当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 院長ブログ > 2019年4月アーカイブ

院長ブログ 2019年4月アーカイブ

市川ママ駅(母の日)

mama003.jpg

京成線の市川真間駅 は当院の目の前にあります。
もう14年のおつきあい。愛着もあります。
今回、「母の日」にちなんで、期間限定で駅名が変身note

駅長さんが最近代わられたそうで、色々企画され
とても評判がいいとのことです。
こういう遊び心、素晴らしいと思います。大賛成です。



GW中のお休みについて

実家そばの公園に菖蒲の花が一輪。

shou001.jpg

今年のゴールデンウィークは初の10連休ですが
当院は休みと営業の混在した変則日程です。
なので、少し早めにお知らせいたします。

4月27日(土) 営業
4月28日(日) 営業
4月29日(月) 休み
4月30日(火) 休み
5月 1日(水) 休み
5月 2日(木) 営業
5月 3日(金) 休み
5月 4日(土) 休み
5月 5日(日) 休み
5月 6日(月) 営業

10年以上ぶりの日曜日営業もあります。
よろしくお願いいたします。



健康の引き寄せ法則セミナー&説明会

引き寄せの法則セミナー 健康編完成!.jpg

当院主催のセミナー第3弾を行います。

私が長年多くの方々と向き合ってきた中で

感じ取れたこと、整体の施術だけでは伝えきれない

健康にとってとても大切なことを、

ぜひとも皆さまにお伝えしたく開催することにしました。


チラシの主な内容は下記のとおりです。

ご興味ある方、ご質問などは、お電話でご連絡ください。


<セミナー内容本文>

このセミナーは、体の不調を治し、健康を実現させるセミナーです。

いつも健康に不安や心配や恐れを抱いている人は、いくら食事や運動に気を遣っても病気を引き寄せます。一方、無頓着なのに病気もせず、健康に不安もない方も沢山おられます。両者の違いは何でしょうか?


20年、施術家として延べ6万人の患者様と向き合い気づいたことは、健康な人は「健康を味方にする習慣」を身につけているということ。

本セミナーでは、その習慣を体系化した「健康の引き寄せの法則」をお伝えします。引き寄せセミナーはいくつも行われていますが、理論的なものばかりで、生活に活かしきれていません。なぜなら、整体も同じで、人は説明だけ聞くより、体の変化を通じて初めて深く理解できるからです。


当セミナーでは、健康を引き寄せる「言葉の使い方」「意識の持ち方」「感情の扱い方」について、実践的な演習を行い、楽しみながらその場で変化を体感して頂けます。これは、健康に限らず、仕事、人間関係、お金、教育、美容など様々なジャンルにも応用できます。

20年前無一文になり、心身ともにどん底に落ちた私が、仕事やプライベートの願望を驚くほど思い通りに叶えてこられた法則です。ぜひ皆さまにもシェアして頂ければと思います。


<開催日>
5月11日(土)13:00~14:30
5月25日(土)13:00~14:30
6月 1日(土)13:00~14:30

〇ストレスに弱く、心身ともにすぐに体調を崩しやすい方
〇病気など体調が思うように回復せず、健康に自信がない方
〇健康への不安や心配や恐れがなく、
            毎日穏やかに過ごしたい方
〇引き寄せの法則を一から学びたい方

以前行ったこのセミナーでは、体を使った演習で
皆さま大きな変化を感じられ、大変好評でした。
良かったらぜひご参加くださいね。






とても小さい筋肉のほぐし

長年ご利用いただいているYさま(70代女性)が
左足の小指の付根を痛めて来院されました。
そこをかばうせいで、右の腰とお尻に強い痛みがでて、
両足とも痛いというかなりお辛い状態でした。

「靴を履くときも、靴履いて歩いてもすごく痛い」
「踏み込むときに特に痛みが強くなる」
「家では痛くない」

いくつかご質問をし、触れて、分析した結果、これは
薬指を背屈(反る)ときに収縮する筋肉が犯人
と断定し、施術に入りました。
肩や腰と違い、指と指の間の非常に細い筋肉
私の指が入らないようなところを、爪先でじっくり
加圧するような、より集中力を求められる施術をします。
「よしこれで大丈夫でしょう・・・・きっと」
と施術を終え、その後1週間後に来院されました。

「先生、あの次の日の朝、ウソみたいに痛みが
消えていました。もう嬉しくて涙がでそうになって・・・」

ととても喜んでくださりました。
もうそのご報告を頂けただけで十分なのですが、
ありがたいことに。
pii001.jpg

Yさま、ありがとうございます。また
北は北海道のお土産をくださったKさま、
南は石垣島のお土産をくださった I さま、
ありがとうございましたhappy01
決してお気遣いございませんよう
どうぞよろしくお願いもうしあげます。
不調のご相談は遠慮せずにガンガンお願いいたします!



