当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告 > 頭痛の最近のブログ記事

整体 レイキ 症例成果報告 頭痛の最近のブログ記事

緊張性頭痛の必須ほぐし

頭痛でお困りの方にもよくご利用頂いておりますが
筋肉のコリから来る緊張性頭痛のケースが多くを占めます。

b52e29cea7547cabcb843548d69d49ae_s.jpg

頭痛から解放するには、頭痛を引き起こしている首回りの
筋肉を緩めることが、必須かつ効果も高いのですが
背中、腰、太もも、肩と比べ、首は細いですよね。
さらに首は可動域が広いので、細かく小さな筋肉が、
折り重なって、頭や頸椎を支え守っています。

そのため他の部位よりも、より繊細に正確に
トリガーポイントをほぐさないといけません。

日々当たり前のように施術していますが
他の部位よりも 「集中力」「知識」「高い技術力」
より必要な気がいたします。

04e29dd6e2613159c90bc915143be00e_s.jpg

具体的な原因筋には、比較的大きめの僧帽筋、胸鎖乳突筋が
ありますが、頭痛と深~い因果関係にあるインナーマッスル
(深層筋)は、もっと細かく小さい筋肉
となります。

後頭部に密集している後頭下筋群は、細かく分けると
大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋があり、
また、首の深部にある、頭板状筋、頸板状筋、頭半棘筋、
頸半棘筋は頭を支える大事な役割があります。

読み方の難しいものもありますが、ざっと流してくだされば
良いと思います。首は背骨の中でも一番可動域が広い
ところです。「上下」「左右に回す」「左右に傾ける」があり
ますが、可動範囲が広い反面、首肩の筋肉がコリ固まると、
すぐに可動域に影響がでて、頭痛の種となっていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてご利用のYさま(40代男性)は、頭痛で悩まされる
日が多く、首肩がいつもガチガチでどうにもならないとこと。
当然、可動域も狭く、それが以前から当たり前すぎて
特に疑問に感じていなかったそうです。
つまり、本来の可動域を "忘れている" わけです。
可動域を元に戻すことは、睡眠時、仕事中、食事中などの
姿勢をよくすることに直結します。

当日もまさに頭痛の最中でお辛そうでしたので、初回は
全身をほぐしつつ、頭痛に特化したメニューにしました。
時間を割いて、うつぶせ→横向き→仰向けで集中的に
施術していると、途中で「だいぶ楽になりました」と言って
頂けました。そして終了後腰かけていただいたとき、首が
かなり自由に広く動かせることに、とても感動して頂けました。
当院での肩や首のコリ、頭痛の方の施術後アルアルです。
また、奥様に「顔色が前よりよくなったんじゃない?」と
言われたそうです。頭への血流が改善した証拠ですね。
最近は頭痛に特化する必要のないメニューで、全身や
自律神経のメンテナンスのためご利用いただいております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭痛に特化した施術はほかに、下半身の血流を意識したもの、
自律神経を意識したもの、今回のような首や後頭部の筋肉に
集中したものなどあり、その方に適したチョイスが大切です。
頭痛にお困りの方はぜひ一度お試しください。



頭痛のストレスの大きさ

頭痛でお困りの方もよく来院されます。

頭痛が日常的になっている方が、毎日、頭痛が起きてしまう前に
薬で予防する、なんていう方も珍しくありません。頭痛は、緊張性頭痛や
片頭痛など分けられますが今回はそういうお話ではありません。

頭痛によるストレスです。

頭痛のストレスは深刻です。例えば
「足の指が朝から痛い場合」 と
「頭痛が朝からする場合」 では、実際、足先が痛い方には
失礼な話かもしれません(あくまでも一般的な例えです)が、
後者の方が精神的なストレスは大きいです。

それは、単純な理由です。

「脳に近いから。」


当たり前ですが、人間は脳であれこれ考え、決断し、行動しています。
仕事はもちろん、家事も同じですよね。その脳を覆っている部分が痛いのですから、
その時点で思考は止まってしまうはずです。

