当院へのアクセス
簡易マップ

【住所】
〒272-0826
千葉県市川市真間1-10-13

【TEL】
047-322-0720 ※予約優先

【開院時間】
09:00~12:00 / 14:00~20:00

【定休日】
日曜日・水曜日

詳細はこちら

HOME > 院長ブログ > 2012年8月アーカイブ

院長ブログ 2012年8月アーカイブ

秋の菜園始めました(ねむのき編)

こちらは恒例、当院名物?のプランター菜園。
結局、同じブロッコリーにしました。

普通のと細長いタイプ
blg128.JPG

細長いタイプ?ただの葉っぱに見えますが、
形も味も「アスパラガスみたいなブロッコリー」ができるらしいです。
選択肢がこの時期少ないので選ぶのも早いですcatface

今はこんなものも置いてあるんですね。ちょっとびっくりsign01
blg127.JPG

幼い苗も、昼の日差しに負けじと頑張ってます。


遠方からお問合わせ頂いた方へ

先日、当院にお電話でご自身の症状について、お問い合わせ
いただきましたが、このブログを利用し補足でご説明いたしますね。
ご覧いただいてお役に立てればと思います。

私は院長の千田です。直接はお話できなかったのですが、
スタッフの柴田より内容はだいたい聞いております。なかなかお住まいの地域から
当院までは、新幹線利用してまでは大変でしょうし、でもせっかくご相談いただいたので、
これも何かの縁、少しでもお力になれればと思います。

まず、ご質問の内容ですが、

「腰痛で、6ヶ所整体やカイロに通ったが納得いく施術をしてもらえず、改善もしない。
原因は「腰方形筋」の可能性が高いけど、そこにアプローチしてくれない。
どんな施術院を選べば良いか?」


でよろしいですよね。施術院をお探しされる際のチェックポイントは下記の通りです。

・健康に対してポリシーを持って施術にあたっている
・筋肉のほぐしを細かく施してくれる
・骨格の歪み(バランス)も正してくれる
・筋肉、骨格それぞれ関連づけての原因の説明がある
・説明がわかりやすく丁寧である


「【骨格の歪みが原因】と1点張りの施術院ばかり」 
だそうですが、それはおっしゃる通り、あまり良い施術院ではないのかもしれませんね。
上の条件は、あくまでも私の経験上の判断からの個人的な意見ですが、
間違いないと思います。ですが、こういう条件に見合った施術院を探すのは
一般の方では難しいと思います。

ですので、お住まいの地域にある整体やカイロの店のWEBページの
アドレスを何ヶ所か、下記のフォームから当院まで貼り付けて
送っていただければ、私がお勧めできる施術院をご案内できれば
と思います。

当院にもWEBページがありますし、勝手に同業者の方の良し悪しを判断するのは
おこがましい点もあり、失礼を承知での判断となりますが、WEBを見れば、
良いか悪いかはすぐわかります。

以前、大分県在住の友人に同じことをし、喜んでもらえたことがありましたので
大丈夫だと思いますよ。

http://www.nemunoki-seitai.com/contact/site/

一応、お問合わせ頂いたご本人とわかるように
「お電話いただいた日」「お住まいの地域」だけ、お知らせいただければと
思います。腰痛、良くなるといいですねhappy01




秋の菜園始めました(家編)

秋の葉っぱたち をスタートさせるために必要な過程。

ホームセンターで、「土、苗、ノラが近寄らない粉」を買う。
Tシャツに短パン、首にタオルで、蚊避けシートを塗りたくる。

夏のトマトの残骸を片づける。
周辺雑草をクワを使いながら根っこから全て抜く。

blg125.JPG

買った土を混ぜ、土をならす。
苗を植え、水を撒く。
庭の周辺にノラ撃退粉をまく。
完了wink

今秋は、キャベツとブロッコリーbud

blg126.JPG

どちらも初挑戦で楽しみですeye


おじぎ草三段活用

おじぎ草って初めて見ました。(え?非常識?)

1、枝が立ち、葉っぱが開いている
blg122.JPG

2、葉っぱに触る
blg123.JPG

3、触ったところが閉じて、枝もおじぎして垂れてしまう
blg124.JPG

ん~、おもしろかわいいです。

なんだかいじめてるような気もしないでもないですが。
虫に食べられるような葉でもないけど、防衛反応??
不思議ですね。

種から大切に育てた3鉢の内、1ついただましたhappy01
Sさま、Sさまの奥様、貴重なものありがとうございます。
大事に育てます。

あ、もし触りたい方は、お越しになられたときおっしゃってください。




佐々木さん

018.JPG
と言っても犬のことですが。

土佐犬 横綱の佐々木さん です。

12戦11勝1敗の堂々たる戦績。佐々木さんデカイですsweat01

初めて闘犬(実戦!)を観てきたのですが、
横綱の撮影会upまでは、会場も笑顔で溢れ和やか。
ところが、若駒らしき2頭がリングに上がるやいなや、空気は一変!

