当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告 > 2017年3月アーカイブ

整体 レイキ 症例成果報告 2017年3月アーカイブ

年齢や体格差により変える整体

「お年寄りの方にはどの位の強さで押すの?」

というご質問を受けました。
ご年配の方ですと、一番気をつけないといけないのは
骨粗鬆症の可能性があり骨折しやすいということです。

お体を拝見すれば、骨密度が少ないかが分かるので、
当然気を付けながら、筋肉をほぐしますが、単純に
ほぐしの圧を 「弱」 にすればいいものでもありません。
ご年配の方でも、しっかりほぐして欲しい方、
しっかり圧をかけないとほぐれない方がおられます。
特に初めての方ですと、慎重さが必要となりますので
押された感じを伺いながらすることもあります。


このようにご年配の方は特に気をつけて、細心の注意
や配慮が必要ですが、私がこれまで十数年、患者さまを
施術してきた中で、例えばこんな方々がおられました。

〇90代半ばでかなり痩せられた男性
〇130センチほどの10才の小学生
〇体重170キロの現役力士
〇2メートル弱のオランダ人男性
〇肋骨骨折中の方
〇妊娠後期の妊婦さん


比較しやすい患者様の例をあげましたが、
ほぐしの手法はどの方もまるで違います。

例えば、骨粗鬆症の進んだご高齢の方への
ほぐし方を、力士の方にしても全く通用しませんし、
力士の方へのほぐし方を、ご高齢の方に
施せば、お体への負担が大きすぎてしまいます。
大柄の方と小柄の方では、お体の面積も違いますし
ひとつひとつの筋肉のサイズも違います。

どの方も、同じ時間内で効率よく、一番お困りの症状を
メインとして全身をほぐさないといけません。
それに「背骨のS字カーブ」「その時の体調や状態」
「整体やマッサージの経験値」を加味して、
ほぐしの手法を決めます。

経験と知識がとても役立っているのですが、
それでも臨機応変さが必要なケースもでてきます。
これら全部込み込みで、患者さまを納得し、ご満足頂ける
施術内容にするのが施術者の腕の見せ所でもあるのです。

おかげ様で当院では、いまだ無事故です。もちろん日々
勉強ですが、どんな方でも慌てずしっかり丁寧に対応
してくれる、という安心感も感じて下さればと思います。



1

« 2017年1月 | メインページ | 2017年5月 »

このページのトップへ