当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告 > プチ筋肉講座の最近のブログ記事

整体 レイキ 症例成果報告 プチ筋肉講座の最近のブログ記事

緊張性頭痛の必須ほぐし

頭痛でお困りの方にもよくご利用頂いておりますが
筋肉のコリから来る緊張性頭痛のケースが多くを占めます。

b52e29cea7547cabcb843548d69d49ae_s.jpg

頭痛から解放するには、頭痛を引き起こしている首回りの
筋肉を緩めることが、必須かつ効果も高いのですが
背中、腰、太もも、肩と比べ、首は細いですよね。
さらに首は可動域が広いので、細かく小さな筋肉が、
折り重なって、頭や頸椎を支え守っています。

そのため他の部位よりも、より繊細に正確に
トリガーポイントをほぐさないといけません。

日々当たり前のように施術していますが
他の部位よりも 「集中力」「知識」「高い技術力」
より必要な気がいたします。

04e29dd6e2613159c90bc915143be00e_s.jpg

具体的な原因筋には、比較的大きめの僧帽筋、胸鎖乳突筋が
ありますが、頭痛と深~い因果関係にあるインナーマッスル
(深層筋)は、もっと細かく小さい筋肉
となります。

後頭部に密集している後頭下筋群は、細かく分けると
大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋があり、
また、首の深部にある、頭板状筋、頸板状筋、頭半棘筋、
頸半棘筋は頭を支える大事な役割があります。

読み方の難しいものもありますが、ざっと流してくだされば
良いと思います。首は背骨の中でも一番可動域が広い
ところです。「上下」「左右に回す」「左右に傾ける」があり
ますが、可動範囲が広い反面、首肩の筋肉がコリ固まると、
すぐに可動域に影響がでて、頭痛の種となっていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてご利用のYさま(40代男性)は、頭痛で悩まされる
日が多く、首肩がいつもガチガチでどうにもならないとこと。
当然、可動域も狭く、それが以前から当たり前すぎて
特に疑問に感じていなかったそうです。
つまり、本来の可動域を "忘れている" わけです。
可動域を元に戻すことは、睡眠時、仕事中、食事中などの
姿勢をよくすることに直結します。

当日もまさに頭痛の最中でお辛そうでしたので、初回は
全身をほぐしつつ、頭痛に特化したメニューにしました。
時間を割いて、うつぶせ→横向き→仰向けで集中的に
施術していると、途中で「だいぶ楽になりました」と言って
頂けました。そして終了後腰かけていただいたとき、首が
かなり自由に広く動かせることに、とても感動して頂けました。
当院での肩や首のコリ、頭痛の方の施術後アルアルです。
また、奥様に「顔色が前よりよくなったんじゃない?」と
言われたそうです。頭への血流が改善した証拠ですね。
最近は頭痛に特化する必要のないメニューで、全身や
自律神経のメンテナンスのためご利用いただいております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭痛に特化した施術はほかに、下半身の血流を意識したもの、
自律神経を意識したもの、今回のような首や後頭部の筋肉に
集中したものなどあり、その方に適したチョイスが大切です。
頭痛にお困りの方はぜひ一度お試しください。



背中の深層筋!

IMG_0310.JPG

大掃除中に学生時代に暗記するために作った資料が
でてきました。手書きですが、仲間に「欲しい」と言われ、
何枚かコピーした記憶があります。

「棘突起(きょくとっき)」や「横突起(おうとっき)」
は背骨の一部分を指すのですが、これらの
深層筋肉が例外なく、背骨に付着している
ことが分かります。こうやってみると、改めて背骨と
背骨を支える筋肉の大切さが分かりますね。



首こりはキッチリほぐす!

