当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告 > 首~肩こりの最近のブログ記事

整体 レイキ 症例成果報告 首~肩こりの最近のブログ記事

朝起きたときアチコチ痛い

先日、初めてご利用された70代の
女性(Mさま)のご相談内容です。

全身疲れているけども、特に首や肩がひどい。
朝起きたとき体のアチコチが痛い。
夜中に2~3度目が覚める。
整体やマッサージは色々よく行く方だが
朝の痛みはあまり変わらない。

ポイントは、目覚めと同時に感じる不調です。
朝アチコチ痛みを感じるということ = 就寝中も脳は
痛みの信号を受け取っていること。痛みの信号は
交感神経を強く刺激します。寝ているときは、
副交感神経だけが働き、交感神経はお休みしています。

すると、もうお分かりだと思いますが、痛みの刺激で
副交感神経の働きが鈍くなり睡眠の質が大きく低下
しています。当然、朝起きたときも、スッキリしません。

人が行動を起こすときのボーダーラインがあります。
痛みの信号が強すぎると、交感神経が逆転し、痛くて
目が覚めますが、多くの方がここで初めて行動を起こします。
「痛くて眠れないからなんとかしなきゃ」ラインですね。

17073fdf1da9d0987a6cca453561812a_s.jpg

2回目来院されたときこんな話をして下さいました。

先日ここ来た後、ほんと良く眠れて。
22時から7時くらいまで1回も目が覚めずに
ぐっすり眠れたのがとても気持ちよくって。
5日間くらいは続きました。

もちろん、それだけよく眠れたということは、朝の不調も
数日間は全然なかったそうです。正直1回目のとき、
首や肩の張りがかなり強くて、これまで施術されてきた
方が、どんな内容でされていたのか分からなかったので、
首や肩のあたりは慎重に丁寧にほぐしを進めてました。

1回目の施術後
「いつもそこグッと押して欲しいってところ
やってくれなかったんですけど、全部ちゃんと
しっかりしてくれるので、気持ちよかったです」

とお褒めくださいました。ありがたいことです。
ちなみに「痛み」のあるなしは白黒ハッキリしているので
自分がそうか否か分かりますが、「疲れ」の場合は
慢性化しすぎて自覚していない方 もおられます。
これも自律神経が乱れ、睡眠の質の低下に
直結しますので、自律神経の乱れによる不調に
早めに気づかれ、対処されることをオススメいたします。



うがいが苦手(首の可動域が狭い)

首や肩のコリがある方のほぼすべての方が
首の可動域がいつの間にか悪くなっています。
いつの間にかそうなっているので、可動域が本来より
狭いことに気づかず、狭いことが"普通の状態"として
過ごしている方もかなり多く見受けられます。

<首の可動範囲>
屈曲(前に倒す)・・・60度
伸展(後ろに倒す)・・・50度
側屈(左右に倒す)・・・50度
回旋(左右に回す)・・・60度 

d81f6ce18b073b9fcfd264790ea48f64_s.jpg

首をぐるぐる回す運動は、この4つを組合わせたものです。
そして、多くの方が後ろに倒す「伸展」が苦手に
なります。
いわゆる うがいをする姿勢 です。
料理やデスクワークや読書や勉強など、人は顔を下に
向けて行うものがほとんどのため、筋肉がこり固まり、
うがい運動が苦手になります。例え出来ていても、軽く
スムーズではなく「きついけど一応できる」方が多いのです。
頸椎がストレートの方もそうなりやすいです。

寝違えている方は、首を動かすと強い痛みが
あるので、施術のビフォーアフターで可動域が
ちゃんと戻ったかチェックしていただきます。

コリがひどくて、可動域が狭くなっている方は
わざわざ施術前にチェックすることは少ないです。
というのは、痛みやコリを根本から取りのぞくという
ことは、可動域も自然に回復しており、施術後、
ほとんどの方が、それに自然に気づかれる
からです。

先日初めて来院されたMさま(30代男性)。
デスクワークが多く、家や通勤ではスマートフォンを
見ていることも多いせいか、慢性的に首や肩が
ガチガチでつらいということでした。背中の疲労も強いため
猫背となり、余計首や肩に負担がかかっているようでした。
リラク系マッサージには時折寄るそうですが、最近は
その効果に疑問を感じ、奥様のご紹介で来院されました。

首や肩の関連筋肉はもちろん、姿勢に関わる筋肉
を中心にしっかりほぐして、施術後「いかがですか?」
と伺ってみると、首を色々動かしながら
「うわーおーすごいな。こんなに首って動くんですね」
と驚かれていました。そのギャップが大きければ
大きいほど、コリがひどい証拠でもあるのですが、
とても楽になって喜んでくださいました。

一方、ご自身で可動域が広くなったことをお気づきに
ならない方には、そのことをお伝えし、実感いただいて
おります。風邪予防には、日々のうがいが大切ですが
首の可動域をしっかり復活させることは、ある意味、
風邪の予防に必要不可欠?! と思うのでした。



首こりはキッチリほぐす!

