当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告 > 2013年3月アーカイブ

整体 レイキ 症例成果報告 2013年3月アーカイブ

Q. 「ぎっくり腰はくせになるって本当?」

A. 「いいえ、そんなことありません。ただ・・・
     くせになる人とならない人、ある条件で分かれるんです」


ぎっくり腰は俗称で、正式には「急性腰痛」と言います。
ぎっくり腰になるきっかけは、色々あります。

img_22.jpg

○ 携帯を拾おうと屈んだら、ぎっくり腰
○ 通勤中、席を立とうとしたら、ぎっくり腰
○ 子供が後ろからぶつかったら、ぎっくり腰
○ ゴルフでフルスイングしたら、ぎっくり腰

○ デスクワークしてたら段々痛くなり、ぎっくり腰
○ 朝目が覚めたら、ぎっくり腰


実際に、当院でぎっくり腰をなおした方々のケースを少しあげてみました。
上の4つは、ある行為がきっかけで、急になったものですよね。
ですが、もともと、腰の筋肉の血行もまずまずで、目立った骨盤周りの歪みも
ない方は、同じ行為をしても、普通ぎっくり腰になりません。

つまり、どのぎっくり腰にもハッキリした原因があり、それは腰回りの
筋肉の疲労が蓄積し、骨格の歪みを伴っていることなんです。

「もともと腰痛持ちの方」 がなりやすいですが、
「腰痛を感じないけど、腰の筋疲労が強い方」 もなる場合があります。つまり・・・
「気づかないうちに、腰の筋肉はすでに悲鳴をあげていて、あとはきっかけ一つ」 

だった、のは間違いない事実で、体を支えるのに腰の筋肉はいっぱいいっぱい
だったと言えます。
    
ただ、ぎっくり腰の痛みと不自由さは、個人差がありますが、よっぽどのことが
ない限り、何週間もすごく痛いままということはありません。湿布(冷・温)、
痛み止め、安静、にしていれば、社会復帰できるようになるものです。
でも、あの時の痛みはなくなった気がするけど、ぎっくり腰になる前の
「腰が悲鳴をあげていて、あとはきっかけ一つ」 の状態も良くなったの??

・・・・・いいえ、これがノーなんです。


痛みがあるなしは、あくまでも、脳が感じるか感じないかの違いです。
痛みを感じなくなっても

○腰まわりの筋肉は・・・・血行不良で硬く緊張したまま
○腰椎や骨盤などは・・・・歪んだまま


で消えていません。

ちょっと大げさですが、又なるかならないか、「綱渡りのような状態」です。 
そんなような状態で日常生活に復帰しているので、気候の変化、残業、
寝不足、筋トレ、ジョギング、長距離移動、強い不安や怒り・・・
などの精神的ストレス、肉体的ストレスが重なったりすると、それが
また「きっかけ」となり、ぎっくり腰をまた繰り返してしまうのです。


これが、「ぎっくり腰はくせになる」と言えば言えるかなーというわけです。
なので、ぎっくり腰になる前にお体のケアをして予防することが、正しい
メンテナンス方法ですが、ぎっくり腰の痛みがいつの間にか消えた方も、
また大変な思いをされる前の今のうちに、ケアされることをオススメいたします。




「重心バランス」と「脱力」

普段の生活で、スポーツ選手以外で、「今の自分の重心がどうか」
なんて意識する機会って、あまり多くないですよね。

「体が曲がっていて歩き方がなんか変なんですけど・・・」
とご相談をされる方は、もちろんいらっしゃいます。
自分で気が付いた方、人に指摘されてずっと気になってた方、色々です。

人間は重力に逆らって、生活していますが、立つ、歩く、座る、走る、
何をするときも必ずも無意識に重心バランスを探しながら行動しています

bblg055.jpg

後ろから見ても

bblg056.jpg

横から見ても、重心がカラダの真ん中にあるのが、本来の望ましい姿勢。

ただ、

「よし、今日から良い姿勢を心がけよう!」
と思っても、筋肉や骨格の状態があまり良くない方は、
重心が体の真ん中にある姿勢を、無理やり作ろうとする
はめになります。

でも、筋肉をすごく緊張させ、力まないといけないので、すぐに疲れてしまいます。
また、正しい姿勢ができているつもりでも、力んでやる良い姿勢には無理があるので
客観的にみると、実は不合格で良い姿勢じゃないことがほとんどです。

理想は、体全体が脱力し、重心が常に中心にキープ


できている状態です。本当に脱力するとバタンと倒れてしまいますよね。
そうではなく、筋肉はリラックスしてゆらゆらと、最小限の力だけ使い、
骨で立ったり歩いたりするイメージが理想
です。

