当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 整体 レイキ 症例成果報告 > 2012年3月アーカイブ

整体 レイキ 症例成果報告 2012年3月アーカイブ

膝のしわ

膝の簡単な自己健康診断です。
膝がまるまる見える格好になり、鏡の前に立ってみましょう。

blog024.JPG

膝のお皿の丸い輪郭がありますが、その上辺に着目。
お皿の上にシワがありますか?また、どの辺にありますか?

A.シワがない
B.内側にだけシワがある
C.内側と真ん中にシワがある
D.内側~外側まで全部シワがある


この4パターンで、膝に関わる筋肉でとても大切な
大腿四頭筋(内側広筋、中間広筋、外側広筋、大腿直筋)
の筋力の衰え状態が一目瞭然になります。

<結果 >
A・・・・筋力が十分です → 青信号
B・・・・ひざを支え動かす筋量が弱っています → 黄信号
C・・・・ひざを支え動かす筋量がだいぶ弱っています → 黄~赤信号
D・・・・ひざを支え動かす筋量が相当弱っています → 赤信号


人間は身体のバランスを崩したりすると、重心が中心(背骨ライン)から
外よりに変わります。つまり「外側重心」です。
そうすると、膝を支えたり動かしたりする筋肉も外側がたくましくなり内側が弱ります。

膝を支えている筋肉が衰えると、その部分の皮膚が
たるみます。それがシワです。


膝に痛みがあるなしにかかわらず、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?




産後の骨盤矯正

女性は妊娠中にリラクシン(relaxin)というホルモンが分泌され、
関節を支える靭帯がゆるみます。特に仙腸関節恥骨結合が緩まり
お腹が大きくなったり、出産に備えて、骨盤が広がってくる仕組みです。

赤ちゃんをスムーズに生むためのこのメカニズムは周知のことでしょうし、
産後に骨盤が歪みやすいのも、お母さん同志では常識なのかもしれません。

産後にリラクシンの分泌は必要なくなり、骨格、特に骨盤は数か月かけて
元の状態に戻ろうとします。その期間の座り方や運動不足などの生活習慣で、
本来キレイな骨盤に戻るはずが大きく歪んでしまったり、きちんと閉じずに
その周りに脂肪が付きやすくなったりしてしまいます。


日本人は昔と比べ、「床生活」から「椅子生活」に変貌してきているため、
座り方もスマートになり、ひどく骨盤が歪む女性も昔より減り、
スタイルも当然かっこよくなりました。
しかしこの時期は影響も受けやすいため座り方などの姿勢にはより注意が必要です。

ところで骨盤のゆがみ方にも色々あるのはご存じですか?
基本的に骨盤の歪みとは、仙腸関節の歪みを指します。

レッド・・・仙腸関節 オレンジ・・・坐骨 グリーン・・・恥骨結合
blog019.JPGのサムネール画像

ブルー・・・腸骨  ピンク・・・仙骨
blog018.JPG

A 足の長さが変わるような左右の腸骨の前後(前方後方)のねじれ
B 骨盤の広がり周囲サイズが変わる左右(内方外方)のねじれ

骨盤のゆがみはAB複合することも多いですが、産後の歪みは、Bの要素が強くなります。
Bの歪みが起きると、それに伴い坐骨が広がったり、股関節や腰椎の歪みも
起きやすくなるので、それに付随した症状や現象が増え、トータルでの調整が必要です。

同時に、インナーマッスルである、腸骨筋、大腰筋、骨盤底筋などを
少し強化していくのもより効果的です。
産後1年以上など、だいぶ経過している方が来院される場合も多いですが、
ほとんどの方が、産後の腰痛や肉体疲労、歪みも悪化しているので
そのたびに、改めて必要性を感じます。



ゴルフの前後どちらに受けるのがベター?

「こういうのは、ゴルフの前と後、どっちにやった方がいいの?」

そう聞かれることがあります。
カイロプラクティックは予防医学ですので、そういう点では「前ですよ」とお答えしています。
カイロは、病気にならないために身体の歪みを整える手技療法であるため
ですが、痛みや疲れを取り除く目的も備え併せているので、
当然前後それぞれのメリットはあります。

<ゴルフ前にするメリット>
・筋肉を柔らかくしておくことで、ぎっくり腰などの身体の痛みが起きない
・股関節や肩甲骨を柔らかくし、飛距離が伸びる
・カラダのバランスを整えておくことで、アプローチが正確になる
・脳も身体も理想的である半脱力状態で集中してプレーできる


<ゴルフ後にするメリット>
・疲れた筋肉を癒し、緊張した関節を解放する
・脳や身体をリラックスさせ、翌日の仕事に備えることができる


こんな感じでしょうか。前の方が実はメリットが多いのが分かります。
カイロをより理解されてくると、プレー後に受けるのを希望されてた方が、
プレー前を希望されるようになってくる傾向があります。
オススメはしますが、基本好きな方をお選びいただいております。
ただし、痛みが起きにくい身体作りを普段からしていると、痛みが仮に起きても
時間もお金もかからず、すぐにリセットしやすいので、やはりオススメは「前」です。

ちなみに当院では、ゴルフ以外にはこんなメンテナンスが・・・・。
・スポーツインストラクターの方が、実演テスト前に
・ピアノ演奏者の方が、本番前に
・ジョギング愛好家の方が、マラソン前に
・女子大生の方が、試験勉強前に     など





背中は安眠のバロメーター

blog016.JPG

「最近朝、全然疲れが取れなくて・・・」  
と言う方は多いですが、お身体を拝見させていただくと100%こうです。
「背中の筋肉の張りが強く、背骨の柔軟性が悪い」

背中にある筋肉はたくさんありますが、基本全て背骨(脊柱)に付着して
背骨を安定させたり、動かしたりする役目があります。
一番代表的なのが、脊柱起立筋で、俗に姿勢筋ともいい
身体を常に支えている筋肉で、無意識の内疲れがたまりやすい箇所です。

そんな筋肉に疲労が蓄積してくると、筋肉も背骨も柔軟性を失います。
人間は寝る時、布団やベッドなどに背中を固定して寝ます(仰向け時)。
柔軟性がなく、歪んだ背中のまま背中を固定されると、
布団とのフィット感が著しく減少するので、

・リラックス感がなく、寝ている時も緊張し力が入っている気がする
・仰向けでじっとできなく、つい横向きになる
・副交感神経がきちんと働かない
・熟睡できず眠りが浅い、寝つきが悪い


つまり朝疲れが取れないわけです。
先日、「国民の5人に1人が熟睡できていない」というデータを見ましたが、本当に多いです。
床や畳の上で手足伸ばして仰向けにゴロンとなり、5分くらいじっとできない方は、
眠りがかなり浅い方かもしれません。ぜひ一度チェックしてみてください。



1

« 2012年2月 | メインページ | 2012年4月 »

このページのトップへ