「マッサージは好きでよく行くんですけど、
 最近疲れがひどく全然楽にならない」


と首や肩の張りを訴えて、3週間ほど前に初めて
来院されたNさま(30代女性会社員)。よくいただく
ケースです。前回は1週間前に受けたそうです。

楽にならないのは何かしら原因があるはずです。
根本原因がきちんととらえられていない?
とらえられていても、ほぐしの圧が不適切?
施術中の皆さまの反応でだいたい分かるのですが、
一応念のため、お聞きすることがあります。

「この辺、ほぐされたことございますか?」

すると、ほとんどの方がこうお答えされます。

「そこは初めてです」 「なんですかそれ!」
「なんでそんな所、こってるんですか?」
「前からそこやって欲しかったんですよ」


sh08.jpg

体のどこでもあることですが、一番多いのは首です。
首は神経や血管が集まっており、施術も慎重になりがちな
反面、無難な施術に収まってしまったのかもしれませんが
しっかりほぐしてあげると、効果も高いところなのです。

Nさまの場合、お仕事の忙しさが原因で首や肩の疲れ
が抜けきらなく、マッサージには我慢できないと行かれ
てたのですが、ここ数回は全然楽にならないので、
他のところを探している中、当院に来院されました。

実際、全身の筋肉も疲れていて、首や肩はガチガチ
でした。特に首の側面や前面の張りがすごいので、
一番よくほぐれるイタ気持ちいい圧を狙い、ほぐして
みるとやはり「そこは初めて」 とのこと。
施術後は、首が軽くなり動かしやすくなったそうで、
「すっごい楽です!」ととても喜んでくださいました。

首のこりは頭痛やめまいや吐き気につながりします。
首の横や前には、「胸鎖乳突筋や斜角筋」などがあり
ますが、ここにつらさの原因がある場合、他の部分を
いくら長くほぐしても楽にならないですし、逆に5分
でもちゃんとほぐせば、ぐっと楽になるところ
です。
前者の下には迷走神経が走り、副交感神経と深い関係が
ありますし、後者は手への神経や血流やリンパの流れと
深く関係があり、どちらも大事な筋肉なのです。

当院では、施術のビフォーアフターで結果も満足度も
100%の施術をつねに目指しています。
首がつらいままの方はぜひ一度お試しください。



腕を組むと肩がこる

肩こりの大きな原因の一つとしてある「猫背」

背骨が歪んでいたり、肩が内側に巻き込んでいたり
(内旋肩)、姿勢を維持する筋肉が疲労して、良い姿勢
をキープできなかったり・・・など。

それにさらに「腕を組むくせがある」と、余計肩こりは
ひどく慢性的になる傾向にあります。

deji909.jpg

2月に初めて来院されたSさま(20代女性/会社員)は、
この腕組みくせが強い傾向にありました。肩の内旋も
特に右側が強く猫背の自覚もあり、家族にもよく指摘
されていました。

お仕事も外出や出張等が少なく、基本社内でのデスク
ワーク。昼休みや通勤で座れる時は腕組みしている
ことが多いとのこと。

腕を組む動作が長いと、背中が丸くなり背筋がずっと
伸ばされてしまうので、その時間が長くなると背中の
血流が悪くなりコリ固まってしまいます。

さらに、この姿勢は猫背をより強調した姿勢なので、
頭を体より前でどうしても支えてしまい、首や肩の
筋肉の疲労も早く強くなります。


腕を組みたくなるのは、肩がこっていて腕の重さを
支えるのがきつく、組むと楽という理由もありますし、
腕を組む動作は心理的に、何かの防御態勢にあるとき
というケースもあるので、その話もご参考までに少し
させて頂きました。

〇背中~肩~首の深部までコリ固まってガチガチに
 緊張していたので、まずは全て丁寧にほぐす

〇肩の内旋をストレッチやほぐしで改善し、腕を組ま
 なくても楽に良い姿勢がキープできるようにする

〇またどうしても組みたいときは、がっつり深く組む
 のではなく、緩めに組むようにする

〇昼休みや電車内、家で寝るときなど、デスクワーク
 で常に手の甲が上に向いていて、肩の内旋を助長
 しているので、手のひらを上にしてリラックスする


このような内容を中心とした施術を数回行い、併せて
生活習慣の修正をアドバイスさせていただいたところ、
Sさまは、以前のような頭痛や吐き気などがほとんど
起きなくなり、肩こりもぐっと楽になりました。

なかなか施術を受けられない方も、姿勢改善から
ぜひトライしてみてください。



やる気や集中力、弱っていませんか?

