当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告 > 2013年6月アーカイブ

整体 レイキ 症例成果報告 2013年6月アーカイブ

呼吸が浅いのに気がつかない

一昨日から昨日、昨日から今日などで

髪の毛の伸び具合
が、わからなかったり
視力の低下度合 が、わからなかったり

そういうことは日常でよくあることです。体に残る疲れも
昨日山登りした とか マラソン走ったとか

明確な原因がない場合、疲れ度合を数値で測ることもできないですし
一日一日の違いってわからないこと多いと思います。だからこそ、
疲れはため込んでしまうものなのでしょうが・・・・。さてそんな中、

呼吸がいつの間にか浅くなっているのに
まったく気が付いていない方が非常に多いです。


これも一日一日の違いが分からないので、
いつの間にか浅い呼吸で、日常を送ってしまっているのです。
色々なご症状を相談されますが、最初の主訴(一番つらい症状)で

「呼吸が浅い気がする」
「なんとなく息苦しい」

などの、「浅い呼吸」に関するご相談はあまりありませんが
実際、施術後に 「いかがですか?」 と違いを確認する際に、非常に多いのが、

呼吸が自然と深くできる
呼吸がなんか楽
スーっと入ってくる
息をするのが気持ちいい  
などこんなご感想です。

当院では、呼吸を楽にする専用のほぐし技術は、確かにあり
実践する機会も多いのですが、呼吸が浅い人だけオンリーで
するほぐし技術というわけではもありません。

つまり、本来のあるべき状態、元の正常な状態に
近づいただけなのに、多くの方がこう感じるのは、

いかに普段、浅い呼吸が当たり前で生活している


かを意味します。そして それに気が付かれていない。

おそらく、呼吸が普通に深くできていた時のお体から
浅いときのお体にチェンジできたとしたら、
「あれ?なんか息しづらい!」と必ず気が付くはずです。
「最近肩がこる」とか「最近腰が重い」とかは、気が付きやすいですが、

「最近、呼吸が浅い」というのは、気が付きにくいものなんです。


呼吸が浅くなってしまうと、疲れやすい、基礎代謝が低下する
など色々ありますが、実はこんな問題も起きやすくなります。

・考え方が浅くなる
・イライラしやすくなる
・焦りやすくなる
・気持ちが落ち着かなくなる
・集中力がなくなる
・なんとなく不安な感覚になる


よく、気持ちを落ち着かせようとしたりすると
わざと深呼吸しますよね。深呼吸、つまり、深い呼吸をすると

心が穏やかになる
・思慮深くなる
・集中力がでる
・気持ちがおちつく
    のです。

呼吸をするには、呼吸筋を働かせます。
浅い呼吸が当たり前になると、心肺機能が低下(退化)したり、
呼吸筋が衰えたりします。

昼休みや入浴時や就寝前など、ちょっとリラックスできるときには
心穏やかに深呼吸を何度かする習慣をぜひつけてみては?



痛くてついとってしまう姿勢 (ぎっくり腰編)

50代の男性。3年ぶりに来院されました。ぎっくり腰でした。
当院に入られてすぐにわかるほど、腰が曲がっていました。
正確には下半身は比較的まっすぐでしたが、

上半身が左に傾いていました(逆くの字状態)

これは、「痛い筋肉を伸ばしているのが楽」 だからです。

トリガーポイントのご説明で、何度か触れたと思いますが
トリガーポイントの痛み(筋筋膜性疼痛症候群)は、
その筋肉を伸ばしている状態が楽、という特徴があります。
逆にその筋肉を縮めようとすると、短縮痛という、これまた
トリガーポイントの特徴である痛みが起きるのです。

まとめるとこう。トリガーポイント(筋肉のコリ)がひどくなると

・伸ばすと楽で痛くない
・縮めると痛い


この男性の方の特徴を整理するとこうでした。

・右の腰が痛くて仕事にならない
・右手でのトイレットペーパーの使用が痛くてできない(上半身を右下方にねじる動作)
・上半身をまっすぐにできない(左に傾いた状態から)
・上半身を前後に曲げることができない
・右の腰辺りを軽く押されると、響くような鈍痛がある


