当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告 > 内臓メンテナンス > 胃を回復させる鉄板施術

整体 レイキ 症例成果報告

< 呼吸の深さ  |  一覧へ戻る

胃を回復させる鉄板施術

胃の不調をご相談される方がたまたま続いたので
ご紹介いたします。40代男性と70代の女性です。
「みぞおちの辺りが痛い」「横になっても同じ」
「背中が苦しい」「食欲がない」

お2人の主なご症状です。胃の粘膜の状態を見ることは
できないので、強い痛みが続くような場合、専門の医療機関
への受診をオススメいたしますが、施術により意外に
あっさりと回復することもよくあります。

実は、男性の方は2回、女性の方は1回の施術
症状が消えました。当院では主に3つの施術ポイントを
おさえることで回復を促しています。

556e0a0b28277fad234390861c9cda0e_s.jpg

胃の「正常な粘膜」「機能回復」この2つを促していきます。

1、自律神経系の回復

胃はとくに自律神経の影響を受けやすい臓器です。
心身の負担が続き蓄積していたのが、お2人の共通点。
全身の筋肉をじっくりほぐしていくことで、副交感神経を
しっかり働かせて優位にし、粘膜へのストレスを
減らし回復を促します。
この際に大事なのは、やはり筋肉を深部のコリまで根本から
じっくりほぐし切ることです。ちょっとリラックスできる程度の
施術でも回復できるかもしれませんが、時間がかかります。

2、背中のほぐし

背中の真ん中(肩甲骨の間の少し下部)に胸椎の6番が
ありますが、ここからのびる神経が胃と繋がっています。
胃が悪い方はこの椎骨周辺がガチガチにこり固まって
いることがほとんどで、ここを集中して周囲からしっかり
ほぐすことで、胃の神経が正常に復活します。

3、お腹ほぐし(腸もみ)

胃にも筋肉がついています。骨格を動かす骨格筋と違い、
自律神経の作用で勝手に働く平滑筋がついており
この筋肉の収縮により内容物を運んでいます。
内臓の不調は胃だけに収まっていないこともあり
腸も含めた内臓を、お腹の上から優しくじんわり
ほぐすことで、腹膜を緩め、本来の状態に戻します。
いわゆる「腸もみ」です。そして遠赤外線のホットパック
でさらに奥まで温めていきます。


余程のことがない限り、どの方も施術はうつぶせから
入ります。その途中でお腹がグルグルギュルギュルと
鳴り始める方もおられますが、よく「よかったですね」
とお声をかけています。調子が悪い方は
「お腹がなったの久しぶりな気がします」という方も。

疲労から来る胃の不調は、食欲にも影響するので
その方本来の元気が、明らかに見た目から失われています。
逆に回復された時のそのご報告いただく際の
ほっとした笑顔が、私の元気の源でもあります。
当院では「もう大丈夫です」と一見回復したように見えて
いても、念のため、フォロー施術を直後に取り入れています。



カテゴリ:

< 呼吸の深さ  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

食欲がなく食事が楽しくない

「右の50肩をなおしたい」
とご紹介でお越しになったN(70代女性)さま。

体を動かすのがとてもお好きで、太極拳やら山登りなど
されるとてもアクティブなお方です。ところが、昨年末より
肩があまり上がらず痛いので、思ったように体を動かせず、
ストレスが溜まってしまうそうで 「上がるようになったら、
ラジオ体操をしたい」とご相談されました。

1回目の施術が終わり、2回目の施術にお越しいただいた
とき、「肩の具合はいかがですか?」と伺ったところ
嬉しそうにこんなことをおっしゃいました。

「前回の帰り道、甘い物が食べたくなって・・・」


私も初めは「甘いもの??」だったんですが、続きを
伺うと、よく理解することがでました。実は、Nさま。
ご結婚されてから何十年も食欲がなく、毎日の3食は

「時間が来たから仕方なく食べていた」

そうです。結婚当初の体重から、大幅に減ってしまったので
ずっと戻したいと思われてたそうです。50肩も大事ですが
それに等しいかそれ以上に大切なことですよね。
また、胃腸の調子もよくなく、量が多いとお腹をこわし
刺激物も受け付けないと、食事制限もかなりされていました。

