当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 院長ブログ

院長ブログ

水道管凍結にはご注意を

あの大雪のとき、実家(杉並区)でとある事件が
発生しました。まさかうちが!?
水道管が凍結し、破裂したのです! まさに
じゃぶじゃぶ状態。そんなお宅が何件もあったそうですね。
数日後には、給湯含め水回り完全復旧しました。

mame330.jpg

先日の訪問時に、お見舞いの花を渡しました。
赤いのはアマリリス。緑の葉はユーカリです。
それとほんの気持ちばかりのお見舞い金を。
あと再発防止に簡単な工作しておきました。

築年数50年以上。水回りが北側。氷点下と雪。

こんな条件が揃った方はぜひお気をつけください。
それにしても、独り暮らしの母の下でのこんな急な
トラブル時、昔からの隣人の温かみや優しさであったり、
お世話になっている近所の電器屋さんの専門外にも
かかわらずプロ意識の高いスペシャルな対応にも、
頭が下がります。本当に助かりました。ありがたい限りです。


のどに優しく、のどを強く

感染症予防は一年中休みなしですが、
乾燥しているこの時期は、特に喉の粘膜や繊毛の
ケアが欠かせませんよね。マスク、うがい、ハチミツ、
大根、のど飴など色々手段はありますが、
私は最近、こんなアイテムを見つけ使用しています。

のどミスト・・・超音波吸入器といい、10~20μ
の細かい水の粒子を喉の奥まで届けてくれます。
mame119.jpg

<商品レビュー>
ずっと口を開けていられないので、1回1分ほど時間が
あるときに使っています。割と即効性がありすぐに潤った
感じがして、喉の癒し効果があります。個人的には、
乾燥する前に予防的に行った方が理想的だと思います。

<整体やカイロ的アプローチ>
カイロプラクティック的(西洋医学的)には、
喉(咽頭部や扁桃腺)の神経支配は、頸椎の5番6番です。
頸椎5~6番は、首の下の方にあるので、周囲の筋肉を
ほぐし関節を緩めてあげることで、喉の機能が回復します。
見方を変えると、首の下部が張りやすい方は、喉が
疲れやすいということです。当院では、それを意識した施術も
取り入れております。喉の強化にはこれがオススメです。

ちなみに、「のどミスト」は4000円ちょっとで
購入できます。良かったらお試しください。



皆既月食

昨夜、ご覧になられましたか?
いつも夜中だったり、悪天候だったり、面倒だったりで、
天体観測成功した記憶がなかったですが、
今回は23時前後、私でもよく観測できました。

ニュースで知り、急いで外に出ると、完全月食中の
赤銅色が見られて、1回目の感動。太陽の光だけ
だと赤くなるんですね。しかし寒いので一旦部屋に。
すると、元の月に戻りかけているとかで、再び出ると、
神秘的な月が見られて、2回目の感動。
しかしいかんせん、スマホはこれが限界です。

mame222.jpg

戻り中の月ですが分かりにくい。せめて赤い方ですよね。
最近、旅行にいくとスマホのカメラのみで十分と思って
いましたが、こんなときちょっと立派なカメラがあればなー
と思うのです。今回は、肉眼によく焼き付けておきました。

さて、前回の大雪のあとは雪かきによるお体のダメージ
を訴える方が何人もおられましたが、また今夜怪しいですね。
2月に入り早速の雪情報。皆さまご無理されませんように。



誕生日の位置づけ

ある程度の年を取ると、自分の誕生日を
迎えるのはあまり嬉しいことではありませんが、
迎えて嬉しいものは何でしょう?