考え事ができない、集中力の欠落、潤滑なコミュニケーションが取れないので
仕事はうまくいきませんし、それ自体もストレスという「二重ストレス」

にもなりがちです。すると最終的に、薬を予防で服用する行為も、あながち
否定もできません。

ただ、このような鎮痛剤は、胃や十二指腸の粘膜を痛めやすい
のは理解した上で、付き合わないといけません。

また、頭痛による精神的ストレスが大きいということは、
交感神経を強く刺激し続けてしまうので、末梢血管は収縮し続け、
筋肉の血流は悪化します。他にも、胃腸機能の低下、睡眠の質の低下など、
自律神経のバランスが崩れやすくなります。

また、頭痛で慢性的にお困りの方は、
筋肉のコリや痛み→頭痛の元→頭痛→ストレス→コリや痛み→
のような、「頭痛の悪循環」も心配です。

他にも「慢性腰痛はウツになりやすい」というような話もありますが、
頭痛のストレスの方が、心、気持ち(脳)への影響力は大きい
のではないでしょうか。

緊張性頭痛も片頭痛も根本は、筋肉の血流の悪化から来るので、
様々な形でよく温めて、血流を良くすることが大事です。

お風呂入る、熟睡する、運動する、どれもです。
もちろん、筋肉をほぐすのも一番の目的はそこですから。

秋から冬、などの季節の変わり目の体調管理には
十分お気を付けくださいね。



後頭部から来る頭痛(2)

ご自宅でできる、頭痛の改善や予防方法です。
どなたでも簡単にできますので、ぜひお試しください。

・頭痛持ちの方(特に緊張性頭痛の方)
・頭痛はないけど、首が痛くなったりコリやすい方
・目が疲れやすい方


~やり方~

場所は、お風呂の湯舟の中でやります。
あらかじめ、熱めのお湯(43~45℃)を、桶に多めにためておき、
そこにタオルをロール状にくるくる丸めた状態で浸します。
緩く丸めるのがコツ。そのタオルは絞らずにビショビショのまま使います。

blgg52.jpg

湯舟のへりのカーブに後頭部を乗せ、顔は斜め上を向くようにします。
首の自然なカーブを作り、後頭下筋群や首の筋肉の緊張を緩める姿勢です。

そして、髪の生え際(後頭部)の下に、熱々のタオルを敷いて
目をつむって温かく感じなくなるまでリラックスします。
(一応、低温火傷にはお気を付けくださいね)

また、お湯につけて、これを何度も繰り返します。美容室でよくやる
シャンプー後の後頭部の蒸しタオル、まさにあれが理想的です。
ご自宅で蒸しタオルは、絞ってレンジで1分チンすればいいですが、
何度もやるのは面倒なので、お風呂で何度も繰り返しの方がいいでしょう。


また、補足ですが、後頭部(頸椎2番)は、背骨から視神経がでているところです。
「目の疲れ→後頭部の疲れ」「後頭部の疲れ→目の疲れ」です。

入浴の際、後頭部だけではなく、目の上にも何度もタオルを置いて
目の周りの毛細血管の血流を回復してあげてください。

お風呂上りには、目も首も頭も少し楽になっているといいですね。



後頭部からくる頭痛(1)

頭痛で困っている方はとても多いですし、当院に来院される方々も例外ではありません。
そして、後頭部筋肉が原因で起きる頭痛の感じ方は、こんなにたくさんあります。

・後頭部のあたりの痛みや重さ
・こめかみや側頭部の痛み
・頭をつきぬけるような痛み
・目の奥の痛み
・頭全体の痛み(どこか特定しにくい感覚)


現在、頭痛にちょくちょく悩まされていたり、以前経験された方には、
思い当たる節があるかと思います。
原因の筋肉はここになります。


blgg51.jpg

「後頭下筋群」(こうとうかきんぐん) です。

頭と首の骨をつなぐ筋肉ですが、後頭部~頸椎2番の間はたった2~3センチしか
ありません。こんなに狭い部分を複数の小さな筋肉が支えており

総称して「群」と呼びます。他の筋肉も入れると、8種類の筋肉が後頭部を支え、
後頭下筋群はその一番深部 にあります。

頭を後ろに反らす(伸展)、左右に向ける(回旋)、左右に傾ける(側屈)  
という動作を、頭の位置を決めるために微調整を行っている筋肉で、
常にこの筋肉は働いています。特にデスクワークなどで
「じっと下向き気味(屈曲)姿勢」 で緊張しやすい代表的な筋肉です。

