴い関節の動きも悪くなって
いるので、まずは全身しっかりほぐして、まずは一度 体をニュートラルの状態にする
のがとても大切です。その上でストレッチなどを少しトライしてみるのが良いのでは
ないでしょうか。



1

« 外反母趾 | メインページ | 当院のインフォームド・コンセント(ご説明) »

このページのトップへ