「マッサージは好きでよく行くんですけど、
 最近疲れがひどく全然楽にならない」


と首や肩の張りを訴えて、3週間ほど前に初めて
来院されたNさま(30代女性会社員)。よくいただく
ケースです。前回は1週間前に受けたそうです。

楽にならないのは何かしら原因があるはずです。
根本原因がきちんととらえられていない?
とらえられていても、ほぐしの圧が不適切?
施術中の皆さまの反応でだいたい分かるのですが、
一応念のため、お聞きすることがあります。

「この辺、ほぐされたことございますか?」

すると、ほとんどの方がこうお答えされます。

「そこは初めてです」 「なんですかそれ!」
「なんでそんな所、こってるんですか?」
「前からそこやって欲しかったんですよ」


sh08.jpg

体のどこでもあることですが、一番多いのは首です。
首は神経や血管が集まっており、施術も慎重になりがちな
反面、無難な施術に収まってしまったのかもしれませんが
しっかりほぐしてあげると、効果も高いところなのです。

Nさまの場合、お仕事の忙しさが原因で首や肩の疲れ
が抜けきらなく、マッサージには我慢できないと行かれ
てたのですが、ここ数回は全然楽にならないので、
他のところを探している中、当院に来院されました。

実際、全身の筋肉も疲れていて、首や肩はガチガチ
でした。特に首の側面や前面の張りがすごいので、
一番よくほぐれるイタ気持ちいい圧を狙い、ほぐして
みるとやはり「そこは初めて」 とのこと。
施術後は、首が軽くなり動かしやすくなったそうで、
「すっごい楽です!」ととても喜んでくださいました。

首のこりは頭痛やめまいや吐き気につながりします。
首の横や前には、「胸鎖乳突筋や斜角筋」などがあり
ますが、ここにつらさの原因がある場合、他の部分を
いくら長くほぐしても楽にならないですし、逆に5分
でもちゃんとほぐせば、ぐっと楽になるところ
です。
前者の下には迷走神経が走り、副交感神経と深い関係が
ありますし、後者は手への神経や血流やリンパの流れと
深く関係があり、どちらも大事な筋肉なのです。

当院では、施術のビフォーアフターで結果も満足度も
100%の施術をつねに目指しています。
首がつらいままの方はぜひ一度お試しください。



鵞足(がそく) 膝の痛み

日に日に重くなるお孫さんを抱っこする機会が多く
最近、膝を痛くされた70代の女性の方。

痛いところは、膝の内側の少し下です。ここは
「鵞足(あひるの足は3本)」 といい、股関節の方から
膝に伸びる3つの筋肉が、集合してくっついている場所です。
膝の内側のあたりが、ちょうど「あひるの足」のような形をしています。

file0092.jpg
IMG_4280.jpg
あひる足はわかりにくいですが

薄筋(はくきん)
縫工筋(ほうこうきん)
半腱様筋(はんけんようきん) 
 この3つです。

なんでここが痛くなってしまったかと言うと、10キロ近い
お孫さんの抱っこする際、「抱っこする時」と「下ろす時」に、
膝と股関節を曲げ、支えながら行います。

この時に、この3つの筋肉にすごい力を入れるわけなんですが
自分の体重よりはるかに重い負荷をかけ、上げ下ろしを何度も
するわけですから、ここの筋肉が硬く緊張してしまったのです。

ここの痛みは、 膝の痛みでも一番多いところ です。
ジョギングする方、ウォーキングする方もたまに痛くなります。
単に鵞足の3つの筋肉が過緊張して痛いだけなら、
そこを重点的に下肢の筋肉をほぐせばすぐ痛みは消えます。

ただ、その痛みを抱えたまま、同じ生活パターンを過ごしていると
鵞足腱炎(がそくけんえん)に悪化する場合も
あるので、気を付けなければなりません。

幸いこの方は、炎症が起きてはいなかったので、下半身の筋肉を
重点的にほぐし、股関節と膝の関節の可動域を広げました。
痛みはすでに消えて楽になっていたのですが、念のためキネシオ
テープを貼りました。抱っこ生活は当分続きそうなので、しばらく鵞足の
メンテナンスは必要のようですが、お孫さんの上げ下ろしするときは、

肘をたたんで、なるべくご自分の体に近づけた状態
ですると、腰と鵞足への負担が少ない
(体から離れれば離れるほど負担が大きい)
 