歩いているときが一番分かりやすいです。
私は、前を歩いている人をついチェックしてしまう職業癖がありますが、
バランスの良い人(重心が体の真ん中にある人)ほど、
歩き方も肩肘の力が抜けていて、足さばきも軽やかで、上半身と下半身の
連動がナチュラルで歩き方も美しいです。もちろん老若男女問わず・・・・。


○骨格が歪んでいる人       → 見た目のバランス、姿勢がキレイになる
○筋肉があちこち緊張している   →  無駄な力が抜け、所作がスムーズになる
○関節が硬く可動範囲が少ない →  無駄な力が抜け、所作がスムーズになる

「骨盤調整をしたら、姿勢が良くなる」 なんて単純なものではありません。
骨盤はあくまでも体の一部。後ろから横から見ても中心になるので、
大事で必要不可欠ですが、やはり肩、背骨、股関節、ヒザなど
全身トータルでみてあげないとですね。



「対症療法」と「根本療法」

この2つは、よく比較されます。

「対症療法」
表面的な症状の消失や緩和を目的としたものを言います。

「根本療法」

「原因療法」ともいい、症状を表面的にとらえずに、その根本原因を探り
症状の消失や緩和を目的とするものを言います。


割と世間でも使われる言葉だと思いますが、より分かりやすく
ご説明すると両者には、こういう違いがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山火事があり、あちこちで火の手が上がっているとします。
「前者」の場合、ヘリコプターとかで火が上がって見えるところにピンポイントで
消火剤をまいて消そうとする行為を指します。

ところが、端から状況をよく調べてみると、その山火事には、放火犯がいたのです。
それを捕まえなければ、火の手はまた上がるかもしれません。
上がる火を消して、かつ、その犯人も捕まえるのが「後者」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どちらがいいか悪いか言えば、もちろん「後者」の方が良いのですが、
対症療法が全面的に否定されるのは、少し違う気もいたします。
対症療法も状況によっては、時には必要な場合もあると私は思います。


当院の施術のモットーは、「根本療法」です。
例えば、肩こりをひとつとってみますと・・・・

いつも 「肩こりがつらい。」 という30代の会社員の方がいます。
「こってつらいところを、ひたすらほぐす」のが、典型的な対症療法です。

『急いでいて、時間がないけど、この肩こりのままでは、
家に帰ってもつらいままで嫌だし、明日は確か会議だしな~。』
という方には、とても便利ですし、その場だけでも少しは
楽になれば・・・という意味では有りだと思います。

根本療法の場合は、例えばこうなります。
こってつらい部分は、当然ほぐさないといけません。

「こっているところはもちろん、こってない部分(全身の筋肉)も
                 ほぐして、患部へかかる負担を減らす」
「肩や肩甲骨の関節の可動域を広げ、肩の筋肉への負担を減らす」
「背骨や骨盤の歪みをなおして、肩周辺への負担を減らす」
「自律神経のバランスを正し、疲れが取れやすく体質にする」


これはオーソドックスな、根本療法の例ですが
これを何回かに分けてするのではなく、基本1回の施術で同時に行います。

なので、特に初めて受けられる方は、
1回のビフォーアフターの違いがすごく実感できるのです。

もちろん、一番最短で根本から楽になっていただくことがとても大切
ですから、その方の症状や、お体の状況により、どこに重点をおいて
施術するか、それにより段階的に施術を重ねていく必要がある場合もあります。



膝を痛めてしまった後にすべきこと(2)

60代の女性の方の膝は、まだ腫れが残り、熱も帯びてましたが、
それよりも私が気になったことは・・・

太ももの裏の筋肉(ハムストリング筋群)と、太ももの内側の筋肉(内転筋)
この2カ所がものすごく緊張し、こわばっていたんです。


こわばっているというのは、分かりやすく言うと、血行が悪くなり
筋肉の柔軟性が少なくなっている状態です。
軽く触れるだけで、明らかに左右違う張り感がみてとれました。

階段で急に倒れてきた方を、とっさに支えなきゃいけない状況で
受け身の方は、心の準備、体の準備ができていない状態
です。
当たり前ですよね、倒れてくるの予知できないですからね。

1人の大人を支えるのは、普通に大変だと思いますが、
瞬時に、太ももや腰や腕にすごい力を込めた(筋肉の強い収縮)ので、
そこの筋肉が、硬く緊張したままロックしてしまった
のです。

軽く触れるだけで、明らかに左右違う張り感がみてとれました。
体は普通にしていて特に力を入れているつもりではないのに
そこの筋肉だけ、「グーッ」と力をこめている感じ です。

普通、重い荷物を持ち上げるとき、心と体の準備をして
「よっこいっしょ」とやりますが、そういうときは、筋肉は荷物を下ろした後
まもなくリラックスした状態に戻りますが、こういう場合は戻らないことが多いんです。

この方はたまたま太ももの筋肉に一番負荷をかけてしまいましたが、
その時の状況や人により、背中、首、腰を痛めることだってもちろんあります。
では、前回お話した

「二次被害」とは?