ですので、ちょっとでも 食欲がわいたことがとても
嬉しく
まずそちらを私にご報告したかったそうです。

sh501.jpg

そして3回目。今回も「肩いかがですか?」のご質問に
Nさまは「少し太ったみたい」ととても嬉しそうです。

毎回の食事が楽しみになってきたそうで、何よりです。
自律神経の改善、胃や腸の神経をつかさどる背骨の
働きの改善、筋肉をほぐして心身のリラックス、どれも
食欲の回復には必要と思われます。

また、食欲や睡眠欲は人間の本能ですので、健康管理
をする上で、絶対に守らないといけない牙城だと思います。
一見矛盾するようですが、整体はダイエットを希望する方
にも、食欲を取りもどしたい方にも、役に立ちます。
それは、心身を正常な状態に整えたり、取りもどす
ことが、整体の基本的な役割
だからです。

肝心なNさまの50肩ですが、少しずつ可動域が広がって
きています。Nさまは、そのほかに睡眠の質、冷えなども
改善の余地があるので、しっかり全体像を見ながら施術を
続けていきたいと思っております。




腸と食物繊維 (後編)

2種類の食物繊維を摂りましょう

食物繊維が体にいいのは、よく知られていますが
「2種類あってバランスよくとるべき」ということは
あまり知られていません。消化されないのは同じですが、
体の中で働き方が大きく変わります。
ご存じでなかった方は、ぜひしばらくお試しください。

【水溶性の食物繊維】
腸内細菌は水に溶けやすい食物繊維を好み、それらを摂ると、
腸内で発酵しやすくそれをエサにする腸内細菌が元気に活動
を始め、腸内細菌の数が増え、良い環境になります

昆布やワカメなどの海藻類、コンニャク、豆類、ニンジン、
ゴボウ、キャベツ、納豆、オクラなどネバネバ食品など。

【不溶性の食物繊維をとる】

水に溶けない食物繊維は、人間の消化液では消化されません。
その代わり、水分を吸収して膨らむ性質があるので、腸内に
たまった食べカスや細菌の死骸、腸細胞の死骸などをからめ
とりながら大便を作っていきます

豆類やオカラに豊富、パセリ、ニラなどの香味野菜、しいたけ
などのキノコ類、切干大根などの乾物類など。

deji401.jpg

腰の筋肉やお腹が硬くて、腰が歪んだり腰痛の方は、
腸の血流や神経の流れがあまり良くない傾向があります。

せっかく栄養素を努力して気をつけても、腸の働きが鈍った
ままでは、もったいないことです。

下部胸椎や上部腰椎などから腸への神経が出ていますが
そこの歪みをとったり、筋肉をほぐしたりすることで、腸への
神経の流れが正常になったり、仰向けでお腹周りをゆっくり
もみほぐすことで、消化器系の血流を良くし、働きを正常に
する「腸もみ」施術も有効です。

当院ではこのような取り組みも行っております。



腸と食物繊維(前編)

たまには、食生活からの健康にも触れておきます。

第2の脳である腸は健康にとってとても重要


人間の臓器で一番最初に作られるのは腸というのはご存じ
ですか?植物でいえば根っこに当たり、第2の脳(脳死にな
っても消化器(小腸)は動いている)と言われたり、免疫機能
を担う細胞の70%が腸にあり、健康にとって重要な所です。

最近は 『腸内環境を整えましょう』 などとあちこちで
特集されたりしていますよね。ヨーグルトを食べたり手軽な
腸内健康法はありますが、胃酸でほぼ死滅したり、自分に
あう乳酸菌探しが難しかったりします。私は善玉菌のエサで
あるオリゴ糖は摂ったり、悪玉菌を増やさない食生活は意識
していましたが、恥ずかしながら、以前はその程度でした。

