当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告 > 2017年11月アーカイブ

整体 レイキ 症例成果報告 2017年11月アーカイブ

うがいが苦手(首の可動域が狭い)

首や肩のコリがある方のほぼすべての方が
首の可動域がいつの間にか悪くなっています。
いつの間にかそうなっているので、可動域が本来より
狭いことに気づかず、狭いことが"普通の状態"として
過ごしている方もかなり多く見受けられます。

<首の可動範囲>
屈曲(前に倒す)・・・60度
伸展(後ろに倒す)・・・50度
側屈(左右に倒す)・・・50度
回旋(左右に回す)・・・60度 

d81f6ce18b073b9fcfd264790ea48f64_s.jpg

首をぐるぐる回す運動は、この4つを組合わせたものです。
そして、多くの方が後ろに倒す「伸展」が苦手に
なります。
いわゆる うがいをする姿勢 です。
料理やデスクワークや読書や勉強など、人は顔を下に
向けて行うものがほとんどのため、筋肉がこり固まり、
うがい運動が苦手になります。例え出来ていても、軽く
スムーズではなく「きついけど一応できる」方が多いのです。
頸椎がストレートの方もそうなりやすいです。

寝違えている方は、首を動かすと強い痛みが
あるので、施術のビフォーアフターで可動域が
ちゃんと戻ったかチェックしていただきます。

コリがひどくて、可動域が狭くなっている方は
わざわざ施術前にチェックすることは少ないです。
というのは、痛みやコリを根本から取りのぞくという
ことは、可動域も自然に回復しており、施術後、
ほとんどの方が、それに自然に気づかれる
からです。

先日初めて来院されたMさま(30代男性)。
デスクワークが多く、家や通勤ではスマートフォンを
見ていることも多いせいか、慢性的に首や肩が
ガチガチでつらいということでした。背中の疲労も強いため
猫背となり、余計首や肩に負担がかかっているようでした。
リラク系マッサージには時折寄るそうですが、最近は
その効果に疑問を感じ、奥様のご紹介で来院されました。

首や肩の関連筋肉はもちろん、姿勢に関わる筋肉
を中心にしっかりほぐして、施術後「いかがですか?」
と伺ってみると、首を色々動かしながら
「うわーおーすごいな。こんなに首って動くんですね」
と驚かれていました。そのギャップが大きければ
大きいほど、コリがひどい証拠でもあるのですが、
とても楽になって喜んでくださいました。

一方、ご自身で可動域が広くなったことをお気づきに
ならない方には、そのことをお伝えし、実感いただいて
おります。風邪予防には、日々のうがいが大切ですが
首の可動域をしっかり復活させることは、ある意味、
風邪の予防に必要不可欠?! と思うのでした。



1

« 2017年10月 | メインページ | 2017年12月 »

このページのトップへ