ことをアドバイスさせていただきました。
ぜひ、子育てママも気を付けてくださいね。


足裏の痛み

先日来院された、女性(30代)の方からのご相談。

「足の裏が痛い」

通勤でヒールを履くことが多いそうですが、
歩いたり、ジョギングしたりすると、特に
右足裏の親指の下あたりが痛いとのこと。


file0088.png

1年以上前から痛かったそうですが、半年以上前に
足つぼ系サロンの店に1度行かれたとかで

「ここは胃ですね。胃がだいぶ疲れてますね」


と言われたそうです。しかし、胃は痛くなったり疲れたりする
ことは全くないそうで、結局少し楽になったものの、
またすぐに痛くなってしまい、変わらなかったそうな。

美容と健康のため頑張っていたジョギングも、最近は痛いので
さぼり気味で、「そろそろなんとかしないとな」 とのこと。

「足裏の痛み」 感じたことある方、結構多いと思います。
通勤で立ちっぱなし、一日買い物してた、慣れない靴を履いたなど、
などは生活要因として一般的にきっかけになるようです。

また、足裏と聞くと、今回のように「足つぼ」という発想の方も
いらっしゃいます。別に間違っているとか、否定するとかでは
ないです、もちろん。
ただその前に、足裏といえど、他の体の部分と同様、骨格があり、
その表面を筋肉に支えられている、ということも忘れてはいけません。

すねの筋肉(前脛骨筋)が、ひどく張っていたのと、
足裏のアーチがあるものの硬くなっていたため、
土踏まずの辺りに筋肉に強い緊張を強いられ続けて
いた
のが原因でした。(前脛骨筋は、すねを通り、足裏親指の下に付着)

足のアーチはいわゆる、土踏まずがあるなしの縦アーチと、
あまり認知されていない横アーチがあります。
片足だけ(くるぶしより下)で26個の骨で足は形成されています。
結局、この女性の方への施術方法は・・・

〇下半身(特にすね)の筋肉を、よくほぐし緩め、直接痛みを取り除く
〇足のアーチ関節などの可動域、柔軟性を高め、再発しにくくする
〇骨格バランスを整え、再発しにくくする

〇上半身のほぐしを行い、下半身との連動がうまくいくようにする

file0070.jpg


常に体重の負荷がかかり、足裏は休めることができないので、
使いつつ改善していかないといけませんが、3回の施術で、
ゆっくり走る分には問題ないくらいになりました。

今回、ジョギングを自重していただいたので、より悪化した
「足底筋膜炎」にならずに済んだようです。足底筋膜炎は、
治るのに時間がかかるので、足裏の痛みは長引かせたり、
悪化させないことが大切だと思います。



筋肉がほぐれるベストの圧

「先生、そこ、こないだと同じ力で押してます?」

と聞かれることがたまにあります。
一番多いのは、当院の整体を初めて受けた方からです。

_04B9771 - コピー.jpg

疲労を溜めこんだ筋肉は、血流が悪くなり緊張して硬くなっています。
症状が強い方、疲労を溜めこみすぎている方ほど、より筋肉は硬く緊張しています。
そんな過度に緊張した筋肉を、整体でほぐす際、「痛い」と感じることがあります

ですが「ただ痛いだけ」の施術だと、もみ返しがひどかったり
体も脳も余計緊張してしまうので、当院では
「効いているような痛さ」「イタ気持ちいい」刺激を筋肉に与えていきます。

私個人の経験から得たものですが、この筋肉の緊張レベル(硬さレベル)
が、ほぐれるための必要な圧(深さ)、というのに絶対の自信があるんですね。
分かりやすく言うならば「筋肉がしっかりほぐれる絶妙な圧」
があるんです。それ以下でもそれ以上でもない圧。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
話は反れたので本題に戻しますね。