女性の方々に圧倒的に多い肩こりの悩み。
「肩がこっていない状態がどんなだか分からない」

なんて方も少なくありません。もちろん肩こりに限らず、
頭痛、首の痛み、背中の痛み、腰痛、手のしびれ、などなど
お困りレベルが高ければ高いほど、生活への支障をきたします。

ただ、お仕事や家事などの最中、肩などの不快感が
あっても、やる気や集中力がそれに勝れば、気になら
ないので、誤魔化しもききます。

集中力ややる気をそがれるレベルに達すると、
それはかなり苦痛であり、その分ストレスも大きくなります。

趣味ならば、しばらく休むこともできますが、趣味を休んで
しまうのも、心のゆとりや日々の楽しみがなくなる ので
長期に渡るのは、皆さまとのお話の中で、あまり良くない
ことだと感じています。

仕事や家事は、なかなか休むこともできないのが、つらい
ところだと思います。でも、お休みするわけにはいかず、
自分が結局頑張り乗り切るしかないので、つらいところ
なんだと思います。

そういう方は、休日、一日休んでいても沢山寝ても、
出勤の日の朝、あまり変わってないのではないでしょうか。

そんな状態で頑張っても、能力でこなしなんとか補うことは
できるのでしょうけど、頭は意欲的だけど体がついて
いかない、体がきつくて頭が働かない、など仕事や
家事の作業効率は間違いなく下がってしまいます。


鎮痛剤や湿布薬などに "切り札" として頼るのは致し方
ないのでしょうが、予防のために服用したり、常時服用
するのは、それも体に負担をかけるだけです。
「そんなのは分かってるよ!」 と理解しつつも、つい
手が伸びてしまう方も結構多いのではないでしょうか。

踏ん張りがきかなくなる。  その前に。  です。

当院では、肩こりや頭痛がなくなった、楽になった、
可動域が広がったという、表面的なことももちろん大切に
しておりますが、今回お話させていただいたようなことを
より大切なことと意識して、施術にあたらせて頂いております。



肩が背中が腕が!新米ママの苦悩

赤ちゃんの子育て奮闘中のお母さん、いつもいつも大変だと思います。

そんな新米ママさんの、疲れの溜まりやすい箇所は決まっています。
左右均等にだっこするのは理想ですが、そうも言ってられないので
どうしてもやりやすい方で落ち着くようです。

左でだっこする習慣があるママは、左側の腕~肩~背中を中心に持続的に
ストレスがかかります。もちろん、腰やお尻や足も頑張らないといけないので
大変なのですが、特に疲れやすい部位は、オレンジの枠内でしょうか。

blog0002.JPG

だんだん重くなる赤ちゃんをだっこするには、より多くの筋肉を
使わなければならなく、過緊張した筋肉は背骨や肩や肩甲骨の
歪みを引き起こします。


それはさらなる筋疲労を呼び、そんな方々を拝見させていただく度に、

お体は へろへろで疲労困憊 状態、
「こんなになるまで溜め込んでいらして、頑張ってらっしゃるなー」

とつくづく感じます。寝不足もそれに輪をかけてしまってるんでしょうね。

僧帽筋、肩甲挙筋、大円筋、小円筋、広背筋、上腕二頭筋、大胸筋・・・・
結果、重度の首や肩のこり、肩甲骨からワキの重苦しさ、腕などの痛み、
さらに多いのが手のしびれ、むくみなどの症状です。

入浴も睡眠もゆっくりできない環境にあるため、疲れも取れず、
自律神経のバランスまで乱れかねません。

こういう方は、もちろん運動は逆効果
運動は筋疲労や骨格の歪みがあまりない方がやると、
相乗効果が高いですが、悪い状態の方がするとより悪化することが多いです。
そういう場合、当院では回復するまで、ジムで筋トレなどの過度な運動は
控えていただくようお話させて頂くこともあります。