それだけ、硬く緊張し柔軟性がなくなった筋肉ですが、
本来の働きは、ヒザの関節を保持したり、曲げたりすることです。
そのような状態の筋肉に守られているヒザはどうなんでしょう。

ヒザの関節が正しく動かなくなるので、歩いているときや、階段下りるたびに、

○ヒザの関節への負担が大きくなる
○ヒザを支え動かす筋肉への疲労蓄積スピードが高まる
○カラダ全体のバランスが崩れやすくなる


なので、炎症が起きて痛いのは、早く沈静化させないといけませんが、
それと同時に硬くこわばってロックした筋肉をしっかり元の
血行が良くて柔らかい筋肉に戻してあげることがとても大切なんです。



膝を痛めてしまった後にすべきこと(1)

こんな方がいらっしゃいました。

60代の女性で、ご旅行中に階段を上っているとき、前の人が
強風で急に倒れてきて支える際、片方の膝をひねって痛めてしまった。

膝の内側の痛みがひどいので、念のためレントゲンで調べたら、
骨や半月板には特に問題なく て一安心でしたが、痛くてちゃんと歩けない。

ひねったことで炎症が起き、腫れている のが痛みの原因
でしたので、冷やしてテーピングという処置を受けたそうです。

bblg038.jpg

そして、その後、当院にいらっしゃったわけです。

「痛みは引いてきたけど、歩くときや、
階段下りるときや、立ち上がるときまだかなり痛い」
 とのこと。

拝見させていただくと、ヒザの内側の関節あたりが、まだ腫れて熱をもっている。
でも、 実はそれよりも、ずっと気になったことがあった んですが・・・・。
よく「炎症している」と言いますよね。炎症反応ってこういう状態のことです。

○熱を持っている
○赤くなっている
○腫れている
○痛みがある  (注)【痛み=炎症】ではないです!つまり【痛み=冷やす】ではないです☆

痛みや炎症らしきものがあると、よく冷やします。
「冷やす、薬飲む、安静にする」 こういうのを「保存療法」と言います。
その字のごとく、なるべくそのままにして、自然治癒力に任せましょう的なこと。
それだけで良くなる場合もあり悪い方法ではないんですが、
良くなるのにやたら時間を要したり、良くならない場合もすごくあるんです。

それは今回の方に当てはまるのですが、
「ひねったことで、これから起きるかもしれない
二次被害」 への危険回避がされていない
 からなんです。

ひねったところが痛い!のが一次被害ですよね。
ひねって炎症起こしている。
炎症は冷やしていれば、収まります。
炎症による痛みもやがて消えるでしょう。

「なんだ治った良かった!」 と日常生活をしていると
「あれ?まだ痛い?腫れは引いたはずなのに・・・」

理由はなんだと思われますか??



股関節が痛い!(2)

「だんだん痛くなってきた」
「ある日急に歩けないくらい痛くなった」

みなさま色々な経緯で、痛みがひどくなってお困りになったりされていますが、
急性的でも慢性的でも、基本、根本は変わらない同じ原因です。

「スキーで転んだ」 「ジョギングしてひねった」 
などはっきりした直接原因がない場合、もともとそこに
痛みの原因は蓄積されてた
と見る方が間違いないと思います。

前回お話させて頂いたように、股関節の痛みをご相談いただく方の9割が女性。
女性は、男性よりも股関節が浅いため、それを支え、動かすために
周りの筋肉に必要以上に負担が大きく、疲れがたまりやすくなるというお話でした。

普通、股関節が 「左右とも痛い!」 という方は、あまりいません。
必ず左右どちらかで、原因は次の4つ。

1、骨格のねじれ(骨盤の歪みなど)による重心の変化によるもの
2、股関節の可動域が少ない (股関節が硬い)
3、股関節を支える筋肉の柔軟性がない (筋肉がこって硬い)
4、股関節の歪み (外に開きすぎなど)


ただし、「1~4」とありますが、「今回の○○さんの痛みの原因はズバリ何番です!」 
ということは少なくて、最低でも2つ。ひどい場合4つとも当てはまる方がいらっしゃいます。
4つある方は、腰痛や坐骨神経痛、ひざの痛みなども抱えている場合が多いですが・・・。

いずれにしても、

「痛みの原因となっている筋肉を中心にしっかり正確にほぐす」
「左右に重心が偏って、股関節に過剰な負担がかからないようバランス調整する」


に限ります。とてもシンプルです。

今、大したことない方は、軽い体操や股関節周りのストレッチなどで、
回復する場合もありますが、股関節は、腰と同じで痛くなりすぎると、
生活に支障をきたすので、ひどくなる前に対処されるのが、
望ましいのかもしれません。



1

« 2013年2月 | メインページ | 2013年4月 »

このページのトップへ