そこで第6の栄養素と言われている食物繊維の登場です。
以前は単に便通がよくなるくらいにしか思われませんでしたが
今はその重要性が注目されています。
食物繊維は腸内細菌の最大の好物です。腸内細菌には
善玉菌、悪玉菌日和見菌がありバランスと量が大切
と言われています。悪玉菌も悪者扱いされがちですが、実は
O-157を退治したりなどの番兵役でゼロになったら健康を保て
なくなるほど重要な役割があります。

腸内細菌の全体量を増やせば自然と善玉菌も増え、
腸内環境が安定し、健康を保ちやすくなります。


deji400.jpg

便の量少なくないですか?


日本人の便の量が昔と比べ、かなり少なくなったと言われて
います。日本人は、戦時中、アメリカ兵が日本人がしてあった
便の量で兵の数を見誤ったと言われるくらい多かったそうです。

芋などの食物繊維を昔は多く摂らざるを得ない食生活環境
だった反面、現代の日本人が、5大栄養素(タンパク質、
炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル)をいつでもバランス良く
摂れるようになったのは、とても恵まれた環境なわけですが、
食物繊維の摂取量が大きく落ち込んでしまったわけです。

ちなみに「便の量」=「食事の量」ではありません。
せいぜい「食事の量」は便の量の3分の1で残りは、
「腸内細菌の死骸や腸内のゴミ」なので、便の量が多い
人は腸内細菌が多く、食物繊維を多く摂取している
と言えるのです。

・・・・後編に続く



内臓の冷え症

お腹冷えていませんか?

お腹(下っ腹あたり)に、じかに手をおいてみてください。
朝起きたときや、夜寝る前 などにぜひ一度
抜き打ちチェックするといいと思います。

この時間がいいというのは、脳もカラダもリラックスして
末梢血管も拡張し、カラダがポカポカしている "はず" なので
自己チェックにはもってこいなのです。
冷たい物をたくさん飲んだ後に、お腹が冷たいのが
分かってもあまり検査にならないですよね。

・ポカポカ温かい
・あまり温かくない感じがする
冷たいとハッキリわかる


だいたいこの3つに分かれると思います。明らかに冷たい感じが
するという方いらっしゃいますか?
ご自分で原因はなんだと思われますか?主に以下が考えられると思います。

1、冷たい飲み物や食事をする機会が多い
2、下半身が冷えやすい
3、自律神経が乱れ、内臓(主に消化器)の機能が低下している
   (肉体的、精神的なストレスや疲れが慢性化している)
4、生理痛がひどい、生理不順である



お腹は冷えていて、いい事は基本ありません。
お腹の冷えは東洋医学では「水毒が溜まっている」ととらえます。
身体の外へ水毒(体に不必要な老廃物)を出すことが大切です。

内臓の血流が悪く、十分な酸素や栄養素が取り込めず、また、
老廃物を排出する力が衰えている状態なのかもしれません。
必然的に消化や吸収の力も低下するので、元気や活力が出ません。

また、人間のカラダはうまくできています。血流の悪い部分があると、
血圧を上げて、そこになんとか血液を送ろうと頑張るので、
結果的に高血圧にもなりやすくなります。つまりのところ、「冷え」=「病気の元」です。

「1」だけの原因ならば、食事の改善で解決できそうですね。
「2~4」の場合、呼吸を意識したヨガなどの激しくないゆっくりめの体幹運動、
脳もカラダもリラックスさせ自律神経のバランス改善などが良さそうです。

ちなみに 当院の施術 ではこういう施術をご案内しております。

〇自律神経に重点をおいた全身ほぐし
〇骨盤の歪み調整
〇お腹のほぐし (内臓マニュピレーション)
〇遠赤外線ホットパック療法
  

を行い、またそれを繰り返します。
おなかのほぐしは、くすぐったい方と言う方もおられるので
工夫しながら施術して効果を実感していただいています。



このページのトップへ