上半身の筋肉が深部までコリ固まっていて、それに伴い関節の動きも悪くなって
いるので、まずは全身しっかりほぐして、まずは一度 体をニュートラルの状態にする
のがとても大切です。その上でストレッチなどを少しトライしてみるのが良いのでは
ないでしょうか。



猫背と肩の内旋(2)

述べた主要筋肉を中心にほぐしていくと、
良い姿勢を頑張って意識しなくても、
ちゃんと肩が開き、かっこいい状態になります。


それは鏡で横向き姿をご覧になってもすぐわかりますし
呼吸も楽に深くできるのもすぐ分かります。

20代女性のMさん。お体の歪みを気にされて、以前、来院されました。
「骨盤のゆがみ、猫背、肩こりをなおしたい」 とのこと。
肩こりはたまにマッサージしてもらってたようですが、歪みを人に
指摘されるようになり、気にされて整体を探して、当院にお電話いただきました。

しかし、背骨のS字カーブを拝見すると、特にカーブが強いわけでもない・・・。
背骨だけ見れば、猫背とは言えない正常な状態でした。
でも、 「人によく言われるので、猫背をどうにかしたい」 とのこと。

実はこんなパターンの方結構多いんです。「背骨は問題ないのに猫背の人?」

猫背に見える原因は、やはり肩の内側への巻き込みが強いからでした。
背中などの筋肉の疲労が強く、良い姿勢が維持できないのも原因でした。
もちろん、背骨もカーブが強く、肩も内旋してしまっている方は
より猫背がひどく見えてしまうのですが・・・・。

施術後に姿見で確認していただくこともありますが、ほとんどの方が、
それをしなくても、座られた時点で 「あ!ほんとだ違う!」 とご自身の
姿勢が変わったことに気が付かれます。
姿勢がよくなり、頭が背中に自然に乗るので、当然肩もこりにくくなります。

もちろん、「筋力量」と「筋肉の柔軟性」どちらも大切ですので、
歩き方や姿勢のコツなどをレクチャーさせていただきます。

ちなみにこの女性は、お話を伺うと、よく腕組みをする方でした。
猫背の人に多いのですが、腕組みは肩の内旋を悪化させ、肩甲骨の内側の
筋肉がより疲れやすくなり、「猫背を余計猫背にしてしまう」
ので、
10分以上続けるのは気を付けましょう。

ちなみに・・・

「良い姿勢をしましょう」 は、どこでも誰にでも言われることですが、
ずっと良い姿勢でいることなんて、不可能です。
次回の整体講座は「姿勢のコツ」を。


猫背と肩の内旋(1)

悪い姿勢で代表的なのが 「猫背」 です。
猫背は損ばかりで、何も得することがありません。なぜって

・見た目がかっこ悪い(自信なさそうに見える)
・あちこちの筋肉がこりやすい
・老けてみえる
・肺活量が減り、疲れやすく代謝も悪い


そして、「猫背の改善方法」は以前述べましたが・・・
http://www.nemunoki-seitai.com/lecture/2012/05/entry_632/
今回はここに注目しました。

「猫背が余計猫背に見えてしまう人」
「もともと猫背ではないのに、猫背に見えてしまう人」


それは「肩が内旋している人」です。
「肩が前側に入っている」「肩が巻き込んでいる」とも言いますね。

肩が開いて、肩甲骨が背中の中心に近づいて、胸が張って、
頭が背中にまっすぐ乗っているのが正しい状態。

bblg023.jpg

自信もありそうだし、歩いていても颯爽(さっそう)としていて、
体も疲れにくいく、肺活量も増え、周りから見ても気持ちいい人です。

bblg024.jpg

この絵は少し分かりにくいし、ちょっと大げさですが、肩が内旋している人は、
猫背をひどくさせたり、もともと猫背ではないのに、猫背に見えてしまいます。
わざと肩を前にしてみると、すぐお分かりになると思います。

肩が内側に入っている状態は、
上腕骨(肘より上の腕の骨)が、硬く緊張した筋肉に引っ張られて
いる状態です。上腕骨を内側に作用させる筋肉(大胸筋をはじめ、
肩甲下筋、大円筋、烏口腕筋など)の緊張をゆるめることが大切です。




首や肩が痛くならない寝方(2)