正解は、創業記念日という誕生日でした。
いちがつさんじゅうにち・・・・・。
年末年始でも少し触れましたが、
当院の誕生日は実は今日birthdayです!
おかげ様で皆さまに支えられ丸13年経ちました。
2005年の1月30日は、たしか日曜日でした。
10周年のときは、カウントダウンまでしていて
盛り上がってました。ご褒美を理由にコートを思い切って
買ったり、ちょっと御馳走食べたりもしました。

それが今はどうでしょう。
昨年なんか直前まで意識していたのに、
次に思い出したのは2月入ってからでした。
節目でないと扱いがぞんざいな記念日。
あのときはまだ35才で、今は48才。
それなりにおじさん化しましたが、意外にまだ
元気で老け込んでいないつもりです。

日頃の患者様ほかあちこちへの感謝は当然ながら、
時には当たり前にいつもいる、この店にも感謝しないと
いけないなと思います。13年間無事故でやって来られた
のですからね。なので、ベッドやら受付やら、いつもより
きも~ち丁寧に掃除をしてみました。
ということで14年目もよろしくお願いいたしますhappy01



当院は「足から派」

東京が48年ぶりの氷点下4度だそうですね。
上には上がいる、北海道はマイナス30℃のところも
あるそうです。このくらいで弱音なんて吐いていられない??
とは言っても寒いものは寒い!こんな時はゆっくり
温泉でも浸かれたらいいのになーと思います。

さて、当院をご利用される方は、皆さまお体にどこかしら
不調を抱えておられます。そして不調の多くが筋肉の
張りや緊張となりますが、人は血流が滞って圧迫されて
いる箇所(=冷え)があると、そこに血液を送り込もうと
自律神経が働き、結果的に血圧が上がります。

痛みなどの精神的ストレスでも血圧があがります。

日中運動している時や働いているときは、リラックスや
就寝中よりは血圧が高いのは別に問題ありませんが、
脳も体もオフすべきときに血圧が下がらないままの状態が
続くと睡眠への影響や体への負担もでてきてしまいます。

9d5e8e311a6a501adc7da5e57cfecd85_s.jpg

当院では全身ほぐしを必ず行いますが、ぎっくり腰や
上半身の痛みなどで、うつぶせでも苦しい方以外は、
下半身(足)から ほぐしていきます。
足は特につらくないという方もです。一般的には
一番つらい部分(主訴)からという店がほとんどですが、
これはこれで、辛いところからすぐやってくれるという利点が
あるのですが、当院ではあえてやっていません。

さてその一番の理由は・・・・eye

心臓から遠い下半身の方が、重力もあるため血流が滞り
やすくなるので、下半身から順々にほぐすことで、
目に見えない体の中で、お体に負担が極力ない自然な
「血流の回復」と「血圧の正常化」を促しているのです。

圧迫されている上半身の主訴からほぐすのも、
血圧の正常化という意味では良さそうな気もするかも
しれませんが、上半身の血流が悪くて下半身の血流が
良い方は少ないので、やはり下半身からがオススメです。
(上半身の血流悪い方=下半身の血流も悪い)

当院に先週初めて来院されたNさま(40代女性)。
肩や背中のコリが辛く、いつも上半身だけマッサージに
かかっていたそうです。足の疲れは自覚はなかったですが
体の冷えは特に最近感じられてたそうです。
足をしっかりほぐした後、上半身に移る際に
こんなお声をかけてくださいました。

「足ってほぐされるとこんなに気持ちいいんですねー。
 途中から体全体がポカポカしてきました。」


足をほぐして体が温まる感覚がハッキリわかるということは
上半身の疲れの原因が下半身にも潜んでいたということです。
メカニズムを簡単にご説明させていただきましたが、
初めての感覚に感動してくださって何よりです。
当院が13年間、こだわり続けている手法です。



大雪お見舞いもうしあげます!

東京近辺は久々の大雪snowでしたね。
お怪我された方も多かったようですねdespair
私は帰宅後、庭の沈丁花たちや弱弱しいそら豆が雪で
つぶされていたので、何度も救出作業に追われていました。
父が植樹してくれた形見なので枯らすわけには!
最終的にはこんな画期的な方法で。手抜きです。

mame016.jpg  

私の住まいは東京ですが、20センチくらいでした。
まー昨夜の時点で分かっていましたが、今朝出勤すると
市川は少なく、当院前は南向きのせいか雪ほぼゼロでした。
市川あるあるです。
一応、今日もご予約たくさん頂いておりますが、
決してご無理せずにご連絡くださいね。



癒しの屋上庭園

高層マンションに住んでいる方って
1階あたりで過ごすと心が落ち着くんでしょうか。
わが家は限りなく地表に近い住宅環境のせいか
屋上庭園が、とても気持ちよく感じます。
これもひとつの気分転換かな??