この筋肉が血流悪くなり、緊張し硬くなると、後頭部の重さだけで済む場合
もありますが、さらにそこにストレスをかけ続けて悪化させてしまうと、
一番上に挙げたような、いろいろと不快な症状を起こします。


小さな筋肉が層になっていたり、髪の生え際でカーブとなっている特殊な部位
ですので、施術する際も、かなり細かく丁寧にほぐすことを意識しており、
またそれが不可欠になります。

ほぐす位置や角度が1~2ミリずれるだけでも、受けている方の感じ方は
もちろん、効き方もまるで違いますが、後頭下筋群に関しては、
特にそれが当てはまります。

次回はご自宅でできる 「後頭部の簡単温めケアー」 についてです。



頭痛タイプ別対処法 ~薬と付き合い方~

「薬を飲まないと、仕事にならない。」「家事が手につかない。」
「飲まないと、もっと痛くなるし、吐気やめまいにもなる。」

頭痛薬を常備薬にされている方々のご意見です。頭痛薬は
「切り札」 として服用するのは良い付き合い方 だと思いますが、
「予防的」 に飲んだりするのはあまりお勧めできません
もちろん、いけない事と理解しつつ「仕方ないから」という理由でしょうが。

10代の女性で頭痛が毎日起きるので、毎朝必ず薬を服用している方が来られました。
  「これからそれを永く続けた場合の体にかかる負担」
  「頭痛は原因さえきちんと取り除けば、予防できるもの」 

を一緒に来院されたお母様にもお話しご理解いただきました。
頭痛が起きやすい原因をご説明し、お身体の環境を改善し、姿勢の改善、ストレッチ指導
をさせていただいた結果、頭痛薬に頼らずに済むようになりました。

頭痛は私も経験ありますが、ひどい頭痛になると何もできなくなります。
それが頻度高く起きるということは、精神的なストレスが大きく、
それは例外なく自律神経のバランスにも影響します。

石川啄木が著書の中で、こう書いています。
「日頃の頭痛が却々はげしうて詩心索然(文章を作りたいという気持ちが失われる)・・・」
日本を代表する詩人ですらこうですから、頭痛とはそれくらい精神的ダメージが大きいものです。

頭痛の頻度が高くなってきたり、慢性頭痛に悩まされたり、頭痛によって
何か影響受けてしまっている方は、一度ご相談いただくのも良いかもしれません。




頭痛タイプ別対処法 ~偏頭痛~

今回は偏頭痛です。

脳にある血管がゆるんで膨張するのが原因で、
脈と同じように(拍動性)、心臓の鼓動に合わせ、痛みが起きます。

特徴は下記のとおりです。


・ズキンズキンと痛む
・こめかみ、目の奥あたりが痛む
・休日に痛みになることが多い
・片側、両側どちらもある
・お風呂に入ったり、お酒を飲むと悪化する


間は、忙しさやストレスから解放されリラックスすると
「心身のストレスにより収縮してた血管」 が一気にゆるんで拡張します。

これは自律神経の働きによる日常茶飯事の仕組みであって
もちろん、誰でもリラックスすれば、血管はひろがるものです。

ですが、日頃心身のストレスをためこんでいる方、たまたま嫌な
出来事(怒ったり怒られたり悲しかったりなど) があった方は、
緊張状態から一気に緩む時間帯に起きやすい傾向があります。

「夜お風呂入った後から痛い」
「週末の朝、目覚めたら痛かった」  などです。
週末になると起きやすいので、別名 「休日性頭痛」 とも言われています。

緊張性頭痛はとにかく温めるのが基本でした。(前回記事参照)
では、血液の流れが良くなると頭痛になるならどうしたら良いか?  