<体が悪くなっていく時>  
  先に筋肉が硬くなる → だんだん症状を感じる

<体が良くなっていく時>
  先に症状が軽く感じる → だんだん体が改善していく

ぎっくり腰が分かりやすいですが、ある日急に痛くなった
気がしますが、急に腰が悪くなったのではなく、筋肉はすでに
ぎっくり腰の準備が完了しているということです。

逆に良くなる時は、まず体が良くなった気がしますが
実際、2回目にみさせていただく際、「前より楽でした」
と喜んでいただきますが、筋肉の張りは、初回と大きく
変化がないケースが結構多い
のです。

なので、体が軽くなっても、筋肉の張りはそのまま似た感じなので、
それに合わせたアプローチをするのですが、施術を受けられる方は、
前回よりも感覚が違った印象を受ける
んですね。

でも実は、ここってとても大切でして、「あー楽になった」と
思ってても、それは 症状のみ良くなった「仮の姿」
のケースが多々あるので、楽な感じがまだ続いている内に、
続けて施術を重ねると相乗効果が倍増するんです。



マッサージ機と永遠に埋まらない差

家電売り場によくあるソファタイプのマッサージチェア。
先日、マッサージ機が沢山置いてある売り場を
通りかかったので寄ってみました。

「へーここまで進化したのか」 という驚きと同時に
「でもやっぱりこれが限界?」 と。最新の技術を取り込んだ
というマシンのキャッチコピー等を見ると、だいたいどれも

「人の手の動きにとことん近づけました」 と。

押すスピード、強さ、ほぐす場所、コンビネーションなど
確かに高い技術力だと感心します。もちろん、ある程度の
効果は見込めるでしょうが・・・。

筋肉がきちんと緩みほぐれるには・・・


受け手側の 【呼吸や息遣い】 を感じながら、筋肉の張り方の
違いにより押す 【強さ(深さ)、時間、角度】 に変化が必要ですし、
それにより 【ちょうど効くイタ気持ちよさ】 を敏感にキャッチすることが必要
です。このことを視点を変えて言うと、こういうことになります。

マッサージ機は、機械→筋肉への一方的なアプローチで
脳と会話していない「一方通行」であり、人の手は
筋肉(=脳)と会話しながら、アプローチする「対面通行」なんです。


1、筋肉を順にほぐしていく上で、筋肉(脳)からのその反応に対して、
  両面通行での繊細で微妙な調節が必要。
2、また、深部筋でなかなか届きにくい、筋肉が入り乱れ重なり合っている、
  コリが骨のように硬結している、など複雑すぎる筋肉事情。
3、筋肉をほぐしている箇所が、まだかなり偏りがあり部分ほぐしである。

これらの点で、マッサージ機は今のところ限界がありそうで
今後もちょっと難しいのではないのかなと、あくまでも個人的な意見ですが。

こんな情報、誰が知りたいんだろう、という漠然とした疑問は残りますが
もう少し続けてみます。

当たり前なのですが、「1~2」 は1000人いれば1000通りありますから、
マニュアル化(プログラム化)は、せいぜい赤点を免れる程度しか出せません。
ちゃんと90点、100点、120点を取り、感動していただくには、
その人にはその人だけの一番適したほぐし方を見つけてあげることが大切です。

マッサージ機をフォローするわけではありませんが(笑)、
ある程度、気持ちよくなれるレベルを自宅でいつでも
受けられるので、気軽な慰しグッズとしては重宝すると思います。
また、しばらくしたら売り場寄ってみようかな。


三角筋 ~腕の痛み~

三角筋は、肩関節を覆うようについている、
両腕の上(上腕骨の中部~上部)についている筋肉
です。

アメフトのプロテクターをイメージすると分かりやすいでしょうか。
腕の後ろ(絵の左)、腕の前(絵の右)にも広がっている筋肉です。

bblg059.jpg

「気を付け」の状態から
○ 外側に開くように挙げる(外転)
○ 「前ならえ」のように前に挙げる(屈曲)
○ 「後ろならえ」のように後ろに挙げる(伸展)


