当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告 > 自律神経 > 胃腸の元気の元は自律神経

整体 レイキ 症例成果報告

< 痛みから解放された時  |  一覧へ戻る

胃腸の元気の元は自律神経

コンスタントにご相談いただく内容で
多いのが、胃腸の不調です。
おかげ様でどの方もきちんと結果がでております。

Tさま(40代男性)は2~3年前から胃腸が不調でした。
他にもご相談内容はありましたが、胃腸にかんして
主な症状は下記のとおりです。

・食後、胃が痛くなる
・便秘、下痢を繰り返す
・胃カメラ、大腸カメラなど内科診察では特に異常なし
・食欲はあるが、体が受け付けないジレンマ
・酒をやめざるを得ず、食の楽しみが減った

05e49b72c9d94daf9308e5f5b185802d_s.jpg

ここで大きなポイントは、内科診察で異常がないことです。
以前、何度かこういうお話があったことを思い出しました。

「異常があってくれた方が原因がはっきりして
 気が楽になるのに・・・・何もないとどうしたらいいのか」

何もないのはありがたいことのように思えますが
なんとか体調を回復させたい方は、
そういう発想にならざるを得ないのも理解できる気がします。
こういう方々のほとんどの原因が、自律神経です。
特に胃腸は自律神経とのつながりが強いです。

カメラで至近距離まで接近して、物理的に何もないので
あれば、脳しかありません。物理的にあったとしても
脳なのですが、話が脱線するので、今回はやめておきます。

自律神経が原因であればどうすればいいのか?

シンプルです。心身の不調を整えてあげる、癒してあげれば
自然と結果はでます。整体であれば、まずは肉体面を
悪い状態から正常な状態に近づけてあげることです。

Tさまもその辺は心得ておられ、来院されました。
お身体を拝見したところ、背中や肩を中心に
筋肉のこわばりがひどく、お身体だけ見せていただいても
症状がわかってしまうほどでした。

ポイントをしっかり抑えて、全身をほぐし、胃腸への直接の
「腸もみ」も行ったところ、2回の施術後、3回目に
来院された際、こんなご報告をいただきました。

2~3年不調だったのが、9割よくなりました。

嬉しいご報告です。
初回ご相談いただいた時の不安なご表情とは
全然ちがいます。ですが、これでもう大丈夫!
というわけではありません。

仮によくなっているように見えるだけ

から

本当の回復!

までは、距離があり施術を重ねないといけません。
というのは、2~3年前から自覚症状がでていますが、
その土台はもっと前からできていたわけです。
その土台、抽象的ですが、根本から整えて
自力で回復できる状態にするまでが私の仕事です。
Tさまのようにすぐに反応がでてくれれば、
回復もスムーズにいくとイメージしています。

せっかく回復を実感したのに、元に戻れば
誰だってがっかりします。そうならないように
ご説明し、しっかり自分の本当の体調になるよう
続けていければと思っております。



カテゴリ:

< 痛みから解放された時  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

熟睡への切符

はhhsjh.jpg

最近ご利用くださっているEさま(40代女性)。
最初は膝の痛みがひどく来院されたのですが
膝はすぐに楽になり、大丈夫になりました。

その後お話を伺うと、身体の蓄積した疲労と
ご家庭内の事情で睡眠時間が4~5時間しか
取れないとのことでした。その短い睡眠も浅いとのこと。
睡眠時間が短い上に、睡眠が深くないということは
免疫力、体調、昼間の活力や集中力にも
大きな影響がでてきます。

良い睡眠が慢性的にできていないと

・やる気や気力がでなく毎日しんどく余計疲れる
・表情が重い雰囲気になり印象が悪くなる
・自然な笑顔がでなく、コミュニケーション能力の低下
・集中力がでなく、家事や仕事の能力ダウン
・風邪ひきやすく治りにくく自信をなくしてしまう