答えは、首から上の血流が良くなりすぎているので、首~肩周り以外の
筋肉の血流を良くするようにほぐすことです。下肢の血行を良くするだけで
痛みが消える場合もあります。ただ、元々は筋肉が疲労し
緊張性しているのがベースですから、緊張性頭痛と同じように

・首~肩の深部のほぐし&首の骨の柔軟性UP
・ピンポイントでのトリガーポイント(筋肉の硬結)のほぐし
・全身ほぐしで副交感神経UP

が必要です。ご自宅での対処法  は次のことを試してみてください。

1.足湯や半身浴をする。
2.こめかみなどズキズキ痛む部分を冷やす。濡れタオルを冷凍庫に数分入れ
  それを何回か繰り返し痛い部位にあて冷やす。保冷剤は凍傷になる恐れがあるので直接
  あてずに、使用する場合は濡れタオルでくるんで行ってください。




頭痛タイプ別対処法 ~緊張性頭痛~

一口に頭痛と言っても原因はさまざま。
当院が主に施術対象としている頻度の非常に高
「緊張性頭痛
と偏頭痛」の2種類についてにいたします。

今回は緊張性頭痛です。

頭痛の7~8割を占める緊張性頭痛
首や肩のコリがひどくなり筋肉内に老廃物がたまり、痛みの神経が刺激されて
起きるものです。めまい、目の疲れ、顎の歪み、頸椎の歪み(ストレートなど)
心身のストレスなどがさらに、悪循環を呼び、頭痛が起きやすい環境を作り出してしまいます。
よくある症状では下記のようなものが多いです。

・ジワーッ、キュー、ズーンとした痛み
・締め付けられるような痛み
・頭が重い(頭重感)
・場所は、後頭部、側頭部、頭頂部、左右両側、片側さまざま


首~肩中心の筋肉をほぐすのはもちろん必須です。
慢性的に頭痛が起きやすい方は、決まって首と肩の間の深部の筋肉まで
ガチガチに硬く緊張しています。それが首の骨の弾力性を少なくしています
ので、深部までしっかりほぐし、筋肉も背骨も緩めることが必要です。


そして細かいピンポイントほぐしも大切です。
頭痛が起きる部位、響き方により、アプローチの仕方も微妙に変えています。
このポイント(角度、強さも)が少しでもずれると、いくら長くほぐしても効果は半減します。

また、血液は全身でめぐっています。首~肩だけほぐしても、消える場合がありますが、
あくまでも首~肩と言っても全身の筋肉や骨格の中で役割を担っていますので、
首~肩~背中の深部を中心に全身をほぐすことが、一番の改善法と予防法になるのです。

直接的な原因筋は、まちまちなので、ご自宅での対処法を全部お伝えできませんが

「緊張性頭痛」=「筋肉の血流の悪化」
 


ですので、お風呂でしっかり温まる。美容室のような蒸しタオルでの首枕もいいです。
あと、脳も身体もリラックスする時間を必ず作り末梢血管の働きをよくさせる。
などが、漠然としてますが、効果あるので試してみてください。



寝違えと頭痛の改善法~その2

右首の寝違え、頭痛    の原因が

・首や肩の筋肉が慢性的に緊張して硬くなっている
・顎の筋疲労と左右の顎の筋力の偏り(顎関節の歪み)
・自律神経の乱れ

と分かりました。施術後は、顎も開けやすく、寝違えの痛みも2割に
減少(翌朝ゼロになってたそうです)していました。

強い痛みと筋緊張は、ある意味、脳がその部分を防御しているようなものなので、
「脳が全身の筋肉に、リラックスする命令信号を送らせる施術」 
が何より必要です。これは自律神経用のほぐしにも大切。

また、痛いものは痛いわけですから、いきなり首や肩はほぐせません。
ただ、炎症が起きているわけでもなく、
大元は「血行不良からくる筋肉疲労
ですので、最終的には基本的には患者さまが不快にならないように
慎重にほぐし緩めていきます。

咬筋や側頭筋など顎に関係する筋肉をほぐして緩めるのも、口を開けやすくなります。
こんなところにも筋肉のトリガーポイント(筋肉のコリ)はあるものです。
引っ張られた下顎骨を元の位置に戻してあげます。