人間は普通にまっすぐ立っているとき、
当たり前ですが、おへそ、両肩、顔が正面向いています。
これを寝るときにも、基本行えばいいのです。

①寝ている時も立っているときと同じようにまっすぐ向くようにする。


デスクワークで集中しているときって、どうしても顔をうつむき気味にしてしまいがち。
これは言うまでもなく、首~肩こりの原因の一つです。

寝るときも、枕を高めにしたり、頭頂部に近い方に枕をセッティングすると、
顔がうつむき気味に寝てしまい、デスクワーク中と似たような姿勢になります。

結果、朝から首~肩こりのコリや痛みでスタートとなってしまいます。

横向きも同じです。
右向きで寝る(左を下で寝る)なら、おへそも右向き、両肩も右向き、
顔も右向きになるべくするのが理想です。顔だけが変にねじれていたり、
枕が高すぎて頭が左に傾いていれば、それは首や肩の筋肉に緊張を強いる
ことになります。


立っているときと同じ姿勢が基本です。
そして、これに一つ条件をつけるとよりパーフェクトです。

②「敷布団、枕」と「自分の体」との間に隙間を作らないことです。


枕は、敷布団の上に乗っていますよね。
もちろんその上に寝ますが、仰向けでも横向けでも、首や肩の間に
隙間ができやすくなります。隙間ができた部分の筋肉は重力により
無意識に力が入る
ので、筋肉が緊張したまま、寝ることになってしまいます。

【仰向けの場合】
基本姿勢①を意識し、頭というよりやや首~後頭部を支えるように枕を合わせます

【横向きの場合】

体の構造上、より隙間ができやすいので、掛布団や枕をちょうど
隙間に忍び込ませるようにセットします。

横向きで「隙間を作るパターン」と「隙間を作らないパターン」を
比較すると、後者が楽ちんなのがよくわかります。

blgg24.gif

肩こりや頭痛が起きやすくなっている方は、頸椎の自然なカーブがなくなってしまう
ストレートネックという歪みや、ねじれ歪み、傾き歪みを複合していることが多いです。

首の周りには沢山の筋肉があり、それらのコリがひどいと、頸椎の骨を
引っ張り歪みます。いつも首~肩の緊張が強く、さらに歪んでいれば
どんな枕でも寝心地が悪いはずです。

色々体勢変えても落ち着かなく寝つきが悪いとか・・・。

理想は、首~肩~背中の筋肉を深部までほぐして、頸椎の柔軟性を取り戻した上で
良い姿勢で寝る習慣をつけることが望ましいですが、今回の寝方のコツ
を実践されるだけでも、十分違いを感じられることと思います。ぜひお試しください。




首や肩が痛くならない寝方(1)

「枕はどういうの選べばいいんですか?」
「色々買ってもなかなか合わない気がする。」

そういうご相談を受けることがあります。

・布団に入っても、首や肩がなかなか落ち着かなく気になる
・朝起きると、首や肩がこる、痛い、頭痛がする
・枕が合わず買い替えが多い


こんなお悩み多いです。
今はオーダーで作ってくれるものもありますし、形も色々あったりします。
定番の低反発は一度くらいは試したことあるがほとんどだと思います。

でも、今の枕って、そんなに悪い枕って無いと私は思っています。
「この枕では必ず肩こりがひどくなる」とか。
何度も枕をは買い改める必要はないのでしょうか。

基本の正しい寝方さえ守れば、寝方で肩こりや頭痛をひどくさせる
ことはないはずなんです。その正しい基本の寝方とは・・・

<朝、肩や首が痛くならない正しい寝方>

【基本的な方法】
・立っているときと同じような姿勢を寝ているときにもキープすること
・敷布団や枕と、首や肩や背中との間に隙間を作らないこと


【仰向けで寝るとき】
・枕は後頭部のでっぱりに合わせる× →後頭部から首までに合わせる〇
・首の自然カーブを作る。顎を強く引いた状態× →顎がやや上がった状態〇

【横向きで寝るとき】
・肩と頭の間にできる隙間に、枕や掛布団の端を挟んだりする
・起きているときと同じ、体に対し顔が正面向いているかチェックする
・上下に向かない、左右にねじらない、左右に傾けない

【うつぶせで寝る時】
一時期、「うつぶせ寝がいい」と一部言われたことがありましたが、
あまりいいとは言えません。首を完全に捻じって完全固定された状態は
筋緊張が強まり、首から脳への血流の流れに悪影響します。


詳細は次回にて。
ただし、物事には優先順位があります。

1番は、しっかり熟睡できること。寝る姿勢は2番目です。
両方揃ったらもちろん文句なしですね。




12

« 顎関節 | メインページ | 骨格の歪み »

このページのトップへ