というように、腕を挙げる動作のとき、働きます。
三角筋を悪くする方は多く、割と障害が起きやすい筋肉です。

僧帽筋や肩甲挙筋などの肩こり筋と近いところにありますが、
この筋肉も肩こりと同じように、血行が悪くなれば、コリのような
だるさから、動作痛まで色々感じるようになります。

○腕が重い、だるい
○つり革を持つなど、腕を挙げると痛い
○洋服の着脱時に腕に痛みがある
○横向きで下にして寝ると腕が痛い
○朝、起きると腕が張っている
○カバンを持っていると腕が疲れやすい
○ボールを投げると腕が痛い


など、三角筋が悪くなるケースはとても多いです。それだけ、日常生活で
使う頻度が多いからですが、利き腕の方が悪くなるとも限りません。
原因は、

○いつも同じ方を下にして片側寝する習慣がある
○運動不足(腕を挙げる動作が少ない)
○スポーツや運動や仕事によるオーバーワーク
○肩こりがひどい
○肩甲骨、鎖骨、背骨の動きが悪い


などがあります。
軽い痛みや張りが出始めたばかりなら、改善は早い(1~3回)ですが、
40肩、50肩の発症の原因筋にもなりうるので、早めの対処が必要です。
片側寝で痛いとか張りを感じる場合は、イエローゾーン、
痛くて目が覚めてしまうようであれば、レッドゾーンなので、気を付けましょう。

ちなみにこの三角筋は、「うつぶせ」「横向き」「仰向け」どの体勢でも
施術することができる反面、施術の基本姿勢の「うつぶせ」だけでは、
三角筋の緊張したポイントすべてに的確にアプローチすることが不可能です。

当院では、肩や腕の可動域が、どの角度でどのように制限され、痛いか
を細かく分析し、その原因と思われる三角筋や関連する筋肉を、
一番適した姿勢になっていただき、施術して成果を上げております。



深部筋(インナーマッスル)ほぐし療法

深部の筋肉の血流をよくし、柔軟性を高めることが
大切なのですが、勿論ただほぐせばいいものではありません。

そこでカギになるのが、トリガーポイント
NHKでも特集されたことのある、このトリガーポイント。

姿勢、冷え、緊張、運動不足などのストレスなどにより
血流の流れが滞り、筋肉に酸素や栄養が不足するとできる
筋繊維の硬いコブのような塊をいいます。


trg001.jpg


実はこれが原因で痛みやしびれなど、不快な症状を引き起こすことが多いのです。
また、深部筋にトリガーポイントができると、不快な症状は強くしつこくなります。

ただ、この深部のトリガーポイントは、硬くなった表面や深部の筋肉
の下に存在するため、わかりにくく、ここを刺激する施術は、実は世間では
あまり行われておりません。

「全然効かなかった」「気持ちよくなかった」「楽にならなかった」

もちろん、痛みの原因が深部筋のトリガーポイントにあるケースは、
かなり多いのですが・・・・・・

・原因の筋肉自体のチョイスがそもそも間違っていた
・せっかく正しくても、トリガーポイントを外してほぐしていた
・トリガーポイントをとらえていても、角度、強さ(深さ)、位置が微妙にずれていた
・原因がトリガーポイントではなかった

という場合、いくら長時間体をほぐしても、痛みなどは楽になりません。
ですが、深部筋のトリガーポイントに、不快な症状の原因がある場合に、
きちんと刺激することにより、塊を消失、縮小させ、急性痛や慢性痛の症状も緩和されます。

血流が回復、筋肉の本来の柔軟性が戻り、硬くなった深部筋に
引っ張られ歪んでいた骨格もバランスを取り戻し、関節の可動域も
正常に近づく
ので、症状が楽になるのは当たり前の話なのですが・・・。