mame003.jpg

とあるビルの屋上には、壁面緑化がありました。
ヒートアイランド対策を目的にした憩いの場
だそうですが、なんだかいい空間です。
鑑賞用プールなんてのもありました・・・・が
でも、鑑賞ってそういうことじゃないsweat01

mame010.jpg

息子ですが、はしたないので、まもなく止めさせましたgawk
それ以上に発展しかけてたので・・・。飲めませんよ!
どなたもいなくて、あー良かった。


期待される嬉しさ

患者さまに期待されるのって、施術家として
大変ありがたく幸せなことだと思います。

施術家でなくても、人に期待されることは、素直に
嬉しい方ですが、あまりプレッシャーに感じたことはなく
どちらかというと、原動力にし腕まくりするタイプです。

そんな約束したかな~、と思うのですが、
休日は私が夕飯作りをするのが家のルールみたいに
なってしまっています。それこそ期待されると
つい乗せられてしまうのが、いいのか悪いのか。

mame006.jpg

ローストポークを作りましたが、売り物にも
負けないほどの完璧なものが作れましたshinehappy01
味噌、ハチミツ、しょうゆ、酒、ニンニクを混ぜたものに
軽く火を通し、ドロドロになって冷めてから
塗りたくります。今回は実は2本作り肩ロース1Kgです。
ジップロックに入れ、よくもんで一晩寝かせました。
ローストポークお重にして頂きました。
すみません、肝心な断面撮り忘れてしまいました。



伝え伝わる疲れ

患者様の疲れ具合を感じるタイミングはまちまちです。
ご表情だったり、辛い部分のお話をしてくださったり、
筋肉の張り具合だったりします。
先日来院された方は、こんな形で私に疲労困憊ぶりを
伝えてくださりました。

いつも定期的にご利用いただいている方(30代女性)
なのですが、下半身の筋肉のほぐしからスタートして
おりました。お話は5分程度で一旦終了し、静かに
施術していると、ふと気づくと、患者さまの呼吸が 大きく
ゆっくりとしたものに変わっていました。


これは副交感神経が強き、休息モードに切り替わって
いる証拠ですが、辛い部分の肩や背中などに入る前に
そうなるのは、よほど溜まっていたのでしょう。
最初お話しした印象ではそこまでの感じはしなかった
のですが、こんなことでも感じ取ることができます

「疲れてますね~」と言いたいところですが、
せっかくなので、そのままお声をかけず、うつぶせでの
施術を最後まで続けました。「すっきりしましたー!」
と帰りはニコニコの笑顔で良かったです。

時には、ほぐし始めて5分ほどでぐーぐーと完全に
睡眠に入られてしまう方もおられますが、お話好きの方も
そうでない方も、皆さま施術を楽しみにされてます。
私もついに夢中に楽しく話してしまう時もありますが
「会話する脳と口」と「施術の脳と腕」は、同時でも
完全に切り離して、仕事はしっかり行っております。



冬の心がまえ

仕事始めして1週間。
犬の写真をUPした後、安心して施術に集中し、
"更新"の仕事をすっかり忘れておりました。

「ここはまるで温室のようだな」
本日2時に来院されたご年配の方に言われました。
冬の午後の受付あたりは、陽だまりができポカポカ
気持ちがいいので、外の寒さをつい忘れてしまいがち。

寒い中のご来院、皆さまありがとうございます。

この気温の低さと乾燥。学校も仕事も始まり、
インフルエンザなどの感染系が流行るころですが、
市川周辺では今のところそんな話を聞きません。

最低限の情報収集と日々の予防習慣
は大切ですよね。年明けすぐに来院された内科の先生。
「うちは結構きてますね!」と市川からは少し離れた
都内の某所(亀有)では流行ってきているそうです。

当院では、加湿器や空気清浄機のフル運転は
もちろん、ベッドを気持ちよくご利用いただけるよう
除菌して清潔にしておりますが、私自身が感染源と
なるお粗末なことにならないよう予防に気をつけます。
まーとくに冬に限ったことではないのですがcoldsweats01・・・・。




<<前のページへ56789101112131415

このページのトップへ