いきなり相手に飛びかかり、お互い首や頭にかみつき絶対に離さない!
吠えたり、うなったり、睨み合ったりは一切なし(したら負けらしい)

「じゃれあってる喧嘩」という域はとうに超えてますwobbly

散歩中の犬の喧嘩は見たことありますが、ちょっとレベルが・・・・。
全くやらされている感がないのが救い。
 (写真撮りましたが、ネットにUPは禁止だそうなので)

あまりにも本気の戦いに場内は誰も言葉が出ません。
観ている方もかなりかなり興奮気味に・・・。
と思ったら5分ほどで終了。ホッcoldsweats01 引き分けでした。


そんな興奮状態で闘犬場を去ると・・・、
入る前に飼育員に "かまって攻撃" してた子犬たちが
014.JPG


こんなconfident
土佐犬と言えど、子犬は同じだなと。(ただしでかい)
027.JPG

こんなあどけない子らも何年後かは・・・とちょっと心配になるのでした。





四万十川の夏(2)

こちらは、東京のように建物がないので、空が広くみえます。
地方に共通していえることでしょうが、見慣れていない私にはとても感動的。

雲と空 の自由さに心を奪われたもの、集めてみました。

046.JPG

049.JPG

048.JPG

161.JPG

162.JPG

お休みありがとうございました。
happy01また、仕事頑張ります!


四万十川の夏(1) 

一度は行ってみたいところ。どなたでもきっとあると思います。

私が昔から一番憧れていた場所は、高知県の四万十川。
羽田までtrain60分。高知龍馬空港までairplane90分。四万十川まで車で直行でrvcar180分。
とにかく遠いcoldsweats01 のですが、今回思い切って。

景色画像、ほんの少しでも癒していただけたらと思います。

035.JPG
桂浜

068.JPG


085.JPG


100.JPG


130.JPG
高さは5メートルくらい。

179.JPG
一応車は通れますがかなり怖いです。(橋が増水時に壊れないため柵はなし)

067.JPG
たそがれてみました。




エコヒイキすぎたゆえに

動物好きな私。
中でも断トツ、犬好きで、中でも断トツ 柴犬 好きsweat01

上品さが全くなく、泥んこまみれがよく似合う
バリバリ日本犬なところがチャームポイント。

猫もかわいいですが、先日の「楽しい収穫そして、まさかの・・・(参照)」事件で
猫のランキングは大幅ダウン。我が家では猫退治対策が静かに実行され始めています。

そんな偏った犬好きですが、これdownwardleftは甥っ子のような、まめ吉。
家に入りたいアピールするも無視され、しょぼくれています。

blg199.JPG

そして我が家では、最近こんなルールが・・・。
このCMdown が流れると 『一切音を立てず見届けないといけない』

http://www.sekisuihouse.co.jp/cm/movies/flash/125/index.html

もう食事中でも釘づけですlovely

*くだらないブログ失礼いたしました。Oさん、Youtube 見られましたか?




オリンピックな日々

そうか、もうオリンピック終わっちゃうのかweep

うれし涙悔し涙に、いちいちもらい泣き、忙しい日々 でしたが

なんだかさみしいですね。

「今日はなんだっけ」 ともう少し振り回されても良かった気もするし

このくらいでちょうどいいのかもしれないし。

今朝は私の中のクライマックスとし、目覚ましかけて

なでしこ決勝
soccerと吉田さんの金punch しっかり観ました。

・・・一方

より現実社会に戻れば、世間は夏休み期間に突入する頃。

球児たちの戦いもいつの間にか始まっています。

オリンピックの後だと、意外に新鮮かも?

当院もまもなく夏休み期間(8/15~19)に入りますが、

いつもながら勝手にいただいてしまうので、文句を言われないようcoldsweats01

日々変わらず奮闘し張り切っております。

オリンピックが終わると、夏も後半戦 ですね。

皆さんの夏のご予定は?




毎年恒例の景色2

私のブログのかすれた画像を見かねた優しい方から

江戸川花火大会の キレイな画像を プレゼントしていただきました。

IMG_2069.JPG

IMG_2057.JPG


IMG_2151.JPG

IMG_2163.JPG

IMG_2065.JPG

さすがnote
ありがとうございましたconfident



12

« 2012年7月 | メインページ | 2012年9月 »

このページのトップへ