これまで、こんな影があった方もおられました。
ご家庭の事情は変えられないので、
「せめて睡眠の質を高めましょう!」
と膝が元気になった後は、トータルケアにシフト変更
したところ、深い睡眠がとれるようになり、
朝の目覚めが全然変わったと喜んで下さいました。

そして、ある休日の朝。たまたまぐっすり
眠れる時間が取れたそうですが、いつもならば
こういうとき7時間くらい寝ると、頭痛がおきて、
冴えない休日のスタートとなってしまう所が

「昼近くまでぐっすり眠れました」

とこれまた嬉しいご報告をいただきました。
ご家族からも「良かったね」と言われたそうです。
体調の良さを自分で感じるだけではなく、
周りから客観的に感じ共感してもらえると、
喜びも増して嬉しいものですよね。
そして、私もお力になれて嬉しいのでした。



朝起きたときアチコチ痛い

先日、初めてご利用された70代の
女性(Mさま)のご相談内容です。

全身疲れているけども、特に首や肩がひどい。
朝起きたとき体のアチコチが痛い。
夜中に2~3度目が覚める。
整体やマッサージは色々よく行く方だが
朝の痛みはあまり変わらない。

ポイントは、目覚めと同時に感じる不調です。
朝アチコチ痛みを感じるということ = 就寝中も脳は
痛みの信号を受け取っていること。痛みの信号は
交感神経を強く刺激します。寝ているときは、
副交感神経だけが働き、交感神経はお休みしています。

すると、もうお分かりだと思いますが、痛みの刺激で
副交感神経の働きが鈍くなり睡眠の質が大きく低下
しています。当然、朝起きたときも、スッキリしません。

人が行動を起こすときのボーダーラインがあります。
痛みの信号が強すぎると、交感神経が逆転し、痛くて
目が覚めますが、多くの方がここで初めて行動を起こします。
「痛くて眠れないからなんとかしなきゃ」ラインですね。

17073fdf1da9d0987a6cca453561812a_s.jpg

2回目来院されたときこんな話をして下さいました。

先日ここ来た後、ほんと良く眠れて。
22時から7時くらいまで1回も目が覚めずに
ぐっすり眠れたのがとても気持ちよくって。
5日間くらいは続きました。

もちろん、それだけよく眠れたということは、朝の不調も
数日間は全然なかったそうです。正直1回目のとき、
首や肩の張りがかなり強くて、これまで施術されてきた
方が、どんな内容でされていたのか分からなかったので、
首や肩のあたりは慎重に丁寧にほぐしを進めてました。

1回目の施術後
「いつもそこグッと押して欲しいってところ
やってくれなかったんですけど、全部ちゃんと
しっかりしてくれるので、気持ちよかったです」

とお褒めくださいました。ありがたいことです。
ちなみに「痛み」のあるなしは白黒ハッキリしているので
自分がそうか否か分かりますが、「疲れ」の場合は
慢性化しすぎて自覚していない方 もおられます。
これも自律神経が乱れ、睡眠の質の低下に
直結しますので、自律神経の乱れによる不調に
早めに気づかれ、対処されることをオススメいたします。



人生初めての昼寝しました

初めて当院をご利用されたKさま(60代女性)。
弟さまからのご紹介でしたが、左の肩こりがひどく
鍼は何度か受けたことあったそうですが、整体や
マッサージなど筋肉をほぐす施術は初めてでした。

1回目は、肩を中心に全体的にほぐすような施術。
ただし、ほぐし整体が初めてですので、やりすぎない
ように、控えめ(やりたいことの50%)にしました。
2回目来院された際、こんなお話をいただきました。