深部のトリガーポイントに、痛みやしびれなどの原因がある場合、
体のどこにあって原因となっているのか、正確に見定めなければなりません。

○姿勢分析での歪みチェック
○筋肉の張りチェック
○症状の感じ方
○いくつかのご質問     などを総合して見極めますが・・・

ただ、経験値による感覚というものが実はすごく大きいので、述べたような
客観的な情報は、それをより確実にするためものになります。

指や肘の感覚を研ぎ澄まして、「角度、強さ(深さ)、位置」を意識を
集中させて、ピンポイントでほぐしていくので、「とても心地よい」
「イタ気持ちいい」 感覚が体のあちこちでお分かりいただけるはずです。

そのような感覚の後は、その深部筋はすでにほぐれて血流が
よくなっているはずです。

当院で毎日行っている 「深部筋のトリガーポイントのほぐし療法」 は、
様々なテクニックを用いている中でも、ビフォーアフターがまるで違うのと
体感としてやはり分かりやすいので、最も喜ばれている施術です。

以上、深部筋(インナーマッスル)ほぐし療法のガイダンスでした。



「何にもしてないはずなのに痛くなった」

よくあるご質問というか、よくお聞きするフレーズです。
皆様のおっしゃる 「何もしていない」 というのは、だいたい

・力仕事を特にしていないのに・・・
・運動やスポーツを特にしていないのに・・・ 
 のようです。

「草むしりをして、腰を痛めた」
「深夜残業が続いて、首を痛めた」
「スキーに行って、股関節を痛めた」
「年賀状をたくさん書いて、右腕を痛めた」

という日常でないことをした時は、痛みとの因果関係がわかりやすく
「あーあれが原因なんだな」となりますよね。ですが、「家でじっとしていたのに」 
という、痛みと原因とのつながりが「??」の場合は、いったい何が原因でしょうか。
特にお正月明けはそういう方が多かったのかもしれません。

ですが、「じっとしていた」「何もしていない」と言っても、
本当に何もしていない人は少なく、一日の生活の中で、家事をしたり、
趣味をしたり、仕事したりなどあり、生活疲労が当然ありますし、
気候(気圧、気温)の変化や、自律神経の関係でたまたま痛みが起きた
というのもあるでしょうが・・・・今回はそういうお話ではなく、

ずっと座って本読んだり、テレビ観てたり、じっと立っていたりなど。
『本当にじっとしていたケース』。



人間の筋肉が疲労するパターンは、主に2種類あります。
「体を動かして残る疲労」 「体を動かさないのに残る疲労」。

どちらも共通して言えるのは、「筋肉が収縮している」ということです。
食材がたくさん入ったスーパーの袋を例にするとわかりやすいです。

前者は、スーパー袋を持って、肘を曲げたり伸ばしたりすることで
上腕二頭筋などの収縮(等張性)をさせ、負荷をかけて残る疲労。
関節を動かす収縮運動です。

後者は、スーパー袋を持って、肘を軽く曲げじっとキープすることで
上腕二頭筋などの収縮(等尺性)をさせ、負荷をかけ残る疲労。
関節を動かさないけど、これも収縮運動です。

後者の方はあまり、「運動した(収縮運動した)」と言いませんが
疲労がたまりやすいのは、実は後者。 関節を動かす運動よりも、
関節を動かさない筋運動の方が断然疲れやすいのです。

筋肉はじっとしているのに弱い。


スーパーの重い袋を、右⇔左と移動させるのは何度もやっても
大して疲れませんが、じっと同じ姿勢で持っていたら、たちまち
腕がつらくなりますよね。

特に、人間の筋肉で「姿勢筋」と言われる、背骨の両側の脊柱起立筋
(後頭部~骨盤)などは力を入れている意識がなくても、じっと力を入れています。

これは 「関節を動かす運動がいかに大切」 ということにもつながります。
ただ、ちょっと誤解されがちなのですが、筋肉の「量」をひたすら増やせば
よいと言うわけではなく、筋肉の「質(=柔軟性)」も同じくらい大切です。


人間の体に限らず、物事何でもそうかもしれませんが、量だけ多くても
質が悪ければあまり意味がないのと同じなんです。




123

« トリガーポイント | メインページ | プロポーション »

このページのトップへ