ただ今のアロマはラベンダーです

e0c88bc8fe06bfc98d749db273936cf1_s.jpg

当院では施術中にアロマの香りを
お楽しみいただけるようになっております。
本日よりオレンジからラベンダーに変わりました。

アロマといえばラベンダーと言われるほど
ポピュラーですが、リラックス効果、安眠効果
優れています。ぜひお楽しみくださればと思います。

ようやく朝晩の寒さから解放され
ずいぶんと通勤も楽になりました。
と思っていたら、来週末にはGWが始まるのですね。
私は10連休ではないですが、それなりに。
それそろGW期間中のお休みもUPしたいと思います。
今日も仕事バリバリやります!



整体セミナーを終えて

3回の千田式整体セミナー終了しました。
 (3月21日、3月25日、4月6日)
2回目は時間をずらして行いましたが
計8名の方がご参加くださりましたshine

千田式とあえて名付けた理由です。
世の中には筋肉をほぐす施術者は何十万人おられるか
分かりませんが、基本どなたもやり方が違います。
私はこれまで多くの方の施術を受け、良いものは
取り入れ、また自分の施術の中で、肩のこういう張り方
にはこう、こんな腰の痛み方にはこう、という
最適な施術方法をオリジナルで編み出して完成形に
近づけ、独自に進化させた「ほぐし」だからです。

それを皆さまにお伝えし、ご家族などに施術をできる
ようにしたいわゆる「家族整体」です。
今回のセミナーは肩こり編でした。

kansou001.jpg

「家に帰って母にします」「理解が深まりました」
「コリが少し見つけられるようになりました」など
様々なご感想を頂きました。ありがとうございました!

私はこの世界に20年いるので、一般の方が施術する際の
不安な点、分からない点を想像しながら、の実践でした。
上手く導けたところと、想像以上に苦戦したことなど、
個人差もあり勉強になりました。次回以降、改善していきたい
と思います。次回の整体セミナーの予定はまた改めて。

また、同時進行しております、レイキ体験セミナーは残り2回。
4月13日(土)13:00~14:30
4月28日(日)17:00~18:30です。
レイキという氣の施術は、実は自分でもできるように
なります。手を当てるだけで自分はもちろん、相手の心身も
癒せる日本古来のテクニック。実は世界では一番人気の高い
施術です。ハーバード大学病院でもレイキ専門のヒーラーが
20人いますが、このような民間レベルでもその教え方は同じです。
自分の氣の体験と併せて、そのご案内もさせて
頂いております。ご興味ある方はぜひ。



「変えるもの」と「変えないもの」

最近、当院ではセミナーのチラシを
時々お配りするようになりました。
私がセミナー講師を始めたことは、ようやくほとんどの方に
知れ渡りましたが、「へ~!」と感心強い方から、
いきなりセミナー講師を始めた私にとまどいを
感じておられる方?きっといろいろです。
驚かせてしまわれた方、どうもすみません!

長年ご利用いただいている60代の男性の方より
「セミナーをたくさんするようになったら、  
 整体する時間なくなってしまうんじゃないの?」
と心配してくださる方もおられました。
ありがたい限りです。でもそれは心配無用です。
整体はどうしても続けたい。楽しいですからね。
やりたいことを探して探して、ようやく見つけました!
ではなく、自然な流れで最初から決まっていたかの
ような感じで今の状況の私がいます。

レイキという氣の施術を数年前に始めたのもそう。
整体、レイキ、引き寄せの法則のセミナー講師を
始めたのもそうです。情熱を傾けて、やりたいことを
しているだけで、そのスタンスは、結局開業当初から
何も変わってないのですね。

おかげ様で3種のセミナーをひとまず全て経験しましたが、
参加くださった皆様方には感謝するばかりです。
改善点はその都度ありますが、
どれも自信持ってオススメできるものばかりです。
セミナー講師、始めてみてやっぱり楽しいです。
参加いただいた方から、こんな質問も受けました。
「セミナーは副業にするんですか?」
いえいえ、私には「副業」という概念がありません。
そんな器用ではないので、どれも正真正銘の
「本(気)業」です。今後も形はいろいろ変わるかも
しれませんが、ずっと続けてまいります。




1

« 2019年3月 | メインページ | 2019年5月 »

このページのトップへ