当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告 > 手首の最近のブログ記事

整体 レイキ 症例成果報告 手首の最近のブログ記事

美容師さんの腕や手の痛み

美容師をされているMさま(40代女性)。

美容師の方もご利用されることがありますが
職業病のように、疲れるやすい箇所は共通点が
おありのようです。Mさまの場合はこうでした。

●左手でドライヤーを持つため前腕~手の痛み
●右手でハサミを持つため前腕~手の痛み
●首と肩のコリがひどい(痛みどめたまに服用)
●足腰の慢性的な疲れ
●痛みで仕事の量を制限せざるを得ない状況


指圧に1ヵ月ほど前に行かれ、以前もマッサージ屋
にいくつか行かれたことあるけど、腕や手はなかなか
楽にならず、市川で探しておられ、お越しになりました。

neta509.png

当院では、下半身(太もも~足裏)のほぐしについて
「ここまでしっかりやってもらったのは初めて!」
とお褒め頂くことがよくあります。上半身がつらい方が
多いので、メインはやはりそちらに偏りがちですが、
足のほぐしがより必要と感じたり、求められている場合
はよりしっかり施術しています。

腕や手も同じです。腕の筋肉は小さな筋肉の寄せ
集めで疲れやすく
、職業や趣味によっては、疲労を
ため込んでいる場合があります。
料理人、パソコン業務、レジ打ち、保育士、縫製・・・
それぞれ、使う筋肉も微妙に違うので、その方々に合った
効果的なほぐしをしないと、時間の無駄になります。

Mさまの場合、「左でドライヤー→左手首に慢性的な
負担」「右でハサミ→右手指に慢性的な負担」があり
右手に至っては、手の平が開かず、ジャンケンの
パーができない状態
でした。

プロのスタイリストさんですので、技術力でカバーはされて
いるでしょうが、この状態では細かなテクニックに影響が
出やすいと思い、その点をよく踏まえて施術したところ
手のひらが軽く開けるようになり、手首もとても軽くなった
ようで、大変喜んでいただきました。

どうしてもお仕事がその作業の繰り返しですので、
現在は2週に1度、メンテナンスに通われていますが
以前のように痛くなることがなくなり、鎮痛剤も必要
なくなり、とてもご満足されています。



手首の痛み=腱鞘炎?

手首の甲側や、そこから肘にかけての痛みや疲労感を訴える方がたまにおられます。

・デスクワークでのキーボードの打ちすぎ
・長時間のスーパーのレジ打ち業務

例えばこんな原因の方が当院では多いのですが・・・。

そのまま我慢して続けると、腱鞘炎になる場合もあるので、早めに対処が必要なのですが・・・。
ただ、この部分の痛み=「腱鞘炎」と思われている方がおられますが、そうではありません。

ズキズキや熱感がなければ、まだ「炎症」状態ではなく、手首を甲側に曲げる(背屈運動)状態で
作業を続けたために背屈運動などにかかわる、腕橈骨筋(わんとうこつきん)などが疲労し、
 血行が悪化している状態です。


要はほぐして血流を回復させてあげればいいのですが、お風呂の中で反対の手で
自己施術できるので、じっとしててもズキズキ痛みが強くなければぜひ試してみてください。

コツは

痛い側の手首を甲側にすこし曲げた状態、かつ、力は抜いている状態で
 反対の指の平で張りの強いところを優しくググッと押してみましょう。

少し楽になってきたら、痛い側の手首を少し動かしながらやるとより効果的です。
5分以上はやらないようにしてください。
炎症が起きてない限りは、温めて血行をよくするのが一番です。



1

« 手や腕のしびれ | メインページ | 更年期障害 »

このページのトップへ