テレビに出ている芸能人を見て、いつも目についてしまいますが、
左右のかみ合わせが悪く、口角が片方上がっている 方が非常に多いです。
最近は画面が大きいのでよく見えてしまいますね。

皆さまのお話を聞くと、普段どちらを中心で噛んでいるか、意識していない方が
多いようですので、一度ご自身の習慣をチェックして左右均等にしてみましょう。

ちなみに頭痛は、「偏頭痛」よりも「緊張性頭痛」の方が多いですが、
それぞれ対処方も変わります。次回以降に載せます。



寝違えと頭痛の改善法<その1>

右首の寝違え、頭痛  を訴える女性が来院されました。

この方は慢性肩こりで、先月も寝違えをされたそうです。
頭痛は右こめかみ付近にあり、首~肩は右に向くとき、一番痛みを感じています。

一見 「首や肩の筋肉が慢性的に緊張して硬くなっている」 のが原因と
落ち着きそうですが、実はそれだけではありませんでした。

主な原因>

・顎の筋疲労と左右の顎の筋肉の偏り(顎関節の歪み)
・自律神経の乱れ


少し細かくお聞きしたところ、顎の不調も発見!
いつも右側で食事するくせがあり、右の咬筋(ほっぺにある噛むための筋肉)が
左より発達し、右の口角が明らかに上がってて、顎がずれていたのです。
1週間ほど前から、口が開けにくく、朝起きると顎に違和感があったそうです。

また、性格上、緊張しやすい性格 のため、食事も何もしていないのに
歯をかみしめている状態が 長く続き、首や肩の筋肉が過緊張して
血流が悪くなっていました。ちなみに、こめかみ(側頭筋)も顎に
関わる筋肉で、かなり硬くなっていました。

さらに、仕事の緊張とストレスから、睡眠時も自律神経が切り替わらず、交感神経が
優位に立ち、 副交感神経が働きにくくなっている状態

人間の体は、副交感神経が働くと、様々な変化がおきますが、その一つに
「抹消血管の拡張」といって、体の隅々まで行き届いている細い血管が拡がり、
全身の血流がよくなります。施術後や睡眠前、手足がポカポカしてくることが
ありますが、そのせいです。

慢性的に肩こりが強い方で自律神経の乱れがある方
は、
寝ているときにも筋肉が緊張しやすいので、たまたま変な姿勢で寝たり
深酒して寝返り打たなかったりすると、寝違いになりやすいのです。

<その2>に続く。



ストレート頸椎

背骨のS字カーブはとても大切ですが、首の背骨は前わんといい、少し前方カーブを描いています。
この前わんカーブは、首や肩の筋肉が慢性的にこったり硬くなると、その筋肉に引っ張られ、
徐々に自然なカーブが失われ、まっすぐになります。これを「ストレート頚椎」と呼びます。

ストレート頸椎の方は、高めの枕が好きだったり、座布団を折ってひいたりして
寝ているときに顎を引いたような(うなずいている状態)スタイルが多くなります。

頭痛持ちの方が来られると、その多くがこのストレート頚椎です。歪みの一種です。
首の後ろ側に付いている首や肩の筋肉はこのストレートの状態になると 引き伸ばされた状態となり、筋肉に酸素が届きにくくなり老廃物がたまり硬くなります。
また、デスクワークなどでそれは悪化し、(筋肉の)緊張性頭痛に発展し、

『コリ、痛み、重い』 ⇔ 『頭痛、吐き気』 

の悪循環となります。時には酷くなると(血管性の)偏頭痛にもなります。

・枕をいくら変えてもしっくり来ない
・朝起きたとき、首が固まってる気がする
・歩いているとき、なぜか地面を見てしまう
・二重顎になりやすい
・首~肩がこっているのが当たり前である


こんな方はストレート頚椎の可能性高いかも・・・。
首~肩~背中の必要な筋肉をしっかりほぐしてあげることで、キレイなカーブが蘇えります。
いずれにせよ、ストレート(まっすぐな背骨)は一見スタイルも姿勢も良さそうに聞こえますが、
実はかっこ悪い体型になりやすいので、ご注意を。





1

« 四十肩・五十肩 | メインページ

このページのトップへ