右の腰周辺の筋肉のコリ(硬結)や緊張が悪化し、
その筋肉が強く痛み始めたのです。

「伸ばした方が楽」ということは、この男性の場合、
右の腰を伸ばす → 体を左に傾ける


ということです。
こうすることで痛みを回避して過ごしておられたのです。
施術は、痛い姿勢と痛くない姿勢がありましたので、
なるべく痛くないように施術の順番を考えながら。

4回の施術で、完全に痛みが消えました。
来院されるたびに、左に傾いていたのが、まっすぐに
なっていきましたが、痛みの減り方と比例していました。

ぎっくり腰は、どこが、どのように、どんな風に痛いかで
痛みの震源地が違いますし、痛みが増加中なのか減少中なのかでも、
施術方針も大きく変えないといけません。

そうすることで、一日でも早く、いつも通りの日常生活に戻すことができるのです。





キネシオテープ

40肩50肩
ぎっくり腰
ひざの痛み
寝違い
ふくらはぎの痛み

などの方に、施術後にキネシオテープを貼ることがあります。
コットン生地のテープの裏にアクリル糊がついている
薬品を使っていないシンプルなもの。

bblg404.jpg
ちなみに、これは肩の僧帽筋用に準備したもの。

オリンピック選手などのアスリートが、よく貼ってあるのを見かけますが
別にアスリートのためだけに存在するものではなく、日常生活の不調にも
十分活躍するものです。

伸縮性があり、人間の筋肉の収縮とほぼ同じ率で働く
ので、筋肉の形や繊維に沿って、基本ストレッチして伸ばした状態で
皮膚に貼ることにより、さまざまな効果が期待できます。

①筋肉の機能を正しい状態に戻す
②血液やリンパ液の循環を改善する
③痛みの感覚を抑える
④関節のズレを正しい位置に戻す


・ダンスやマラソンやゴルフなどの本番の前後の方
・急に強い痛みが起きてしまっている方
・筋肉が悪い状態に戻りやすい方
・膝に水がたまっている方

などなど、その都度必要と判断した場合に、ご説明して
貼っています。もちろん、当院では無料です。

若干業務用とは種類が違いますが、薬局で市販されている
ものでも十分対応できますよ。貼り方にはコツがいるので
ぜひ聞いてくださいね。



関節の遊びがない人

まず、右手で左手の人差し指の付根を軽く引っ張ってみてください。

するとそこの 関節がちょっと伸びる のが分かりますね。
関節が広がる、骨と骨の間が広がる感じです。

よく体操などしてると、「関節が伸びる感じがする」とか
「なんか詰まっている気がする」とか言いますが、
この 伸びる感じや詰まる感覚って、結構大事 です。


これを 「関節の遊び」 といい、
ちゃんと伸びた方は 「関節の遊びがある人」 で正常です。
逆に、伸びにくい方は 「関節の遊びがない人」 です。

正確には「関節の遊び」とは、自分で動かすことのできる可動範囲より、
そのちょっと先まで動かせる"のりしろ"(範囲)の事を指すのですが、
こういう時にも使います。(少なくとも当院では・・・)

肩、肘、手首など体重のストレスが少ないところは、比較的大丈夫ですが、

下半身の股関節、膝、足首は、遊びがなくなりやすい所
です。

どうしても体重がかかるというハンデがあるためです。
この遊びがない状態は、「関節が詰まっている」ケースもあれば
加齢によるものもありますが、「関節が癒着している」ケースも・・・。

・股関節が上げにくく、靴下がはきにくい
・階段が上るとき、あまり足が上がらない
・正座しにくい
・しゃがむとヒザが痛い


など、これらを改善するときに、この遊びを復活させるような
施術をすると、すぐにできるようになる場合が多いです。

それを持続安定させるには、もちろん骨格バランスの改善と、
関節の周辺筋肉のほぐし調整が、必要ではありますが、
日頃のストレッチなどの柔軟体操って、やっぱり大事ですね。


1

« 2013年5月 | メインページ | 2013年7月 »

このページのトップへ