先日、(朝9時のご予約から)帰った後、お昼を
食べたらもう眠くて眠くて、おそらく人生初めての
昼寝をしてしまいました。すごく気持ちよかったです。


ご主人は、昼寝をされる奥様をご覧になられることが
ないため、具合悪いのでは?と心配されたそうです。

2483fd312aac358ac6d7bfe02aa60ee1_s.jpg

ヨガやウォーキングなど運動がお好きなのですが、
どんなに疲れても、眠くならず睡眠導入剤をずっと
服用されていて、それでも4時間しか眠れない
そうです。

蓄積された疲れで、交感神経が優位になっていた
ところに、しっかり整体を受けたことで副交感神経の
機能が一気に高まり、必然的に起こった睡魔です。
施術後、以下のようなお話をしましたところ、
とてもご納得していただけました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回私がしたかったことの50%しかしていません。
別に勿体ぶったわけではなくて、それでも十分効果を
実感されると思います。今回控えめにせず、もし100に
していたら、過剰にリラックスしすぎて、血圧が下がりすぎる
など良くないので、徐々に100に近づけていくのが
いいと思いますよ。
ひどい肩こりを楽にするのは、もちろん大事ですし、
私もしっかり頑張りますが、自律神経のバランスを整えて
熟睡できるようになるような施術を意識し続けた方が、
もっと自然に元気がでますし、長い目でいいと思いますよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自律神経の大切さは、どこでも言われていますので
結構お詳しい方も中にはおられます。逆に、なんとなく
耳にしたことあるけど、よくわからないという方も
お見えになりますので、患者さまに合わせて、ご説明内容を
変えてより深くご理解いただくよう心がけております。



自律神経の切替えスイッチ

<リラックスや休息の副交感神経>
<緊張や活動の交感神経>

1日の中でこの2つの上手な切り替えや、適度な
時間配分は自律神経のバランスを維持し健康を
回復、維持、向上する上で欠かせません。


最近、ひどい50肩のため、ご利用いただいているHさま
(50代男性)ですが、おかげ様でかなりよくなり、ジムや
ゴルフにも行けるようになりました。いつも、国内外に出張に
行かれていますが、海外では、アフリカ以外はどこでも行か
れるそうで、移動時間もかなり大変そうです。

kawa001.jpg

そんなHさまに、移動中の過ごし方、心の置き方や
お仕事の準備などされるのかを伺ってみました。

「もうね、そんなことしてたら体持たないので、
もう極端な話、相手に会う直前にスイッチ入れてます」


ですよね。でもそれが必然として出来るようになって
いらっしゃるなら、切り替えの心配はいらないですね。
移動中の姿勢によるお体への負担は大変そうですが。
Hさまのように、流れで自然にできている方もいれば、
意識的にそうしないとなかなか切り替えできない方も。

ちなみに私の場合、電車通勤ですが、切り替えは
2段階スイッチです。朝は、市川駅降りてオン、白衣着たら
メインスイッチオンです。夜は、店を出たらオフ、電車乗ったら
完全オフ。オフのときは薄情なくらい、仕事から頭が離れます。
オンオフがハッキリしている方が、よりオンのときの
集中力や意欲が高まります。

とはいっても、職場や職種によって、そんな思い通りに
ならないケースも多いでしょうし、実際耳にいたします。

○深夜まで残業が最近続いて、寝る時間も短い
○帰宅したら、炊事洗濯の仕事があり、自分の時間がない
○休みの日も仕事の電話が多く、頭から離れない

大変さはみなそれぞれ違いますが、1日のだいたいの
ルーティンの中で、まずオンとオフの時間の配分を
ざっくりと1度計算してみるのも良いと思います。

オフの時間が明らかに短いという方は、移動中、食後、入浴
睡眠などリラックスできるチャンスがあると思うので、状況的に
厳しい方も多いかもしれませんが、トライしてみてください。
それが難しい場合は、1週間の中や前後の日で、折り合いを
つけられて、できるだけ心から休息できる時間を見つけて
みてはいかがでしょうか。

休息しているつもりでも、心身に疲労をため込みすぎて
いる方は、まずはそれを取りのぞくケアも必要です。



このページのトップへ